JPMorgan Chaseのスポンサーシップ・アクティベーション

ゴールデンステート・ウォーリアーズの新アリーナChase Centerが今年9月にオープンする。

これに先立ち、同アリーナのネーミングライツを保有するJPMorgan Chaseは、様々なキャンペーン案を明らかにした。

たとえば、ウォーリアーズのホーム開幕戦に訪れたファンが飲食やグッズを購入する際、JPMorgan Chaseのクレジットカード・デビットカードを使えば、すべてが50%オフになるという。

また、JPMorgan Chaseの口座を持つウォーリアーズファンは、通常の開場時間より30分早く入場することができたり、飲食・グッズ購入に30ドル使うたびに5ドルの割引が与えられたりする。

さらに、JPMorgan Chaseはウォーリアーズのモバイルアプリを制作するAccentureとも協力し、同アプリにJPMorgan Chaseのカード情報を登録したファン1万人に15ドル分のグッズ割引券をプレゼントする。

Chase Centerは、ウォーリアーズのホームゲームだけでなく、コンサートなど年間200のイベントを開催する。これはJPMorgan Chaseにとって潜在・既存顧客の情報を集める絶好の機会となる。

JPMorgan Chaseは、Chase Centerで行われたすべての取引を処理する役割を担うため、どのような飲食やグッズが売れ筋か、JPMorgan Chaseの口座を持つ人と待たない人では購買の傾向がどのように異なるのか、といった分析を行うことができる。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/08/19/Marketing-and-Sponsorship/Chase-Center.aspx