Fox SportsとTwitter、W杯中継で連携

Fox Sports

Fox SportsとTwitterは、2022年(男子、カタール開催)と2023年(女子、オーストラリア・ニュージーランド共催)のFIFAワールドカップの試合中継で連携する計画を明らかにした。

試合自体はFox Sportsが持つテレビチャンネルやストリーミングサービスで中継し、試合の前後にはTwitter上でハイライト動画やインタビュー、視聴者とのQ&Aなどを配信するという。

Twitter上での無料配信によってより多くの人々の注目を集め、その人たちをFox Sportsの試合中継に誘導する。同時に、試合前後の配信を通して、新たなスポンサーシップや広告の機会を創造する。これらがFox Sportsの主な狙いである。

Twitterとしても、より多くのユーザーがより長い時間Twitterを利用するというのは大きな利益である。

実際、Twitterは近年、NFLやMLBといったスポーツリーグとストリーミング契約を結んだり、ESPNなどの放送局と提携したりして、スポーツ中継への関与を強めている。

今月4日には、WNBAとのストリーミング契約も更新。シーズンを通じて、ファンがWNBAのチーム・選手と親密になれるような双方向性の高いサービスを提供していく計画である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fox-sports-twitter-world-cup/
https://www.wnba.com/news/wnba-and-twitter-expand-partnership-to-include-twitter-spaces-and-streaming-of-regular-season-games-through-new-multiyear-deal/

セリエA、メタバースで試合中継

Serie A

セリエAは、5月1日に行われたACミラン対フィオレンティーナの一戦を、メタバース上で中継した。

主要なプロサッカーリーグがメタバース上で試合中継を行うのはこれが初めてである。

今回活用されたメタバースはThe Nemesisというプラットフォームで、中東・北アフリカ地域のユーザーが対象となった。

この「中東・北アフリカ」という地域は、セリエAの放映権を永続的に持つメディアパートナーがいないため、今回のような新しい取り組みが比較的しやすい地域である。

セリエAの最高経営責任者であるルイジ・デ・シエルヴォ氏は、「中東・北アフリカ地域は、Z世代が多く存在し、新たな取り組みを抵抗なく受け入れる特性があるため、我々にとって戦略的な地域となっています。我々は2021年5月に最初のNFTをリリースし、その後リッソーネに国際放送センターを建設しました。今回の取り組みはその一連の流れに沿うものです」とコメントした。

ちなみに、今回のイベントには「先着1万人にNFTプレゼント」という特典もついていたという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/serie-a-live-match-metaverse/

Apple、MLBの放映権獲得:スポーツ中継に本格参入か

Apple

Appleは、アメリカとカナダを含む9つの地域におけるMLBの放映権を獲得したことを発表した。

この契約に基づき、2022年シーズンから「Friday Night Baseball」(週に一度行われる金曜夜のダブルヘッダー)は、Apple TV+で独占的に放映されることになる(なお、番組制作はMLBが担当する)。

アメリカ国内におけるネット中継権は元々DAZNが保有していたが、同社はコロナ禍における支出削減のために2020年にこれを手放していた。

AppleにとってMLBとの契約はApple TV+のユーザーを拡大するための施策であり、これを足掛かりに、今後さらなるスポーツ放映権獲得に動く可能性がある。

実際、一部報道によれば、AppleはNFLの放映権にも興味を示しているという。

昨今、テクノロジー企業(Amazonなど)や放送局(ESPNなど)が自前のストリーミングサービスを普及させるために人気コンテンツの放映権を獲得する動きがよく見られる。

この競争のなかで今後Appleがどのような役割を果たしていくのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/apple-tv-mlb-rights-streaming-big-inning/
https://www.apple.com/newsroom/2022/03/apple-and-major-league-baseball-to-offer-friday-night-baseball/

UEFA、ロシア・ウクライナ紛争に関して「状況を注視する」

Photo Source: https://www.palco23.com/competiciones/la-uefa-renueva-su-alianza-con-gazprom-hasta-2024

UEFAチャンピオンズリーグの主要スポンサーの一つにGazpromがある。

同社はロシアのエネルギー会社で1シーズンあたり4000万ユーロ(約51億円)をUEFAに支払っている。

現在ロシアはウクライナで軍事行動を展開しているが、UEFAチャンピオンズリーグの中継ではGazpromの広告が放送される契約になっている。

同大会のイギリスでの放映権を保有するBT Sportは以前、Gazpromの広告を流すことに対する懸念を表明していたが、今回改めて「UEFAとの契約上、UEFAから提供されたUEFAチャンピオンズリーグの広告を放送に含めることが義務付けられている」と発表した。

同様に、ドイツ、オーストリア、カナダでUEFAチャンピオンズリーグの放映権を持つDAZNも、試合中継で流れる広告はコントロールできないと説明した。

一方で、UEFAの広報担当者は「引き続き状況を注意深く監視していく」と述べている。

これはGazpromの広告に限った問題ではない。

それというのも、今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝はロシア西部に位置するサンクトペテルブルクのGazprom Arenaで開催される予定だからだ。

今週初め、イギリスのトラス外務大臣は、イングランドのクラブがロシアで行われるチャンピオンズリーグ決勝に進出した場合、ボイコットするべきだと発言。

また、ジョンソン首相も「主権国家を侵略するロシアでサッカートーナメントを開催することはあり得ない」と発言した。

一部報道によれば、UEFAは決勝戦の開催地変更をすでに決定しているという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/uefa-champions-league-gazprom-sponsorship-russia-ukraine-bt-sport-dazn/

2022年スーパーボウルの広告効果

Photo by Rob Carr/Getty Images

Hive社とElevate Sports Ventures社が行った調査によれば、2022年のスーパーボウル中継で、NFLのスポンサーは合計75分以上の画面露出を獲得し、1億7000万ドル分の広告価値を得たという。

ちなみに前年度は、画面露出時間が104分、広告価値は1億6900万ドルであった。

そのなかでも、ユニフォームを提供するナイキのロゴが画面に映る時間は合計46分で、全スポンサーのなかで最多であった。

NFLのスポンサーではないが、試合が開催されたラムズの本拠地SoFiスタジアムの命名権を持つSoFi社は約1分間の画面露出(約350万ドルの広告価値に相当)があった。

この調査を行ったHive社は、AI技術を活用し、試合中継中に画面に映された企業ロゴを追跡する。

そして「露出時間150秒ごとにおおよそ30秒のCMに相当する価値がある」、「NBCは、30秒のCMに平均650万ドルを請求している」といった情報に基づき、広告価値を算出している。

なお、広告価値の計算には、露出時間だけでなく、画面に表示されるロゴの大きさや画質なども考慮されている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/2022-super-bowl-partner-sponsors-media-value-nike-pepsi-bose/

Apple、スポーツの放映権獲得に大規模投資か:アナリストの見解

投資会社Wedbushは、Appleが今後4年間でスポーツの放映権獲得に「数十億ドル(1100億円以上)を費やす準備をしている」という分析を発表した。

同社は2017年にNFLの「Thursday Night Football」の放映権を獲得し、Amazon PrimeやTwitchといったプラットフォームで試合中継を行ってきた。

2019年には、ニューヨーク・ヤンキースの地方中継を担当するテレビ局YES Networkのオーナーグループに加わり、ヤンキースの試合のストリーミングを開始。

2021年にはWNBAの放映権も獲得しており、また最近の報道によれば、MLBとも2022年レギュラーシーズンの平日開催試合の放映権を巡って交渉中だという。

Wedbushのアナリストであるダン・アイヴズ氏は、Appleによるスポーツ放映権への投資は今後さらに拡大すると見ている。同氏は以下のように語る。

「現在Appleはオリジナルコンテンツに年間70億ドルを費やしており、またバランスシートを見ると、およそ2000億ドルの現金を保有していることがわかります。我々はAppleが今後数年間で多くのスポーツコンテンツの放映権獲得に向けて動くと考えています」

具体的には、NFLの「Sunday Ticket」、NCAAの人気カンファレンス(Big Ten、Pac-12、Big 12など)、NASCAR、NBAなどがターゲットになる可能性があるという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/movers-and-shakers/dazn-shay-segev-ceo-ott-james-rushton/
https://www.macrumors.com/2022/01/14/apple-to-spend-billions-live-sports-content/

NHL、新シーズン中に大幅収入増見込む

Image Source: NHL.com

NHLの2021/22年シーズンが今週12日に開幕する。

NHLは、今シーズンから新チーム「シアトル・クラーケン」が加わり、32チーム体制となる。

コミッショナーのゲイリー・ベットマン氏によれば、同リーグは今シーズン大きな収入増を見込んでいるという。その根拠は以下の通り。

まず、今年3月、NHLはESPNと7年間の放映権契約を結んだ。これにより、年間4億ドル以上の収入が確保された。

その一か月後の4月、NHLはTurner Sportsとも7年間の放映権契約を締結。こちらは年間2億2500万ドルの収入となる。

スポンサーシップでは、昨年に解禁されたヘルメットスポンサーシップに加え、ユニフォームスポンサーシップも導入された。

早速ワシントン・キャピタルズがCaesars Entertainmentと年間600万ドルのユニフォームスポンサー契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-gary-bettman-revenue-2020-21-season/

MLB.TVの視聴分数、過去最高を記録

Image Source: https://www.mlb.com/news/mlb-tv-free-game-of-the-day-indians-angels

2021年のMLBレギュラーシーズンが終了した。

MLBによれば、レギュラーシーズン中に、リーグが運営するストリーミングサービス「MLB.TV」の視聴分数の総計が105億分となり、過去最高を記録したという。

MLB.TVは2002年にサービスが開始され、これまでの総視聴分数の記録は2019年に記録された73.8億分であった。

さらに、MLB.TV史上最も視聴された上位10試合のうち9試合が2021シーズンの試合となったという。

この記録に関してMLBは、歴史的なシーズンを送った大谷翔平選手を初め、多くのスター選手が注目を集めたことが要因であると説明している。

Conviva社のデータによれば、今シーズン、SNS上で最も多くの新規フォロワーを獲得したのはロサンゼルス・エンゼルスであったという。

一方で、MLB.TVは、地域外のファンを対象にしたサービスで、地元チームの試合は視聴不可となっている(テレビ中継の視聴者数を減らさないための措置で「ブラックアウト」と呼ばれる)。

テレビからストリーミングに切り替える人が増えていくなかで、ブラックアウトに対する批判の声も上がっており、これがMLB.TVの今後の課題となるだろう。

参考文献:
https://www.mlb.com/press-release/press-release-mlb-tv-surpasses-10-billion-minutes-viewed-for-first-time-ever-and
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-tv-streaming-records-2021-regular-season/?blocktaxonomy=news

BT Sport、プレミアリーグ中継に新機能を追加

BT Sport

イギリスのスポーツ有料チャンネルBT Sportは、先週末のプレミアリーグ開幕に合わせて、新しい視聴体験を提供し始めた。

今回追加された「ハイプモード(Hype Mode)」という新機能を使うと、シュートが火を噴いたり、ダッシュする選手から煙が出たり、シュートの速度を示す巨大な数字が現れたり、試合中継の画面に様々な映像効果が施される。

BT Sportは、昨シーズンにも「監督モード(Manager Mode)」という新機能を追加し、視聴経験の多様化を図っている。

ちなみに、監督モードを使うと両チームのフォーメーションや、相手陣地での滞在時間などのデータが画面上に表示される。

BT Sportの担当者は「ハイプモードは、競技を台無しにすることなく、子どもや家族に新しいサッカーの視聴体験を提供する国内初の革新的な取り組みです」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/bt-sport-app-hype-mode-feature-premier-league-broadcast

ノートルダム大学が開幕戦をPeacockで独占放送:加速するストリーミングの流れ

Getty Images

カレッジフットボールの人気校ノートルダム大学が、9月11日に行われるホーム開幕戦をNBC UniversalのストリーミングサービスであるPeacockで独占放送することを発表した。

ノートルダム大の試合がテレビではなくストリーミングで独占放送されるのはこれが初めてである。

コードカッティングが進むアメリカの放送局にとって、ストリーミングサービスのコンテンツ拡充と会員獲得は喫緊の課題である。

NBCもその例外ではなく、同社は近年傘下のテレビ局をいくつも閉鎖し、Peacockに注力している

NBCは、8日に閉幕した東京オリンピックでも、一部の競技をPeacockで独占的に放送した。

ストリーミングに注力しているのは放送局だけではない。大学側も独自のプラットフォームを開設し始めている。

ノートルダム大も、今年3月に独自のストリーミングサービス「Fighting Irish TV」を開始し、独自の動画コンテンツを提供している。

今年の開幕戦はPeacockで独占的に放送されるが、これがきっかけとなり、ファンの間にストリーミングがより浸透すれば、Fighting Irish TVの登録者数の増加に繋がるかもしれない。

今回の決定にはそういった思惑もある。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/notre-dame-football-toledo-streaming-nbc-peacock