マンUオーナー、クラブ売却に40億ポンド要求

Photo Credit: Gallo Images

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、昨今のスーパーリーグ騒動でファンの怒りを買っているが、その怒りの矛先はクラブオーナーのグレーザー一族に向けられている。

そもそもグレーザー一族とマンUファンの関係は一貫して悪かった。

アメリカ人資産家のグレーザー一族が同クラブを買収したのは2005年。

クラブを単なる投資目的で買収したと考えた地元ファンはこれに大きく反発。市内で抗議デモを行い、新オーナーがスタジアムに入るのを妨害した。

この度のスーパーリーグ騒動は、ファンがグレーザー一族に対してかねてから抱いていた「クラブの伝統を無視した金儲け第一主義」というイメージをより強固なものにしてしまった。

我慢ならない地元ファンは現在グレーザー一族にクラブ売却を要求しているが、当のグレーザー一族にクラブ売却の意思はない。

いくらなら売却を考えるかというメディアの問いに対して、40億ポンド(約6000億円)積まれれば売却を考えると答えたという。

これはグレーザー一族が2005年にマンUを買収した際に支払った額(7.9億ポンド)のおよそ5倍である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/glazers-sell-manchester-united-price-ek-arsenal