UCLA・USC脱退の余波

Aug 31, 2018; Madison, WI, USA; Big Ten logo on yardage markers during warmups prior to the game betwee the Western Kentucky Hilltoppers and Wisconsin Badgers at Camp Randall Stadium. Mandatory Credit: Jeff Hanisch-USA TODAY Sports

前回の投稿で説明した通り、UCLAとUSCが2024年にPac-12から脱退し、Big Tenに加入することが明らかになった。

これが関係各所に影響を与えている。

一部報道によれば、名門2校の脱退を受けて、Pac-12に所属する他の大学も他カンファレンスへの移籍を検討しているという。さらに、近い将来、Pac-12自体が解散する可能性まで指摘されている。

一方のBig Tenは所属校が16校に増え、地理的な範囲も大きく広がった。これは同カンファレンスのビジネスに好影響を及ぼす。

たとえば、現在Big Tenは、2023年以降の放映権契約を交渉している。

最終的には3社との契約になる見通しで、FoxとCBSはほぼ確定、残り一枠をESPN、Amazon、NBCが争っているという。

これらすべての契約金を合わせた放映権収入は年間10億ドルに達すると見られている(現行の契約はFoxとESPNとの契約で、年間4.4億ドル)。

さらに、UCLA・USCの加入を受けて、AppleがBig Tenのストリーミング放映権に興味を示していると報じられている。

現在、収益面では、Big TenとSECが二大カンファレンスであり、Pac-12、ACC、Big 12がそれを追う形になっているが、その差はさらに拡大していく可能性が高い。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/big-ten-conference-usc-ucla-apple-broadcast-rights-pac-12-college-sports/

ノートルダム大学が開幕戦をPeacockで独占放送:加速するストリーミングの流れ

Getty Images

カレッジフットボールの人気校ノートルダム大学が、9月11日に行われるホーム開幕戦をNBC UniversalのストリーミングサービスであるPeacockで独占放送することを発表した。

ノートルダム大の試合がテレビではなくストリーミングで独占放送されるのはこれが初めてである。

コードカッティングが進むアメリカの放送局にとって、ストリーミングサービスのコンテンツ拡充と会員獲得は喫緊の課題である。

NBCもその例外ではなく、同社は近年傘下のテレビ局をいくつも閉鎖し、Peacockに注力している

NBCは、8日に閉幕した東京オリンピックでも、一部の競技をPeacockで独占的に放送した。

ストリーミングに注力しているのは放送局だけではない。大学側も独自のプラットフォームを開設し始めている。

ノートルダム大も、今年3月に独自のストリーミングサービス「Fighting Irish TV」を開始し、独自の動画コンテンツを提供している。

今年の開幕戦はPeacockで独占的に放送されるが、これがきっかけとなり、ファンの間にストリーミングがより浸透すれば、Fighting Irish TVの登録者数の増加に繋がるかもしれない。

今回の決定にはそういった思惑もある。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/notre-dame-football-toledo-streaming-nbc-peacock

Comcast、ロサンゼルス五輪のFounding Partnerに

今週、大手メディアのComcastがロサンゼルス五輪(2028年開催予定)のFounding Partnerとなることが発表された。

Founding Partnerは同大会スポンサーの最高位で、スポンサー料は高額だが、その分得られる特典も充実している。

たとえば、一般的な大会スポンサーとしての特典だけでなく、大会中継中のCMスポットも優先的に確保できる。

ちなみに、Founding Partner第一号はデルタ航空で、2020年3月に推定総額4億ドル(約436億円)の契約を結んでいる。

Comcastは、子会社のNBCがすでに同大会の放映権を保有しているが、今回の契約ではインターネットや映像関係のサービスをアメリカ代表に提供することなどが合意された。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la-2028-olympics-comcast-team-usa-sponsorship-nbc

NBC Sports Network、2021年末で営業終了②

前回はNBC Sports Network(NBCSN)閉鎖の背景にあるメディア界の大きな流れについて解説した。

今日は、その流れをよりよく理解する一例としてNBCSN閉鎖の詳細を見ていきたい。

NBCSNは現在NHL、NASCAR、プレミアリーグ、IndyCarといったスポーツリーグ・イベントの放映権を保持しているが、今後その一部は姉妹チャンネルのUSA Networkに移される。

USA Networkは8600万世帯で視聴されている人気チャンネルで、ニュース、ドラマ、映画、スポーツなど様々な番組を手広く放送している。

親会社のNBCUniversalとしては、NBCSNのコンテンツをUSA Networkに統合することで視聴者数をさらに増やすことを期待している。

さらに、NBCUniversalは2020年7月にPeacockというストリーミングサービスを開始しており、NBCSNのコンテンツの一部はこちらにも移される。

LHB Sportsのリー・バーク氏は「ここ20~30年、スポーツ専門チャンネルの人気拡大に伴い、スポーツコンテンツはスポーツ専門チャンネルに集中していきました。それが今ストリーミングに移行しつつあるということです」と説明する。

ストリーミングの魅力は「好きな時に、好きなものを、好きなだけ」見られることにある。契約者を増やすためには、見られるコンテンツを充実させる必要がある。

NBCSNが現在保有しているスポーツコンテンツは、その目的を果たすためにうってつけである。

参考文献:
https://www.nbcsports.com/chicago/nbc-sports-network-will-shut-down-nbc-sports-chicago-not-impacted
https://www.cnn.com/2021/01/22/media/nbc-sports-network-shut-down/index.html

NBC Sports Network、2021年末で営業終了①

スポーツ専門チャンネルであるNBC Sports Network(NBCSN)が、2021年末を持って営業を終了することが明らかになった。

NBCSNは、NHL、NASCAR、プレミアリーグ、そしてオリンピックなどを放映している。

NBCSNの親会社はNBCUniversal。NBCUniversalは、USA NetworkやMSNBCといった多くのメディアを所有している。

そもそもNBCUniversalがNBCSNを立ち上げたのは、スポーツという人気コンテンツを使って視聴者数や契約料金を上げるためであった。

ESPN (親会社:Disney)やFox Sports(親会社:Twenty First Century Fox)も基本的には同じ役割を期待されている。

しかし近年コードカッティングが顕著になり、多くの消費者はストリーミングに乗り換えている。

テレビそのものの視聴者が減少傾向にあるなか、専門チャンネルを多く運営するビジネスモデルは効率が悪くなりつつある。

視聴者の少ない専門チャンネルを閉鎖し、人気コンテンツは主要チャンネルに集中する。同時に、ストリーミングのプラットフォームを立ち上げる。

これが昨今のメディア界の流れと言える。

つづく。

参考文献:
https://www.nbcsports.com/chicago/nbc-sports-network-will-shut-down-nbc-sports-chicago-not-impacted
https://www.cnn.com/2021/01/22/media/nbc-sports-network-shut-down/index.html

IOCの放映権収入減少

東京オリンピックの延期によって、アメリカ大手テレビ局のNBCからIOCに支払われるはずであった放映権料が減少することがわかった。

1988年に初めて放映権契約を結んで以来、NBCとIOCは長期的な関係を築いており、NBCとの契約は現在IOCにとって最大の収入源となっている。

現在の放映権契約は、2011年に結ばれたもので、有効期限は2020年まで。契約金の総額は43.8億ドル(約4600億円)である。なお、この契約は2014年にすでに延長が決定されており、総額77.5億ドル(約8100億円)で2032年まで有効な契約となっている。

東京オリンピックの延期によって、この契約に含まれていた「削減条項」が適用され、支払額が減少することになった。なお、どの程度の減額になるかは明らかになっていない。

関係者によれば、東京オリンピックの放映権料については、2021年に実際に開催が実現してから改めて交渉することになるという。

ちなみに、NBCとIOCの放映権契約には「中止条項」も含まれており、東京オリンピック延期によって、契約を完全に中止することも可能であったが、この権利は行使されなかった。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/ioc-nbc-broadcast-negotiations-tokyo-2020-tv-deal-coronavirus