バルセロナ、楽天との契約延長

Photo Source: Johan Cruyff Institute

バルセロナは、楽天とのユニフォームスポンサーシップの契約を一年間延長することを発表した。

この契約は、2016年に年間5500万ユーロ(約67億円)の内容で合意されたもの。

今シーズンをもって失効する予定であったが、当初の契約に含まれていた「一年間の契約延長オプション」をバルセロナが行使した。

これにより、2022年6月末まで楽天がバルセロナの胸スポンサーになることが決定した。

バルセロナと楽天は、今回の契約延長がコロナ禍に決定したことの意義を強調し、また、コロナ収束後の時代を見据えた契約内容になっているとコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/barcelona-shirt-sponsor-rakuten-extension-2022

NBAのストリーミング登録者数、日本で600%増

楽天が運営するNBAのストリーミングサービスの登録者数が、昨年から600%増加した。今週、NBA Asiaのスコット・レヴィ氏が明らかにした。

これによって、日本はNBAのストリーミング登録者数でアメリカ・中国に次ぐ世界3位になったという。

レヴィ氏は「私たちはファンを育て、新たなフォロワーを獲得したいと考えています。楽天は日本の有名人などを起用したライブチャットやフォーラムを通してファンを惹きつけています」と話す。

同氏は、グローバルな戦略を立てつつ、それぞれの地域に合わせたアプローチをすることを心掛けていると語った。

ちなみにレヴィ氏は、今後5年以内にはインドがNBAにとって海外最大のファンベースになると予測している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nba-rakuten-streaming-subscription-growth-japan-instagram-india-digital