仮想通貨の低迷、スポンサー契約に影響

Photo Source: miami.eater.com

今月初め、ビットコインは2万1000ドルを割り込み、2020年以来の低水準を記録した。

ニューヨーク・ポストによれば、この仮想通貨の低迷がスポンサー契約に影響を及ぼしているという。

仮想通貨の取引所を運営するFTXは、MLBとのスポンサー契約やマイアミ・ヒートの本拠地のネーミングライツ契約、トム・ブレイディや大谷翔平といったアスリートとのエンドースメント契約など、スポーツスポンサーシップに積極的に投資してきた。

そのFTXは、最近契約交渉が解禁されたMLBのユニフォームスポンサー契約も狙っており、ロサンゼルス・エンゼルスと交渉を進めていたが、現在の仮想通貨の低迷を受け、交渉からの撤退を決めたという。

ワシントン・ウィザーズも、ある仮想通貨関連企業と主要なスポンサー契約の交渉をしていたが、それが失敗に終わったと報じられている。

NBAとスポンサーシップ契約を結び、スーパーボウル中継のCMにも1400万ドルを投じたCoinbaseは、最近、従業員の約18%に相当する1100人を解雇。

昨年ロサンゼルス・レイカーズの本拠地のネーミングライツを獲得したCrypto.comも、今月に入って260人の従業員(全従業員の約18%)を解雇している。

ここ数年、大きなスポンサー契約をいくつも締結してきた仮想通貨関連企業。それらが契約を途中で破棄するような事態となれば、スポーツ組織の財務にも大きな影響が及ぶ。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la-angels-washington-wizards-cryptocurrency-sports-sponsorship-ftx-coinbase-bitcoin/

MLB.TVの視聴分数、過去最高を記録

Image Source: https://www.mlb.com/news/mlb-tv-free-game-of-the-day-indians-angels

2021年のMLBレギュラーシーズンが終了した。

MLBによれば、レギュラーシーズン中に、リーグが運営するストリーミングサービス「MLB.TV」の視聴分数の総計が105億分となり、過去最高を記録したという。

MLB.TVは2002年にサービスが開始され、これまでの総視聴分数の記録は2019年に記録された73.8億分であった。

さらに、MLB.TV史上最も視聴された上位10試合のうち9試合が2021シーズンの試合となったという。

この記録に関してMLBは、歴史的なシーズンを送った大谷翔平選手を初め、多くのスター選手が注目を集めたことが要因であると説明している。

Conviva社のデータによれば、今シーズン、SNS上で最も多くの新規フォロワーを獲得したのはロサンゼルス・エンゼルスであったという。

一方で、MLB.TVは、地域外のファンを対象にしたサービスで、地元チームの試合は視聴不可となっている(テレビ中継の視聴者数を減らさないための措置で「ブラックアウト」と呼ばれる)。

テレビからストリーミングに切り替える人が増えていくなかで、ブラックアウトに対する批判の声も上がっており、これがMLB.TVの今後の課題となるだろう。

参考文献:
https://www.mlb.com/press-release/press-release-mlb-tv-surpasses-10-billion-minutes-viewed-for-first-time-ever-and
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-tv-streaming-records-2021-regular-season/?blocktaxonomy=news