Big 12、4校の新規加盟校を承認

Photo Source: Texas Tech Athletics

カレッジスポーツ界の動きが慌ただしい。

7月29日、テキサス大とオクラホマ大がBig 12を脱退しSECに加入することが決定すると、その約1か月後、ACC、Big Ten、Pac-12が「歴史的な提携」を結んだ。

そして、先週10日、今度はBig 12が加盟校を追加する決定を下した。

今回Big 12への加入が明らかになったのは、シンシナティ大、ヒューストン大、セントラルフロリダ大、ブリガム・ヤング大(BYU)の4校。

Big 12は創設当時から人気を支えてきたテキサス大・オクラホマ大の脱退によって存続が危ぶまれていたが、委員会を設置し対策を講じ迅速な対応を取った。

Big 12コミッショナーのボブ・ボウルズビー氏によれば、BYUは2023-24年シーズンから、他の3校は2024年7月までには加盟が完了する予定だという。

なお、BYU以外の3校が現在所属しているアメリカン・アスレチック・カンファレンス(AAC)の規約では、脱退の条件として「27ヶ月前に通知すること」「1000万ドルの移籍金を支払うこと」を定めている。

これらを踏まえ、移籍の時期や移籍金の額などに関して、Big 12、AAC、各大学が最終調整を行うことになる。

参考文献:
https://www.espn.com/college-football/story/_/id/32182361/big-12-votes-accept-adding-byu-cincinnati-houston-ucf-conference

テキサス大とオクラホマ大、SECに加入か②

現在テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12からSECに移動しようとしているが、Big 12の人気校が他カンファレンスに移るのはこれが初めてではない。

基本的には、大学とカンファレンスが合意すれば所属カンファレンスを変更することは可能だ。

たとえば、2011年、ネブラスカ大学がBig Tenに、コロラド大学がPac-12にそれぞれ移動。2012年には、テキサスA&M大学とミズーリ大学がSECに移動している。

所属カンファレンスを変更するとどういった影響があるのか。

まず、公式戦のスケジュールが変わる。

たとえば、テキサス工科大学とテキサスA&M大学のアメフトチームは、1940年代からほぼ毎年公式戦を戦いライバル関係を築いてきたが、2012年にテキサスA&M大学がBig 12を抜けてからは一試合もしていない。

対戦相手が変われば、チームのイメージも変わる。

2012年にテキサスA&M大学がSECに加入した際、当時の体育局長は「SECで唯一のテキサスの大学となることに意味がある。独り立ちして、我々だけのアイデンティティを持つことがBig 12を抜けた理由だ」と語っている。

収入面にも影響がある。

各カンファレンスは独自に放映権やスポンサーシップを販売しており、そこで得た収入を所属校に分配している。人気カンファレンスへの移動は、放映権・スポンサー収入の拡大を期待できるのである。

参考文献:
https://www.wsj.com/articles/texas-and-oklahoma-college-football-realignment-11627284977
https://en.wikipedia.org/wiki/Texas_A%26M%E2%80%93Texas_Tech_football_rivalry

テキサス大とオクラホマ大、SEC加入を交渉中①

先週末、カレッジスポーツ界にとって衝撃的なニュースが飛び込んできた。

「テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12を抜けてSECに加入するために動いている」というニュースである。

アメリカのカレッジスポーツに詳しくない方にとってはわかりにくい点も多いニュースかもしれないので、数回に渡って解説していこうと思う。

まず、アメリカの各大学スポーツチームはNCAA、NAIA、NJCAAといった統括団体に所属している。なかでもNCAAはパフォーマンスのレベルもビジネス規模もトップである。

そのNCAAに所属する大学は、さらに競技レベルやスポーツに割り当てられる予算規模に応じて「ディビジョン1」、「ディビジョン2」、「ディビジョン3」の3段階に分かれる。

そして各ディビジョンに複数の「カンファレンス」がある。

たとえば、我がテキサス工科大学は、NCAAディビジョン1のBig 12カンファレンスに所属している。

このBig 12を含む5つの人気カンファレンス(ACC、Big Ten、Big 12、Pac-12、SEC)をまとめて「Power Fiveカンファレンス」と呼ぶ。

今回大きな話題を呼んでいるのは、Big 12の名門校であるテキサス大とオクラホマ大がSECに移ろうとしているというニュースである。

誤解を恐れず例えれば、ソフトバンク・ホークスと西武ライオンズがセ・リーグに入ろうと交渉しているようなイメージである。

そもそもそのような移動は可能なのか、どのような動機があるのか、そして今後Big 12はどうなっていくのか。

そういった問題は次回以降説明していきます。

参考文献:
https://www.espn.com/college-football/story/_/id/31868545/source-oklahoma-sooners-texas-longhorns-verge-making-sec-move

Big 12のハード・セルツァースポンサーシップ

以前の投稿で解説したが、現在アメリカで急成長しているアルコール飲料がハード・セルツァーである。

プロスポーツでは、NHLが最近ハード・セルツァーの生産会社とスポンサー契約を結んだが、カレッジスポーツでも同様の契約が結ばれた。

カレッジスポーツで最も人気のあるカンファレンスの一つであるBig 12がアンハイザー・ブッシュとスポンサー契約を締結。同社が販売する「Natural Light Seltzer」を同カンファレンスのオフィシャル・ハード・セルツァーとすることを発表した。

このように、ハード・セルツァーが独立したスポンサーカテゴリーとして扱われるのは、カレッジスポーツでは初めてである。

アンハイザー・ブッシュのリカルド・マーケス氏は「ハード・セルツァーは2019年に前代未聞の急成長を遂げ、その勢いは全く落ちていません。私たちはハード・セルツァーのブームはまだ序盤だと見ています。まだまだ知名度も上がります」と語る。

参考文献:
https://www.forbes.com/sites/kristidosh/2019/09/25/hard-seltzer-moves-into-college-sports-sponsorship-market/#717e044b28f8
https://big12sports.com/news/2019/9/25/natural-light-seltzer-becomes-the-official-hard-seltzer-of-the-big-12-conference.aspx