テキサス大とオクラホマ大、SECに加入か②

現在テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12からSECに移動しようとしているが、Big 12の人気校が他カンファレンスに移るのはこれが初めてではない。

基本的には、大学とカンファレンスが合意すれば所属カンファレンスを変更することは可能だ。

たとえば、2011年、ネブラスカ大学がBig Tenに、コロラド大学がPac-12にそれぞれ移動。2012年には、テキサスA&M大学とミズーリ大学がSECに移動している。

所属カンファレンスを変更するとどういった影響があるのか。

まず、公式戦のスケジュールが変わる。

たとえば、テキサス工科大学とテキサスA&M大学のアメフトチームは、1940年代からほぼ毎年公式戦を戦いライバル関係を築いてきたが、2012年にテキサスA&M大学がBig 12を抜けてからは一試合もしていない。

対戦相手が変われば、チームのイメージも変わる。

2012年にテキサスA&M大学がSECに加入した際、当時の体育局長は「SECで唯一のテキサスの大学となることに意味がある。独り立ちして、我々だけのアイデンティティを持つことがBig 12を抜けた理由だ」と語っている。

収入面にも影響がある。

各カンファレンスは独自に放映権やスポンサーシップを販売しており、そこで得た収入を所属校に分配している。人気カンファレンスへの移動は、放映権・スポンサー収入の拡大を期待できるのである。

参考文献:
https://www.wsj.com/articles/texas-and-oklahoma-college-football-realignment-11627284977
https://en.wikipedia.org/wiki/Texas_A%26M%E2%80%93Texas_Tech_football_rivalry

テキサス大とオクラホマ大、SEC加入を交渉中①

先週末、カレッジスポーツ界にとって衝撃的なニュースが飛び込んできた。

「テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12を抜けてSECに加入するために動いている」というニュースである。

アメリカのカレッジスポーツに詳しくない方にとってはわかりにくい点も多いニュースかもしれないので、数回に渡って解説していこうと思う。

まず、アメリカの各大学スポーツチームはNCAA、NAIA、NJCAAといった統括団体に所属している。なかでもNCAAはパフォーマンスのレベルもビジネス規模もトップである。

そのNCAAに所属する大学は、さらに競技レベルやスポーツに割り当てられる予算規模に応じて「ディビジョン1」、「ディビジョン2」、「ディビジョン3」の3段階に分かれる。

そして各ディビジョンに複数の「カンファレンス」がある。

たとえば、我がテキサス工科大学は、NCAAディビジョン1のBig 12カンファレンスに所属している。

このBig 12を含む5つの人気カンファレンス(ACC、Big Ten、Big 12、Pac-12、SEC)をまとめて「Power Fiveカンファレンス」と呼ぶ。

今回大きな話題を呼んでいるのは、Big 12の名門校であるテキサス大とオクラホマ大がSECに移ろうとしているというニュースである。

誤解を恐れず例えれば、ソフトバンク・ホークスと西武ライオンズがセ・リーグに入ろうと交渉しているようなイメージである。

そもそもそのような移動は可能なのか、どのような動機があるのか、そして今後Big 12はどうなっていくのか。

そういった問題は次回以降説明していきます。

参考文献:
https://www.espn.com/college-football/story/_/id/31868545/source-oklahoma-sooners-texas-longhorns-verge-making-sec-move

SEC、ESPNと放映権契約

Jason Getz/USA TODAY Sports

カレッジスポーツで最も人気の高いカンファレンスの一つであるSoutheastern Conference (SEC)がESPNと放映権契約を結んだことが明らかになった。

ニューヨークタイムズの報道によれば、契約内容は10年総額30億ドル(約3120億円)。

単純計算で毎年3億ドル(約312億円)をSECは受け取ることになる。

これは現在放映権を保有しているCBSが払っている放映権料(毎年5500万ドル)の5倍以上である。

この契約によって、SECの放映権はすべてESPNの親会社であるディズニーが所有することになる。

そしてディズニーはSECの人気コンテンツを、ESPNだけでなく傘下に収める他のメディア(ABC、ESPN+)も使って放送していくという。

SECは1996年以来、長きに渡ってCBSと放映権契約を結んできたが、2023年の契約終了をもってこの関係に終止符を打つことになる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/sec-espn-abc-football-tv-rights-cbs

SECコミッショナー、ミシシッピ州に州旗変更を要求

今日19日、サウスイースタン・カンファレンス(SEC)コミッショナーのグレッグ・サンキー氏は、ミシシッピ州に対し、州旗のデザイン変更を要求した。

サンキー氏は「ミシシッピ州の州旗を変えるべき時が来ています。私たちの学生には、あらゆる人々が受け入れられる環境のなかで学び、競い合う機会が与えられるべきです」とコメント。

さらに、州旗が変更されるまで、SEC主催の選手権大会をミシシッピ州が誘致することを禁止すると発表した。

SECは、フロリダ大学やアラバマ大学、ジョージア大学などが所属するカレッジスポーツ屈指の人気カンファレンスであり、誘致禁止の意味は大きい。

これが今回問題となっているミシシッピ州の州旗だ。

青いクロスに13の星があしらわれた部分(左上)は「コンフェデレート・フラッグ(Confederate Flag)」と呼ばれる連合国旗が元になっている。連合国が奴隷制の存続を目指したことから、今日、この旗は人種差別の象徴となっている。

かつては複数の州が同様のデザインを州旗に取り入れていたが、人種差別を連想させるとしてそれらは排除されてきた。現在、連合国旗を取り入れたデザインを維持しているのはミシシッピ州の州旗だけである。

同州では、2001年に州旗変更の是非を問う州民投票が行われたが否決された過去がある。

しかし、反人種差別に対する機運が高まるなか、今週、ミシシッピ州の議員たちが再び州旗変更を提案。今回のサンキー氏の発言は、それを後押しする意図があると考えられる。

参考文献:
https://www.espn.com/college-sports/story/_/id/29331267/sec-commissioner-threatens-no-sec-championships-mississippi-state-flag-changes