Salesforce、ロサンゼルス五輪のFounding Partnerに

クラウドベースのソフトウェア会社Salesforceが、ロサンゼルスオリンピック・パラリンピックおよびアメリカ代表と7年間のパートナーシップ契約を締結したと発表した。

今回の契約で、Salesforceは同大会の「Founding Partner」となった。

以前の投稿で解説した通り、「Founding Partner」は2028年に開催されるロサンゼルスオリンピック・パラリンピック用に新設されたスポンサーシップで、通常のスポンサー特典に加え、NBC Sportsの大会中継中のCMスポットも優先的に確保できる。

今のところ、デルタ航空、Comcast、Deloitteといった企業がFounding Partner契約を結んでいる。

今回の契約では、大会に向けてファンやアスリートのデジタル体験を向上させるために、Salesforceの「Customer 360」という技術が用いられることも合意された。

USOPPのキャシー・カーター氏は「Salesforceとの提携により、オリンピック・パラリンピックのファンを魅了するために最先端のテクノロジーがもたらされます」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la28-olympics-salesforce-team-usa-nbc-sponsorship

Comcast、ロサンゼルス五輪のFounding Partnerに

今週、大手メディアのComcastがロサンゼルス五輪(2028年開催予定)のFounding Partnerとなることが発表された。

Founding Partnerは同大会スポンサーの最高位で、スポンサー料は高額だが、その分得られる特典も充実している。

たとえば、一般的な大会スポンサーとしての特典だけでなく、大会中継中のCMスポットも優先的に確保できる。

ちなみに、Founding Partner第一号はデルタ航空で、2020年3月に推定総額4億ドル(約436億円)の契約を結んでいる。

Comcastは、子会社のNBCがすでに同大会の放映権を保有しているが、今回の契約ではインターネットや映像関係のサービスをアメリカ代表に提供することなどが合意された。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la-2028-olympics-comcast-team-usa-sponsorship-nbc

Rule 40とは何か?③

今年2月、ドイツの連邦カルテル庁は「Rule 40はアスリートの権利を不当に制限している」という決定を下した。

これを受けて、IOCは、Rule 40の運用を各国のオリンピック委員会に委ねると発表した。「世界中のアスリートを一律に管理するのは難しいので、各国で臨機応変にやってください」ということだ。

そして、今週8日、アメリカのオリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は、Rule 40に関する独自の新基準を発表した。

これによれば、アメリカ代表選手は、オリンピック期間中でも、個人スポンサーに対する御礼コメントをSNSに投稿することが許され、また、スポンサー側もアスリートを祝福するコメントを投稿することができるようになるという。

ロンドンオリンピックで抗議行動を起こしたアスリートたちの願いが叶った瞬間である。

しかし、そのようなSNSの使い方をする場合、アスリートは予めUSOPCに申告し、スポンサー企業はUSOPCが作成した誓約書に署名することが義務付けられる。

誓約書の詳細は明らかになっていないが、オフィシャルスポンサーの権利を侵害しないよう、禁止事項が細かに定められるという。

すべてを契約ベースにすることでグレーゾーンをなくす、というのはアメリカらしいと言えるかもしれない。

新ルールが適用されるのは、2020年東京オリンピック開幕の10日前から。ルール違反が見つかった場合、その選手のオリンピック出場権が剥奪される可能性もあるという。

今回の決定について、USOPCのCEOであるSarah Hirshland氏は「Rule 40を尊重し、オフィシャルスポンサーの価値も守りつつ、アスリートたちにより多くのマーケティング機会を提供する。そのようなルールをつくることを心掛けました」と語る。

今後、JOCを初め、他国のオリンピック委員会が同様の決定を下すか、注目である。

参考文献:
https://www.insidethegames.biz/articles/1076055/german-decision-scales-back-powers-of-iocs-rule-40
https://www.wsj.com/articles/u-s-olympic-leaders-relax-marketing-rules-for-athletes-11570550581