UCLA・USC脱退の余波

Aug 31, 2018; Madison, WI, USA; Big Ten logo on yardage markers during warmups prior to the game betwee the Western Kentucky Hilltoppers and Wisconsin Badgers at Camp Randall Stadium. Mandatory Credit: Jeff Hanisch-USA TODAY Sports

前回の投稿で説明した通り、UCLAとUSCが2024年にPac-12から脱退し、Big Tenに加入することが明らかになった。

これが関係各所に影響を与えている。

一部報道によれば、名門2校の脱退を受けて、Pac-12に所属する他の大学も他カンファレンスへの移籍を検討しているという。さらに、近い将来、Pac-12自体が解散する可能性まで指摘されている。

一方のBig Tenは所属校が16校に増え、地理的な範囲も大きく広がった。これは同カンファレンスのビジネスに好影響を及ぼす。

たとえば、現在Big Tenは、2023年以降の放映権契約を交渉している。

最終的には3社との契約になる見通しで、FoxとCBSはほぼ確定、残り一枠をESPN、Amazon、NBCが争っているという。

これらすべての契約金を合わせた放映権収入は年間10億ドルに達すると見られている(現行の契約はFoxとESPNとの契約で、年間4.4億ドル)。

さらに、UCLA・USCの加入を受けて、AppleがBig Tenのストリーミング放映権に興味を示していると報じられている。

現在、収益面では、Big TenとSECが二大カンファレンスであり、Pac-12、ACC、Big 12がそれを追う形になっているが、その差はさらに拡大していく可能性が高い。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/big-ten-conference-usc-ucla-apple-broadcast-rights-pac-12-college-sports/

Apple、MLSと巨大放映権契約

AppleがMLSと10年間の放映権契約を結び、サッカー中継に参入することが明らかになった。

今回の契約では、MLSの全試合が対象となり、一部報道によれば、契約金は年間2億5000万ドルに及ぶという。

Appleはこれらの試合を同社のストリーミングサービスApple TVを通じて全世界に向けて中継する予定で、試合中継の他にもハイライトや分析、その他の関連コンテンツも放送するという。

Appleは最近MLBとも放映権契約を結んでおり、主要スポーツリーグとの放映権契約はこれが二例目となる。

Appleのサービス担当上級副社長エディ・キュー氏は、2026年FIFAワールドカップがアメリカ、カナダ、メキシコで共催されることにも言及し、「MLSとAppleが共に素晴らしいことを成し遂げるために、非常に大きな契約です」とコメント。

さらに同氏は「主要スポーツリーグの全試合が一つのところで視聴できるというのは異例でしょう。ブラックアウト(地元チームのホームゲームをネット観戦できないこと)なし。一切の制約なし。これはとてもいいことでしょう」と付け加えた。

昨今、各スポーツリーグが様々なストリーミングサービスを通じて試合中継を行っているが、それぞれに複雑な制約があり、ファンの混乱や反発を招いている。

その最たる例がMLBで、自前のストリーミングサービスMLB.TVを初め、ESPN+、Peacock、YouTube、そしてApple TV+で試合中継をしている。

キュー氏の発言は、「ややこしいこと抜きで、すべての試合を見られるところを一つにまとめてほしい」というファンの声をAppleが契約に反映されたというアピールなのである。

参考文献:
https://theathletic.com/news/mls-tv-deal-espn-apple-univision/cbC0ubEBpHsb/
https://www.sportspromedia.com/news/apple-mls-broadcast-rights-deal-global-streaming/

Apple、MLBの放映権獲得:スポーツ中継に本格参入か

Apple

Appleは、アメリカとカナダを含む9つの地域におけるMLBの放映権を獲得したことを発表した。

この契約に基づき、2022年シーズンから「Friday Night Baseball」(週に一度行われる金曜夜のダブルヘッダー)は、Apple TV+で独占的に放映されることになる(なお、番組制作はMLBが担当する)。

アメリカ国内におけるネット中継権は元々DAZNが保有していたが、同社はコロナ禍における支出削減のために2020年にこれを手放していた。

AppleにとってMLBとの契約はApple TV+のユーザーを拡大するための施策であり、これを足掛かりに、今後さらなるスポーツ放映権獲得に動く可能性がある。

実際、一部報道によれば、AppleはNFLの放映権にも興味を示しているという。

昨今、テクノロジー企業(Amazonなど)や放送局(ESPNなど)が自前のストリーミングサービスを普及させるために人気コンテンツの放映権を獲得する動きがよく見られる。

この競争のなかで今後Appleがどのような役割を果たしていくのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/apple-tv-mlb-rights-streaming-big-inning/
https://www.apple.com/newsroom/2022/03/apple-and-major-league-baseball-to-offer-friday-night-baseball/

Apple、スポーツの放映権獲得に大規模投資か:アナリストの見解

投資会社Wedbushは、Appleが今後4年間でスポーツの放映権獲得に「数十億ドル(1100億円以上)を費やす準備をしている」という分析を発表した。

同社は2017年にNFLの「Thursday Night Football」の放映権を獲得し、Amazon PrimeやTwitchといったプラットフォームで試合中継を行ってきた。

2019年には、ニューヨーク・ヤンキースの地方中継を担当するテレビ局YES Networkのオーナーグループに加わり、ヤンキースの試合のストリーミングを開始。

2021年にはWNBAの放映権も獲得しており、また最近の報道によれば、MLBとも2022年レギュラーシーズンの平日開催試合の放映権を巡って交渉中だという。

Wedbushのアナリストであるダン・アイヴズ氏は、Appleによるスポーツ放映権への投資は今後さらに拡大すると見ている。同氏は以下のように語る。

「現在Appleはオリジナルコンテンツに年間70億ドルを費やしており、またバランスシートを見ると、およそ2000億ドルの現金を保有していることがわかります。我々はAppleが今後数年間で多くのスポーツコンテンツの放映権獲得に向けて動くと考えています」

具体的には、NFLの「Sunday Ticket」、NCAAの人気カンファレンス(Big Ten、Pac-12、Big 12など)、NASCAR、NBAなどがターゲットになる可能性があるという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/movers-and-shakers/dazn-shay-segev-ceo-ott-james-rushton/
https://www.macrumors.com/2022/01/14/apple-to-spend-billions-live-sports-content/

Apple、「Sunday Ticket」の放映権を巡りNFLと交渉中

Appleが「Sunday Ticket」の放映権獲得に動いていることが明らかになった。

Sunday Ticketとは日曜日に放送されるNFL中継で、「Out-of-market」と呼ばれる、地域外に住む人々を対象にした番組である。なお、放映権はDirecTVが独占的に保有している。

たとえば、ニューヨークに住むダラス・カウボーイズのファンは、ダラスに住む地元ファン向けの試合中継は観戦できないが、DirecTVと契約することで同じ試合の観戦が可能になる。

NFLとDirecTVの放映権契約は2022年に失効する予定で、現在NFLは2022年以降の放映権交渉を行っている

AppleとNFLの交渉は未だ初期段階だが、仮にAppleがSunday Ticketの放映権を獲得すれば同社のストリーミングサービス「Apple TV+」で放映されることになりそうだ。

一部報道によれば、Apple以外にもAmazonやESPNが放映権の獲得に興味を示しているという。

またNFLは、Sunday Ticketの放映権を非独占的にし、複数のメディアと契約を結ぶことも検討していると伝えられている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/apple-tv-plus-nfl-sunday-ticket-rights-streaming-espn-2022

Apple、Pac-12の放映権に興味

近年、TwitterやFacebook、Amazonといった大手IT企業がスポーツ中継に参入している。

それらのIT企業がテレビ局と大きく異なるのは「どの放映権を買うか」という意思決定においてである。

テレビ局の場合は、そのスポーツリーグ・チームの人気に比例して放映権の競争率も契約金も上がっていくが、IT企業は必ずしもそうではない。

たとえば、今年初めにPGAツアーが放映権を販売した際、CBS、NBC、ESPNといった大手テレビ局が交渉に参加したが、IT企業はまったく参加しなかった。

また、近くNFLやMLBも放映権交渉を始めるが、関係者によれば、こちらもIT企業はあまり積極的ではないという。

その一方で、現在IT企業が目を光らせている放映権がある。それがカレッジスポーツのPac-12(パック・トゥエルブ)カンファレンスである。

Pac-12は、NCAAディビジョン1で特に人気の高い5つのカンファレンス(通称パワーファイブ)の1つで、UCLAやスタンフォード大など西海岸沿いの大学が多い。Pac-12のPacはPacific(太平洋)に由来する。

Pac-12ネットワークスのマーク・シュケン氏は「いくつものIT企業が興味を示しています」と言う。

Appleはそのうちの一つだ。

同社は、スポーツ中継は競合他社と差別化する上で有効なプログラムだ、とPac-12関係者に話しているという。

シュケン氏は「彼らは我々の放映権、そして放映権ビジネスというものに強い関心を示しています。我々の新しいパートナーをとなるかどうかを見極めるために理解を深めたいと言っていました」と言う。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/04/20/Media/Pac12-digital-rights.aspx