DraftKings、事業拡大中

Photo Credit: AP

米国のスポーツベッティング大手DraftKings社は、2022年第1四半期に4億1700万ドル(約543億円)の収益を上げ、前年同期比で34%増を記録した。

一方で、同期の営業費用は9億3300万ドル(約1216億円)に達し、こちらは前年同期比46%増となった。

これらの収支増加の背景には、同社の事業が全米17州に拡大したことがある。

アメリカでは現在スポーツベッティング(ギャンブル)を合法化した州が半数を超えており、その数は今後も増えていく見通しだ。

それに伴い、スポーツチーム・リーグや放送局もギャンブルの要素を加えた新たなスポーツの楽しみ方を積極的に提示しており、それを受け入れるファンも増えている。

実際、DraftKingsも顧客を増やしており、現在200万人の顧客が同社のサービスを毎月利用している。これは前年同期比で39%増である。

一方で、スポーツベッティングという新興産業での立ち位置を確たるものにすべく、DraftKingsは人気リーグ・チームとのスポンサーシップ契約に積極的に投資している。

また、複数の州ではカジノ等の店頭での賭けのみを認めており(オンラインの賭けはNG)、その場合、店舗の運営・管理費もかかる。

その結果、2022年第1四半期の営業・マーケティング費用は3億2140万ドル(約419億円)、一般管理費は2億1660万ドル(約282億円)に上った。

しかしこれはあくまで事業を拡大していく上での必要経費であり、長期的には健全な財務状況を達成できると同社は見ている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/draftkings-q1-2022-revenue-financials-sports-betting-us/

NBA、DraftKingsと業務提携

今週、NBAはDraftKingsと業務提携を結んだ。DraftKingsは、ファンタジースポーツおよびスポーツ賭博を運営する企業である。

DraftKingsが加わったことで、NBAと提携を結ぶスポーツ賭博業者は計6社となった(他の5社はBet 365、BetMGM、FanDuel、Fox Bet、William Hill)。これで国内大手のスポーツ賭博業者のほとんどがNBAと契約を結んだことになる。

たとえば、ニュージャージー州はスポーツ賭博が急成長している州だが、そこで使われる金額(約3億円)の90%がこの6社を通しているという。

この契約に基づいて、DraftKingsはNBAに一定の契約金を支払うことになる(金額は明らかになっていない)。

その見返りとして、DraftKingsは、NBAのロゴを使用することが認められ、さらにリーグが試合中に収集する様々なデータをリアルタイムで受け取ることができる。

スポーツ賭博には、試合前に賭けるものと、試合が始まってから賭けるものがある。

DraftKingsによれば、同社が行うNBAの賭博では、70%の顧客が試合が始まってからの賭けを楽しんでいるという。

DraftKingsがNBAから受け取るリアルタイム公式データは、同社が試合中に素早くオッズを変化することを可能にする。

NBAのスコット・コーフマン-ロス氏曰く、スポーツ賭博業者の多くは、当初、リーグと業務提携を結ぶことや公式データをリアルタイムで受け取ることは必要ないと考えていたが、対話を続けるなかで理解が得られてきたという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/11/04/Gambling/NBA-DraftKings.aspx