イギリス、ギャンブル広告のアスリート起用を禁止へ

Getty Images

イギリス広告慣行委員会は、ギャンブル関連企業が広告(テレビ・ネットCM、印刷出版物、看板広告など)にアスリートを起用することを禁止する方針を発表した。

同時に、スポーツチームの公式ユニフォームやスタジアムを活用した広告活動も禁止された。

イギリススポーツ界において、ギャンブル関連企業は重要なスポンサーであった。

たとえば、2021年9月時点で、プレミアリーグ20クラブのうち9クラブのユニフォームスポンサーがギャンブル企業で、下位リーグの6クラブと合わせると、その合計契約金は年間1億ポンド(約150億円)を超えていた。

今回の決定は、これらのスポンサー収入源が今後なくなる(もしくは減少する)可能性を示している。

さらに、現在イギリス政府は「Gambling Act 2005」というギャンブルに関する法律の見直しを行っており、ギャンブル関連企業によるスポーツへの投資がさらに厳しく制限される可能性がある。

興味深いのは、イギリスのサッカークラブのなかにはこの流れを歓迎する動きがあることだ。

2022年3月、イングリッシュ・フットボールリーグ(プレミアリーグの下部リーグ)に所属する複数クラブが、「ギャンブル関連企業のユニフォームスポンサーシップを禁止するべき」という内容の書簡をイギリス政府に送っている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/uk-sports-betting-gambling-advertising-ban-cap-asa/
https://www.sportspromedia.com/news/premier-league-betting-gambling-shirt-sponsorship-ban/
https://www.sportspromedia.com/news/betting-gambling-shirt-sponsorship-ban-efl-luton-bolton-forest-green-tranmere/

BT Sport、プレミアリーグ中継に新機能を追加

BT Sport

イギリスのスポーツ有料チャンネルBT Sportは、先週末のプレミアリーグ開幕に合わせて、新しい視聴体験を提供し始めた。

今回追加された「ハイプモード(Hype Mode)」という新機能を使うと、シュートが火を噴いたり、ダッシュする選手から煙が出たり、シュートの速度を示す巨大な数字が現れたり、試合中継の画面に様々な映像効果が施される。

BT Sportは、昨シーズンにも「監督モード(Manager Mode)」という新機能を追加し、視聴経験の多様化を図っている。

ちなみに、監督モードを使うと両チームのフォーメーションや、相手陣地での滞在時間などのデータが画面上に表示される。

BT Sportの担当者は「ハイプモードは、競技を台無しにすることなく、子どもや家族に新しいサッカーの視聴体験を提供する国内初の革新的な取り組みです」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/bt-sport-app-hype-mode-feature-premier-league-broadcast

プレミアリーグ、中国放送局との契約破棄

プレミアリーグは、中国放送局のPPTVと結んでいた総額5億2300万ポンド(約733億円)の放映権契約を破棄した。

報道によれば、イギリスと中国の政治的緊張の高まりが影響しているという。

イギリスでは、今年7月に政府がファーウェイ社の5G製品を排除することを発表。またジョンソン首相は、香港市民300万人がイギリス市民権を獲得できるよう道を示した。

こうしたことが二国間の緊張を高めており、それがスポーツ界を含む各所に影響を及ぼしている。

プレミアリーグでは他にもサウサンプトンFCが主要スポンサーであった中国企業のLDスポーツとの契約を途中で解約している。

コロナウイルスの影響で収益が減少し、かつ新シーズンが9月12日に始まるこの時期に、巨大な放映権契約を破棄することはプレミアリーグにとって大きなリスクだが、新シーズン開幕までに新たな放映権契約を結べるよう最善を尽くすという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/premier-league-china-tv-rights-pptv-suning

NFL、「座席スポンサーシップ」を解禁

先週25日、NFLは、今シーズン観客を入れるとしても、フィールドに近い前列6~8列には観客を入れることを禁止する方針を発表した。

選手と観客の間にスペースを空けることによって、コロナウイルス感染のリスクを下げることが狙いだという。

これと同時に、空席となった座席をスポンサーシップに活用することも許可された。

これまでNFLには「40フィートルール」と呼ばれるルールがあり、各チームはフィールドから40フィート(約12メートル)上までは広告を出すことが禁止されていた。

しかし、コロナウイルスの影響で収益減が予想されるなか、各チームに新たな収入源を与えるため、このルールが一時的に緩和された。

空席を用いたスポンサーシップは、すでにヨーロッパサッカーなどで行われている。

Nielsen社の調査によれば、プレミアリーグでは一試合当たり200万ポンド(約2億6000万円)ものスポンサー収入が生まれているという。

NFLはテレビ視聴率が非常に高く、メディア露出の価値も高い。今後、各チームがどのような形でこの機会を生かすのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-branded-stadium-seat-coverings-sponsorship-income

コロナウイルスの影響:リバプールのユニフォーム契約

今週、リバプールはユニフォームプロバイダーであるNew Balanceとの契約を今シーズン終了まで延長することを発表した。

当初リバプールは、New Balanceとの契約が満了する5月31日をもって同社との関係を解消し、6月1日からはナイキ製のユニフォームを使用する予定であった。

ところが、コロナウイルスの影響でプレミアリーグの試合予定が大きく変わり、シーズン終了が7月31日にずれ込んだ。

そこで、リバプールは7月31日まではNew Balance製のユニフォームを使い続けることに決めた。New Balanceとナイキもこの決定に合意している。

この決定は特にNew Balanceにとって重要な意味を持つ。

現在リバプールはリーグ首位を独走している。このままリバプールが優勝した場合、トロフィーを掲げる選手たちの姿は大きく報じられるだろう。

その際に選手の胸にプリントされているのが、自社のロゴか、それとも競合他社のロゴか。これは大きな問題であったはずだ。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/liverpool-new-balance-kit-nike-contract-delay