2023年FIFA女子ワールドカップのスタジアム発表

Getty Images

FIFAは、2023年に開催される女子ワールドカップで使用されるスタジアムを発表した。オーストラリア・ニュージーランドの全9都市、10スタジアムが舞台となる。

女子ワールドカップが複数国による共催となるのも、参加チームが32か国になるのも、今回が初である。

開幕戦はオークランドのエデン・パーク、決勝戦はシドニーのスタジアム・オーストラリアで行われる。

2019年にフランスで行われた前回大会では、アメリカ代表チームを中心に「Equal Pay」運動が注目を集めた。

FIFA会長のジャンニ・インファンティーノ氏は「2019年フランス大会は、ピッチ内外で大きな成功を収めました。2023年大会は世界最高峰の選手たちを見せるだけでなく、人々を一つにし、勇気を与え、人生を変える機会を与えます。そしてオーストラリア・ニュージーランドはもとより、世界中の女子サッカーに持続的なレガシーを残すでしょう」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fifa-2023-womens-world-cup-host-cities-stadiums

FIFA、独自のストリーミングサービスを立ち上げか

FIFAが独自のストリーミングサービスを立ち上げる運びになっていることが明らかになった。イギリスメディアが報じた。

報道によれば、いきなりトップ選手の試合を中継するのではなく、まずはユースやeスポーツの大会を中継することになるという。

また、過去の名勝負をアーカイブとして残していくことも計画しているという。

この新サービスが具体的にいつ開始されるのか、会員登録が必要なのか、有料なのか、といったことはまだ明らかになっていない。

ちなみに、他のサッカー協会では、UEFAが昨年独自のストリーミングサービス「Uefa.tv」を立ち上げている。

当初Uefa.tvは、女子サッカーやユースサッカーの試合、および過去の名場面といった映像を提供していたが、その後ドイツ・サッカーリーグと業務提携を結び、現在はブンデスリーガの映像も見られるようになっている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fifa-ott-streaming-service-youth-tournaments-esports

2026年FIFAワールドカップ開催都市、誘致合戦②

開催都市決定のポイントは何なのだろか。2026年大会組織委員会とFIFAは、計750ページにも及ぶ文書を作成し、評価基準を説明している。

そこには、各スタジアムのトイレの数、ホテルの利用状況、空港の利便性、市の協力体制、資金調達の実績、そして住民の態度・市内の盛り上がりなどが含まれる。

FIFAの文書によれば、評価の第一段階は今年いっぱいで終了することになっている。ここでは、ホテル部屋数や空港利用者数などに基づいた評価が行われているものと思われる。

そして第二段階はFIFAの代表団による候補地の視察。これは年明け間もなく行われる。

視察のポイントについてFIFAのコリン・スミス氏は「2026年に向けて施設・インフラをきちんと整備できるかどうかがカギです。市が我々の考えを十分に理解し協力的であれば安心です」と言う。

また、1994年大会で誘致活動に携わったアラン・ローゼンバーグ氏は「単純に計算するのは難しいです」と言う。「FIFAの代表団が視察に訪れた際には、そのコミュニティにどれだけ『見せかけではない熱狂』が存在するかを見ていると思います」。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/12/02/Events-and-Attractions/World-Cup.aspx

2026年FIFAワールドカップ開催都市、誘致合戦①

アメリカ・カナダ・メキシコが共催する2026年FIFAワールドカップまで7年を切った。

北米16都市で全80試合が開催される予定で、すでにメキシコの3都市とカナダの3都市はほぼ確定している。

アメリカでは、10の開催都市枠を巡って、以下の17都市が熾烈な誘致競争を繰り広げている。

【立候補都市】
アトランタ、ボルチモア、ボストン、シンシナティ、ダラス、デンバー、ヒューストン、カンザスシティ、ロサンゼルス、マイアミ、ナッシュビル、ニューヨーク/ニュージャージー、オーランド、フィラデルフィア、サンフランシスコ、シアトル、ワシントンDC

開催都市に選ばれれば、最低5試合の開催が保証され、試合以外の関連イベントを行う権利も得られる。これは、観光客をひきつける絶好の機会となる。

アメリカにはホテル税(ホテルに宿泊することで発生する税金)を持つ都市が多く、そういった都市ではホテル宿泊者数が税収に直結する。

また、ボストン・コンサルティング・グループによれば、同大会によって各都市では、50億ドルの経済活動と4万の雇用が生まれるという。

2006年以降の傾向を見ると、開催国決定からおよそ642日後に開催都市が決定されている。これに基づけば、2026年大会の開催都市は、2020年3月16日に決定される計算になる。

一方で、2026年大会は、出場国が32か国から48か国に増える最初の大会で、3か国共催も初めての試み。こういったことから、開催都市決定には従来よりも時間がかかる可能性がある。

それでは、開催都市を勝ち取るにはどのようなことが重要なのか。それはまた明日説明します。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/12/02/Events-and-Attractions/World-Cup.aspx

サッカーワールドカップにおける男女の差①

7月8日に行われた女子ワールドカップの決勝戦は、アメリカ代表がオランダ代表を退け、4度目の優勝を果たした。

試合後のセレモニーでアメリカ代表が優勝のメダルを受け取っているとき、スタンドからは「Equal pay(同一賃金)」という声が上がった。

「女子選手も男子選手と同等の給与を受け取るべきだ」という意味である。

今回の女子ワールドカップの賞金総額は3000万ドル。 一方、昨年開催された男子ワールドカップにおける賞金総額は3億7000万ドルであった。

これはFIFAが選手に支払う賞金である。次に各国の連盟・協会が自国の選手に支払う給与について、アメリカ代表を例に見てみよう。

まず、ワールドカップ予選で勝つごとに支払われるボーナスは、女子が3000ドル、男子が1万2500ドル。

ワールドカップ本選では、男子チームは予選リーグで勝つごとに6875ドル、予選リーグを突破すると追加で8万5599ドルのボーナスが与えられるが、このようなボーナスは女子チームには一切ない。

このような給与の差はサッカーに限らずスポーツ界に広く見られ、その是正を求める声が選手やファンから上がっている。

そして、今回のワールドカップ開催前、アメリカ女子代表チームの選手たちは、アメリカサッカー連盟を相手に訴訟を起こした。その詳細はまた次回。

参考文献:
https://abcnews.go.com/Sports/world-cup-us-women-gender-discrimination-fight/story?id=64109603
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-us-womens-soccer-team-has-more-than-earned-equal-pay/2019/07/08/7a5bcd04-a19e-11e9-bd56-eac6bb02d01d_story.html?noredirect=on&utm_term=.9a38eca40743
https://www.nytimes.com/2019/03/08/sports/womens-soccer-team-lawsuit-gender-discrimination.html
https://www.cbsnews.com/news/60-minutes-women-soccer-team-usa-gender-discrimination-equal-pay-2019-07-10/
https://www.forbes.com/sites/niallmccarthy/2019/06/11/the-gender-pay-gap-at-the-fifa-world-cup-is-370-million-infographic
https://www.theguardian.com/football/ng-interactive/2019/jun/28/revealed-the-731003-gender-pay-gap-in-us-world-cup-bonuses

ESPN2、ナンバー2陥落

2018年のスポーツ局の視聴率ランキングが発表された。これによれば、ESPNの姉妹局であるESPN2が、25年間守ってきたナンバー2の座を初めて明け渡した。

上の表からわかる通り、不動の一位はESPN。次に、NBC Sports(NBCSN)そしてFox Sports1(FS1)が続く。ESPN2は4位まで順位を落とした。

NBCSNは平昌オリンピックの放送が大きく影響した。同局が2018年に放送したスポーツの中で最も視聴された20のコンテンツのうち13はオリンピック関係のものであった。

NBC Broadcasting and SportsのチェアマンMark Lazarus氏はこう指摘する。
「オリンピックは間違いなく好影響を与えた。しかし我々がオリンピックを放送するのはこれが4回目だ。NHL、NASCAR、そしてイングランド・プレミアリーグといったコンテンツもまた我々の成長に貢献したのである」。

FS1に関しては、FIFAワールドカップ、カレッジフットボール、そしてMLBのプレーオフといったコンテンツが同局の視聴率を押し上げた。

また、NBCが保有するGolf Channelが同局の視聴率記録を更新し(平均視聴者数:113,000人/日)、MLB Networkを抜いた。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/12/10/Media/Sports-media.aspx