UCLA・USC脱退の余波

Aug 31, 2018; Madison, WI, USA; Big Ten logo on yardage markers during warmups prior to the game betwee the Western Kentucky Hilltoppers and Wisconsin Badgers at Camp Randall Stadium. Mandatory Credit: Jeff Hanisch-USA TODAY Sports

前回の投稿で説明した通り、UCLAとUSCが2024年にPac-12から脱退し、Big Tenに加入することが明らかになった。

これが関係各所に影響を与えている。

一部報道によれば、名門2校の脱退を受けて、Pac-12に所属する他の大学も他カンファレンスへの移籍を検討しているという。さらに、近い将来、Pac-12自体が解散する可能性まで指摘されている。

一方のBig Tenは所属校が16校に増え、地理的な範囲も大きく広がった。これは同カンファレンスのビジネスに好影響を及ぼす。

たとえば、現在Big Tenは、2023年以降の放映権契約を交渉している。

最終的には3社との契約になる見通しで、FoxとCBSはほぼ確定、残り一枠をESPN、Amazon、NBCが争っているという。

これらすべての契約金を合わせた放映権収入は年間10億ドルに達すると見られている(現行の契約はFoxとESPNとの契約で、年間4.4億ドル)。

さらに、UCLA・USCの加入を受けて、AppleがBig Tenのストリーミング放映権に興味を示していると報じられている。

現在、収益面では、Big TenとSECが二大カンファレンスであり、Pac-12、ACC、Big 12がそれを追う形になっているが、その差はさらに拡大していく可能性が高い。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/big-ten-conference-usc-ucla-apple-broadcast-rights-pac-12-college-sports/

Fox SportsとTwitter、W杯中継で連携

Fox Sports

Fox SportsとTwitterは、2022年(男子、カタール開催)と2023年(女子、オーストラリア・ニュージーランド共催)のFIFAワールドカップの試合中継で連携する計画を明らかにした。

試合自体はFox Sportsが持つテレビチャンネルやストリーミングサービスで中継し、試合の前後にはTwitter上でハイライト動画やインタビュー、視聴者とのQ&Aなどを配信するという。

Twitter上での無料配信によってより多くの人々の注目を集め、その人たちをFox Sportsの試合中継に誘導する。同時に、試合前後の配信を通して、新たなスポンサーシップや広告の機会を創造する。これらがFox Sportsの主な狙いである。

Twitterとしても、より多くのユーザーがより長い時間Twitterを利用するというのは大きな利益である。

実際、Twitterは近年、NFLやMLBといったスポーツリーグとストリーミング契約を結んだり、ESPNなどの放送局と提携したりして、スポーツ中継への関与を強めている。

今月4日には、WNBAとのストリーミング契約も更新。シーズンを通じて、ファンがWNBAのチーム・選手と親密になれるような双方向性の高いサービスを提供していく計画である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fox-sports-twitter-world-cup/
https://www.wnba.com/news/wnba-and-twitter-expand-partnership-to-include-twitter-spaces-and-streaming-of-regular-season-games-through-new-multiyear-deal/

Facebook、主要スポーツ局と次々に契約

先月下旬、FacebookはESPNと業務提携を結んだ。

この契約によって、ESPNが制作したスポーツコンテンツが、Facebookが管理する動画サービスFacebook Watchに投稿される。

Facebookは、ここ数年、スポーツとの関わりを強めてきた

たとえば、昨年からMLBの公式戦をネット中継しており、アメリカ国外では、カンボジア、ラオス、そしてベトナムで、プレミアリーグの試合をネット中継している。

今回のESPNとの契約によって、同社が持つスポーツコンテンツに、カレッジスポーツや総合格闘技といったスポーツが加わる。

さらにその数週間後、Facebookはもう一つの主要スポーツ局、Fox Sportsとも同様の契約を結んだ。

Fox Sportsは、NFL、NASCAR、ボクシング、そしてギャンブルに関するコンテンツをFacebookに提供する。

これらの相次ぐ契約はFacebookからスポーツ局へのメッセージともとれる。

つまり、Facebookは、同社が主要スポーツ局にとって「競合」ではなく「パートナー」であることを示したのである。

これらの契約に関してFacebookのRob Shaw氏は「Facebook Watchをスポーツファンの集まる場所にする、というのがコンセプトです。今後もこういった契約を結び、すべての主要メディア、すべてのスポーツリーグと関係を築いていきたいと考えています」と語る。

参考文献:
https://finance.yahoo.com/news/facebook-espn-partnership-intensifies-sports-150003911.html
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/10/14/Media/Sports-media.aspx

ロイヤルズ売却③ 経済的価値

前回の投稿で説明した通り、今回のロイヤルズ買収は社会的価値に依るところが大きいと考えられる。

しかし、社会的価値だけがチームの価値ではない。今回は「経済的価値」を検討したい。

プロスポーツチームの収入源は、チケット収入、放映権収入、スポンサー収入、グッズ収入の4つに大別される。これらの収入が拡大し、チーム全体の収益が向上すれば経済的価値が大きくなる。

ちなみに、北米メジャーリーグの場合、最も大きな収入源は放映権収入である。

テレビ中継には全国中継と地方中継があり、MLBの場合、全国中継の放映権はリーグが契約を結び、その契約料を30球団に分配する。

つまり、たとえ自チームが低迷していても、リーグが大きな契約を結べば、ある程度の放映権収入が確保できるのだ。

実際、MLBの全国中継放映権料は増加傾向にある。たとえば、Foxとは昨年7年51億ドルの契約を結んだ。これは前回の契約(8年42億ドル)から大きな成長だ。

さらに、MLBはネット中継にも積極的で、昨年DAZNと3年3億ドルの契約を結んだ。これは以前にはなかった全く新しい収入源だ。

もう一つ言及すべきは、スポンサー収入。

数か月前、MLBがユニフォームスポンサーシップの導入を検討していることが明らかになった。これが実現されれば、チームにとって巨大な収入源が新たに生まれることになる。

これらの事柄を総合すると、ロイヤルズがいかに低迷し、チケット・グッズの売れ行きが悪くなっても、チームの収入自体は拡大する可能性が大いにあることがわかる。

したがって、Sherman氏はロイヤルズの経済的価値も高く評価していたのではないかと推測される。

参考文献:
https://www.pwc.com/us/en/industry/entertainment-media/assets/2018-sports-outlook.pdf
https://www.nytimes.com/2018/11/15/sports/mlb-fox-tv-deal.html
https://www.forbes.com/sites/maurybrown/2019/01/30/espn-in-negotiations-to-extend-mlb-media-rights/#569d8b506e61
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/11/19/Media/MLB-DAZN.aspx

2019年はブラウンズのシーズン?

クリーブランド・ブラウンズは長らくNFLの最弱チームであった。2016年シーズンは1勝15敗。2017年シーズンはなんと0勝16敗。そのブラウンズが、現在、最も注目を集めるNFLチームの一つとなっている。

ブラウンズは、昨シーズン7勝を上げ、定位置の最下位を脱出した。チームの躍進を支えたのは、新人王を獲得したBaker Mayfieldを初めとする若手選手。ブラウンズのファンたちは、さらなる成長を遂げた若手選手がチームの順位を押し上げると期待している。

地元のバーを営むCorey May氏は、「レブロン・ジェームスがクリーブランドに帰ってきたときのような盛り上がりです」と言う。

この盛り上がりは、チームのビジネスにも好影響を与えている。

たとえば、ブラウンズはすでに6万枚以上のシーズンチケットを売り上げている(本拠地のキャパシティは6万8000)。これは前年比20%増。そして各試合の個別チケットも完売済みだ。

ゴールデンタイムのテレビ中継も、4試合組まれている。ブラウンズの試合がゴールデンタイムに3試合以上中継されるのは、2008年以来初めてだ。

Fox SportsのMike Mulvihill氏は「NFLで一番話題になるチームはいつもカウボーイズでした。今年のブラウンズは、それに次ぐ話題性を持っています」と言う。

スポンサーシップに関しては、Anheuser-Busch InBev(ABI)のNick Kelly氏曰く、ブラウンズは同社が最も力を入れるチームだと言う。ABIと言えば、昨年「ビクトリー冷蔵庫」というユニークなキャンペーンで大きな話題を呼んだが、今年はその発展版を企画しているそうだ。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/08/12/Franchises/Browns.aspx

World Surf Leagueの放映権ビジネス

2018年1月、サーフィンのプロリーグWorld Surf League(WSL)はFacebookと2年間の独占放映権契約を結んだ。

この契約によってWSLの試合はすべてFacebook上でネット中継されることになった。

WSLファンの平均年齢は32歳。一方、Facebookユーザーの3分の2は35歳以下。そして、サーフィンは世界中で観戦されているスポーツである。

ここから、WSLはFacebookがファン拡大のために最も有効なプラットフォームと考えたのである。

また、独占放映権を与えたことでWSLはFacebookから同リーグ過去最大の放映権収入を得ることに成功した。

ところが、それから一年余り、WSLはFacebookとの契約の「独占放映」という部分を解除し、(Facebook上での中継も続けながら)他の中継方法を模索し始めた。

たとえば、アメリカでは大手テレビ局Fox Sportsと契約を結び、テレビで試合を中継した。

WSLのCEO、Sophie Goldschmidt氏は「これだけ大手のテレビ局で放送してもらえるのは我々にとって非常に重要です。そしてFacebookを使ったネット中継をうまく補ってくれます」と話す。

今回のWSLの決定は、ネット中継(特にソーシャルメディア上での中継)のみを行うことの限界とテレビとネットをうまく組み合わせた試合中継戦略の重要性を示す事例の一つと言えるだろう。

2019年、WSLの試合中継視聴者は前年比で25%増であった。

参考文献:
https://www.forbes.com/sites/kurtbadenhausen/2018/01/24/facebook-and-world-surf-league-announce-exclusive-partnership/#7cdb94995560
https://digiday.com/media/world-surf-leagues-live-viewership-grown-removing-exclusivity-facebook-live-deal/
https://www.worldsurfleague.com/

NHLの放映権争奪戦

NHLは、2004-05年シーズンのロックアウト(選手のボイコットによる全試合中止)以来、全国放送の試合中継はNBCがすべて行ってきた。

一つのテレビ局が独占放映権を持つのは、北米四大スポーツリーグでは珍しいことである。

他リーグでは、NFLが4局、MLBが3局、NBAが2局と全国中継の放映権契約を結んでいる。

MLBを例にとれば、ESPNが日・月・水曜日のナイター、Fox Sportsが土曜日のデーゲームおよびナイター、TBSが日曜日のデーゲームを中継している。

このように複数のテレビ局と契約を結ぶことで収入源が増え、また、各局が抱える独自の視聴者層にアプローチすることができる。

一方NHLは、前述したロックアウトが原因で、複数局と好条件で契約することが困難になり、NBCとの独占契約を結ぶことになった。

そのNBCとの契約が2020-21年シーズン後に切れる。

関係者によれば、NHLはNBCと契約延長はせず、複数のテレビ局と契約することを検討しているという。

まだ交渉は始まっていないが、すでにESPN、Fox Sports、Turner Sportsといった大手スポーツ局、そしてAmazonやTwitterも放映権獲得に興味を示しているという。

週末の試合はESPNでテレビ中継、平日のデーゲームはTwitterでネット中継というようなこともあるかもしれない。

今後、NHLの放映権契約に関するニュースを目にしたとき、どこのテレビ局(あるいはネット中継プラットフォーム)との契約なのかだけでなく、何曜日の試合なのか、プレーオフは含まれるのか、なども注目すると理解が深まるだろう。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/27/Media/Sports-media.aspx

二大スポーツメディアのスポーツ賭博ビジネス

2018年の最高裁判決後、スポーツ賭博を合法化する州は増加している

ESPNとFox Sportsというアメリカの二大スポーツメディアは、どのようにスポーツ賭博に携わるのだろうか。各社のスポーツ賭博に関する戦略が明らかになった。

まずESPNは、2019年3月にESPNの姉妹チャンネルESPNewsで「Daily Wager」という番組を開始し、スポーツ賭博に関する情報を提供している。

さらにESPNはスポーツ賭博に関する新番組を制作する予定で、その新番組を活用して広告収入の拡大を狙う。

新番組は、Caesars社がスポンサーとなり、オッズに関する情報を提供することで番組をサポートする一方、CMを通じて同社の宣伝も行う予定だ。

一方、Fox Sportsは、さらに革新的な戦略を持つ。

同社は、昨秋から「Lock it In」というスポーツ賭博に関する番組を放送しているが、今後は、The Stars Groupと共同でFox Betという携帯アプリ制作に取り組む。

Fox Betの用途は、単なるスポーツ賭博情報の発信ではない。人々は、このアプリを使って、実際に賭けができるようになるのである。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/20/Media/ESPN-Fox-gambling.aspx

Fox Sports、バーチャル・スタジオを導入

Fox Sportsは2019年、NASCAR中継のためにバーチャル・スタジオを導入する。このバーチャル・スタジオは、天気予報などでよく目にするクロマキー合成が使われ、解説者は巨大な緑色スクリーンの前で解説をすることになる。

画像合成技術に関しては、オンラインゲームのFortniteを制作するEpic Games社が技術提供をする。

このバーチャル・スタジオを活用することで、レーシング・カーやレース・ショップのイメージを映したり、選手成績に関するデータなどを画像として表したりすることが可能になる。

NASCARは、レーシング・カーの内部構造やコースの質など、複雑で専門的な要素が多いスポーツである。Fox Sportsは、このバーチャル・スタジオを導入することで、多くの人々の興味を引き、視聴者のNASCARに関する理解を深めることを狙っている。

Fox SportsのMichael Dolan氏は「これは大革命だ」と言う。「より上質な観戦経験を提供できるようになる。これまで紹介できなかったレースの細部を解説することも、解説者がコースの上から解説する(ように見せる)ことも可能になる」。

Fox SportsのNASCAR中継はこれまで「Hollywood Hotel」と呼ばれる移動式スタジオを用いて行われてきたが、今後はノースカロライナ州シャーロットに常設されるバーチャル・スタジオから放送されることになる。

Foxは、このバーチャル・スタジオに活用された合成技術を、ゆくゆくはNASCAR中継以外にも応用する計画である。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/12/17/Media/NASCAR-studio.aspx

ESPN2、ナンバー2陥落

2018年のスポーツ局の視聴率ランキングが発表された。これによれば、ESPNの姉妹局であるESPN2が、25年間守ってきたナンバー2の座を初めて明け渡した。

上の表からわかる通り、不動の一位はESPN。次に、NBC Sports(NBCSN)そしてFox Sports1(FS1)が続く。ESPN2は4位まで順位を落とした。

NBCSNは平昌オリンピックの放送が大きく影響した。同局が2018年に放送したスポーツの中で最も視聴された20のコンテンツのうち13はオリンピック関係のものであった。

NBC Broadcasting and SportsのチェアマンMark Lazarus氏はこう指摘する。
「オリンピックは間違いなく好影響を与えた。しかし我々がオリンピックを放送するのはこれが4回目だ。NHL、NASCAR、そしてイングランド・プレミアリーグといったコンテンツもまた我々の成長に貢献したのである」。

FS1に関しては、FIFAワールドカップ、カレッジフットボール、そしてMLBのプレーオフといったコンテンツが同局の視聴率を押し上げた。

また、NBCが保有するGolf Channelが同局の視聴率記録を更新し(平均視聴者数:113,000人/日)、MLB Networkを抜いた。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/12/10/Media/Sports-media.aspx