WNBA、試合数・チーム数の増加を計画中

Getty Images

WNBAのコミッショナーであるキャシー・エンゲルバート氏は、同リーグの試合数を2023年シーズンから40試合に拡大することを発表した。

エンゲルバート氏は「視聴率からも明らかなように、WNBAには大きな関心が集まっています。それに対して我々は成長を続けることで答えなくてはいけません」とコメントした。

実際、WNBAのテレビ視聴率はここ数年成長している。

2021年のレギュラーシーズンでは、ESPNの視聴率が2019年比で24%増を記録。同年のWNBAファイナルはESPNとABCが4試合を中継し、平均54万8000人の視聴を記録した。

さらに、WNBAの労使協定では、1シーズンで最大44試合まで開催することが合意されており、エンゲルバート氏は今後も試合数を40~44試合開催する予定だと説明した。

また、エンゲルバート氏は、WNBAのチーム数拡大に関しても言及。

同氏は「遅くとも2025年までに、可能であれば2024年までに、2チーム増やしたい」と語り、候補都市としてフィラデルフィアが検討されていることも明らかにした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-commissioner-cathy-engelbert-2023-regular-season-40-games/

Fox SportsとTwitter、W杯中継で連携

Fox Sports

Fox SportsとTwitterは、2022年(男子、カタール開催)と2023年(女子、オーストラリア・ニュージーランド共催)のFIFAワールドカップの試合中継で連携する計画を明らかにした。

試合自体はFox Sportsが持つテレビチャンネルやストリーミングサービスで中継し、試合の前後にはTwitter上でハイライト動画やインタビュー、視聴者とのQ&Aなどを配信するという。

Twitter上での無料配信によってより多くの人々の注目を集め、その人たちをFox Sportsの試合中継に誘導する。同時に、試合前後の配信を通して、新たなスポンサーシップや広告の機会を創造する。これらがFox Sportsの主な狙いである。

Twitterとしても、より多くのユーザーがより長い時間Twitterを利用するというのは大きな利益である。

実際、Twitterは近年、NFLやMLBといったスポーツリーグとストリーミング契約を結んだり、ESPNなどの放送局と提携したりして、スポーツ中継への関与を強めている。

今月4日には、WNBAとのストリーミング契約も更新。シーズンを通じて、ファンがWNBAのチーム・選手と親密になれるような双方向性の高いサービスを提供していく計画である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fox-sports-twitter-world-cup/
https://www.wnba.com/news/wnba-and-twitter-expand-partnership-to-include-twitter-spaces-and-streaming-of-regular-season-games-through-new-multiyear-deal/

マーキュリー、「女子スポーツチーム史上最大級」のスポンサー契約

Photo Source: igamingbrazil.com

WNBAのフェニックス・マーキュリーは、Bally’s Corporationと15年間のスポンサー契約を締結した。

一部報道によれば契約金は推定6600万ドル(約73億円)で、これが事実であれば、女子スポーツチームが結んだスポンサー契約のなかでも史上最大級の契約金である。

Bally’s Corporationはスポーツ賭博を運営する企業で、全米10州で14のカジノを所有・運営している。

同社はNBA、MLB、NHLなどとも業務提携を結んでいるが、女子プロスポーツチームと契約を結ぶのは今回が初めてとなる。

今回の契約に基づき、Bally’s Corporationは、アリゾナ州内でオンライン・モバイルのスポーツ賭博サービスを運営するとともに、マーキュリーの本拠地近くに店を構え、マーキュリーの試合に関連したビジネスを推進する予定だ。

マーキュリーのジェイソン・ロウリー社長は「このような画期的なパートナーシップは、女性スポーツを取り巻く勢いを加速させ、マーキュリーにとってより大きなプラットフォームを構築し、そして女性スポーツにおいて前例のない規模でファンを惹きつけると強く信じています」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/phoenix-mercury-ballys-sports-betting-sponsorship-wnba

Amazon、WNBAと「独占グローバルストリーミング契約」締結

Photo by Julio Aguilar/Getty Images

AmazonはWNBAと複数年の放映権契約を結んだことを発表した。

今シーズンより、同リーグの公式戦16試合およびコミッショナー・カップ(2021年シーズンから始まるシーズン中のトーナメント)の決勝をPrime Video上で中継する。

AmazonはこれまでGリーグ(NBAの下部リーグ)の試合をTwitch上で中継したことはあったが、プロバスケットボールリーグの試合がPrime Videoで中継されるのはWNBAが初となる。

また今回の契約は「独占グローバルストリーミング契約」(つまり、対象となるWNBA試合をアメリカ国外の視聴者が見るには、Prime Videoを利用するしかない)で、Amazonが女子プロスポーツリーグとこのような契約を結ぶのは初めてである。

WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバート氏は「Prime Videoでネット中継される初のプロバスケットボールリーグとなったことを光栄に思います」とコメント。

一方Amazonのマリー・ドノヒュー氏は、WNBAについて「世界最高峰のスポーツリーグで、あらゆる場所で何百万という子どもやアスリートに夢を与えている」と語った。

なお今回の契約は「グローバル契約」を銘打ってはいるが、対象外の地域も多い(中国、日本、イギリス、イタリア、スペイン、フィンランド、ドイツ)。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-amazon-prime-video-streaming-rights

NBA、PepsiCoとのスポンサー契約を延長

CHICAGO, ILLINOIS – FEBRUARY 15: Buddy Hield #24 of the Sacramento Kings attempts a shot in the 2020 NBA All-Star – MTN DEW 3-Point Contest during State Farm All-Star Saturday Night at the United Center on February 15, 2020 in Chicago, Illinois. NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and or using this photograph, User is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement. (Photo by Stacy Revere/Getty Images)

今週、NBAとPepsiCoはスポンサー契約を延長したことを発表した。

NBAは28年間に渡るコカ・コーラとの関係を2015年に解消し、以来PepsiCoとスポンサー契約を結んでいる。

PepsiCoは、NBA、WNBA、Gリーグの「公式ソフトドリンク&ポテトチップス」として様々なマーケティングを行う。

たとえば、今週末に開催されるNBAオールスターでは、PepsiCoのブランドであるマウンテンデューが3ポイント・コンテストの冠スポンサーとなり、同ブランドのデザインが施された台と緑色のボールが使用される。

さらに、10万ドルの奨学金を立ち上げ、HBCUs(黒人社会に貢献する目的で1964年以前に設立された大学)の学生2名に提供するという。

参考文献:
https://www.forbes.com/sites/shlomosprung/2021/03/01/nba-pepsico-renew-marketing-partnership-as-brand-reveals-anthony-davis-commercial-jayson-tatum-chip-flavor/?sh=6a88a2217da0

アトランタ・ドリームのオーナー辞任へ

Credit: AJC file photo

アトランタ・ドリーム(WNBA)の共同オーナーであるケリー・レフラー氏が、オーナー職から退く手続きを進めていることが明らかになった。

ジョージア州の上院議員(共和党)であったレフラー氏は、2011年からドリームの共同オーナーを務めていたが、2020年にリーグコミッショナー宛に送った「Black Lives Matter(BLM)運動」に関する手紙が原因で大きな批判を浴びた。

WNBAはリーグを挙げてBLM運動を支持していたが、レフラー氏は手紙の中でその方針に反対し、BLM運動を「マルクス主義に基づいて社会を分断する組織」と呼んだ。

これを受けた選手たちは、レフラー氏に対してドリームのオーナーを辞任することを要求。

さらには、今月5日に行われたジョージア州の上院選で、レフラー氏の対立候補であるラファエル・ワーノック氏(民主党)を支持する姿勢を表明した(結果、レフラー氏は落選)。

レフラー氏が持っていたドリームの所有権を誰が買い取るのかは未定だが、ESPNによれば現時点で5人前後の候補者が興味を示しているという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-atlanta-dream-takeover-kelly-loeffler-mary-brock
https://www.espn.com/wnba/story/_/id/30744823/atlanta-dream-sale-close-being-finalized-wnba-says

WNBA、Twitterとのネット放映権契約延長

今週、WNBAはTwitterとのネット放映権契約を延長したことを発表した。

この契約に基づき、2020年のレギュラーシーズンは10試合をTwitter上(リーグの公式アカウント)で中継する。過去にはMLBなども同様の契約を結んでいる。

WNBAがTwitterで試合中継をするのは4年連続となる。

WNBAの2020年シーズンは7月25日に始まり、9月12日に終了予定。試合はすべてフロリダ州で開催されている。

また、試合中継に加え、TwitterはWNBAのハイライトやPRコンテンツも制作・投稿する予定である。

この契約に際して、WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバート氏は、Twitterについて「WNBAのメディア戦略に欠かせないピース」と語り、Twitterのスポーツ・パートナーシップ部門長のTJアデショラ氏はWNBAを「長年にわたる最重要パートナー」と表現した。

なお、WNBAの試合中継はESPNやABCといったテレビでも行われている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-twitter-2020-live-streaming-rights-deal-basketball-florida

Dr. Turickインタビュー⑥アスリートの影響力

Q. プロ選手に関してはいかがでしょう。

A. プロ選手も積極的に政治的なメッセージを発信していますよね。

たとえば、WNBAのマヤ・ムーア選手は世界最高のバスケットボール選手の一人ですが、今はバスケットボールではなく、社会問題に取り組むべきだとしてリーグ戦不参加を表明しています。

Q. プロ選手にとってスポーツは仕事であり、所属チームに対する責任もありますよね。その責任よりも、社会問題を解決する責任感を優先するわけですか。

A. その通りです。どんなトップ選手であっても、マイノリティであれば、マイノリティとしての扱いを受けた経験があります。同じ境遇の家族や友人がどのような思いをしているかを理解しています。彼ら・彼女らが感じる責任感はそうした実体験に根差しているのです。

そして有名人としてのステータスを確立したトップ選手は、多くのメディアや人々から注目を集めることができます。同じことを言っていても、一般人であれば無視されることも、彼ら・彼女らが言えば人々は耳を傾けるわけです。それなら自分には声を上げる責任があるだろう。そう感じるわけです。

象徴的な例があります(これはまたカレッジスポーツになってしまいますが)。

数年前、ミズーリ大学では学生が学長の辞職を求めて抗議活動を行いました。大学構内で人種差別的な事件が多発したにも拘わらず、何の対処もしなかったからです。しかし、数か月に及ぶ抗議活動を受けても、学長は辞職を否定し続けました。

そこで、同大学のフットボールチームが動きました。練習・試合の不参加を表明したのです。するとどうでしょう。2日もしないうちに学長は辞職を発表したのです。

何か月にも渡る学生の抗議運動を意にも介さなかった学長が、フットボールチームが動いた途端すぐに辞職した。これがアスリートの影響力です。

サブリナ・イオネスク、バスケ界の超新星②

サブリナ・イオネスクは生前のコービー・ブライアント氏とも親交があった。

娘のジアナがバスケットボールに没頭し自らも熱心に指導にあたったコービーにとって、女子バスケットボールの普及・振興は大きな夢だった。

そんなコービーと女子バスケットボールの超新星イオネスクが出会ったのは2019年。ジアナとコービーがオレゴン大の試合に訪れた際であった。

それ以降、イオネスクが記録的な活躍を見せる度に、コービーは労いと称賛のメールを送り続けた。

イオネスクが注目を集めるにつれて大きなプレッシャーを感じるようになった際には、「ただあなたらしくいればいい。これまでもそれで十分だったし、これからもそれで十分だよ」とアドバイスをもらったという。

残念ながらイオネスクのプロでの活躍を見る前にジアナとコービーはこの世を去った。

先週17日、ニューヨーク・リバティからドラフト一位指名を受けたイオネスクは自身のツイッターに「きっと空から笑って見ててくれてるよね。やったよ。一位指名。これからもっと頑張らないと。会いたいよ」と投稿した。

コービーとジアナが叶えることのできなかった夢。それを知るバスケットボールファンは、イオネスクの活躍に大きな期待を寄せている。

参考文献:
https://www.sportingnews.com/us/nba/news/sabrina-ionescu-kobe-bryant-friendship-timeline/1drj26q6mgrku1jh9emw75gwri
https://bleacherreport.com/articles/2887287-sabrina-ionescu-reflects-on-kobe-bryant-friendship-in-instagram-post
https://www.latimes.com/sports/story/2020-02-24/kobe-bryant-memorial-sabrina-ionescu

サブリナ・イオネスク、バスケ界の超新星①

先週17日、WNBAのドラフトが開催された。

コロナウイルスの影響で、異例の「バーチャルドラフト」となったが(コミッショナーがカメラの前で一人、選手名を読み上げる形式)、このドラフトは別の理由で語り継がれるドラフトになるかもしれない。

ついにサブリナ・イオネスクがプロの世界に足を踏み入れた。

カリフォルニア州出身のイオネスクは、180cmのポイントガード。2016年、オレゴン大に進学すると、数々の偉業を成し遂げた。

なかでも、特筆すべきは「通算2000得点、1000アシスト、1000リバウンド」。NCAAディビジョン1でこれを達成したのは男子・女子を含め彼女だけである。

その活躍を見たレブロン・ジェームズは「彼女やばい!そのまま突き進めクイーン・サブリナ!」とソーシャルメディアに投稿。

また、親交のあるステフィン・カリーは、イオネスクについて、あらゆる才能と強い精神を兼ね備えた選手と称賛している。

オレゴン大のケリー・グレイブスコーチは「女子カレッジバスケットボールの歴史で彼女のような注目を集める選手は初めてです」と語る。

「男子のトッププレーヤー、それもバスケットボール界の顔とも言える選手たちからもサポートを受けている。こんなことないですよ。彼女はバスケットボール界に大きな、そして長期的なインパクトを与えると思います」

参考文献:
https://www.nbcsports.com/bayarea/warriors/wnba-draft-2020-sabrina-ionescu-selected-no-1-overall-liberty
https://www.nbcsports.com/northwest/oregon-ducks/lebron-james-shouts-out-oregons-sabrina-ionescu-after-yet-another-triple-double