シアトル・クラーケン、本拠地を披露

Getty Images

今シーズンからNHLに新規参入したシアトル・クラーケンは、本拠地「クライメイト・プレッジ・アリーナ(Climate Pledge Arena)」での初戦を行った。

同アリーナのネーミングライツ(命名権)はAmazonが購入したが、同社は、社名や製品名ではなく「クライメイト・プレッジ(Climate Pledge)」という名を冠した。

これはAmazonが2019年に始めた環境問題に対する取り組みで、「2040年までに温室効果化ガスの実質ゼロ」を掲げている。

通常は企業の認知度やイメージ向上のために利用される施設命名権を、気候変動への関心を高めるために利用したのである。

これに従い、同アリーナに関する様々な取り決めも持続可能性が念頭に置かれている。

たとえば、2024年までにアリーナでの廃棄物をゼロにすること、食料を地元で調達すること、使い捨てのプラスチックをすべて排除すること、アイスリンクに雨水を再利用すること、会場の電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことなどが言及されている。

このアリーナのもう一つの特徴が、各所に応用されているAmazonの新技術である。

たとえば、「Just Walk Out」という技術が使われたショップでは、顧客は会計なしで買い物を済ませることができる。

顧客は、店舗の入り口でクレジットカードを入力し、あとは欲しいもの(グッズや食べ物・飲み物)を持って店を出るだけで取引が自動的に完了するようになっている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/seattle-kraken-nhl-tech-amazon-climate-pledge-arena-tech/?blocktaxonomy=technology

デビルズとプルデンシャル社による前例のない取り組み

Getty Images

ニュージャージー・デビルズと保険大手のプルデンシャル・ファイナンシャル社は、他に類を見ないユニークな取り組みを始める。

両者は2020年12月にヘルメットスポンサー契約を結び、それ以来、デビルズのヘルメットにはプルデンシャル社のロゴがついている。

今週プルデンシャル社は、そのロゴスペースを黒人が経営する地元企業に寄付すると発表した。

現在申請を募っており、見事採用された企業は、2021/22年シーズンの13試合において、デビルズのヘルメットに無料でロゴを掲載することができる。

これに加えて、プルデンシャル社による財務状況のカウンセリング、マーケティングやビジネスに関するコンサルティング、広告の露出、人脈を広げる機会なども約束された。

この取り組みは、ニュージャージー州の黒人起業家を支援し、ビジネスチャンスを拡大することを目的とした「Buy Black」というプログラムの一環として行われる。

デビルズのジェイク・レイノルズ社長は「プルデンシャル・ファイナンシャル社とのパートナーシップは、スポーツとエンターテイメントの力を増幅させ、私たちのコミュニティに意味のある変化をもたらすものです」と語った。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/new-jersey-devils-prudential-helmet-sponsorship-black-businesses-nhl/

NHL、新シーズン中に大幅収入増見込む

Image Source: NHL.com

NHLの2021/22年シーズンが今週12日に開幕する。

NHLは、今シーズンから新チーム「シアトル・クラーケン」が加わり、32チーム体制となる。

コミッショナーのゲイリー・ベットマン氏によれば、同リーグは今シーズン大きな収入増を見込んでいるという。その根拠は以下の通り。

まず、今年3月、NHLはESPNと7年間の放映権契約を結んだ。これにより、年間4億ドル以上の収入が確保された。

その一か月後の4月、NHLはTurner Sportsとも7年間の放映権契約を締結。こちらは年間2億2500万ドルの収入となる。

スポンサーシップでは、昨年に解禁されたヘルメットスポンサーシップに加え、ユニフォームスポンサーシップも導入された。

早速ワシントン・キャピタルズがCaesars Entertainmentと年間600万ドルのユニフォームスポンサー契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-gary-bettman-revenue-2020-21-season/

「女子スポーツのファン」と「男子スポーツのファン」、どう違う?

Photo Credit: MATT SLOCUM | AP

スポーツマーケティング代理店のThe Space Between社は、興味深い調査結果を発表した。

このなかで同社は、女子スポーツと男子スポーツのファンを比較している。
*なお、「女子スポーツ」「男子スポーツ」はアスリートの性別を示しており、ファンの性別は関係ない。

主な調査結果は以下の通り。

・女子スポーツのファンは、スポンサー企業を正しく記憶している割合が、男子スポーツのファンよりも2倍高い。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンに比べて、スポンサー製品を購入する傾向が25%高い。
・「スポンサー企業は社会をよりよくするために取り組むべきだ」という文言に対して、女子スポーツのファンは50%が「強い同意」を示した一方、男子スポーツのファンで「強い同意」を示したのは20%であった。
・女子スポーツのファンの40%は、スポンサー企業が自分の価値観を反映していることが非常に重要であると考えているのに対し、男子スポーツのファンは20%がそのように考えていた。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンよりもテクノロジーに精通している。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンよりも環境問題に関心が高い。

これらの結果を踏まえ、The Space Betweenのアダム・レインコック氏は「ファンがそのスポーツとどのように接するのかということに関して、女子スポーツと男子スポーツで根本的な違いがあります」と説明した。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/womens-sport-study-space-between-audience-fans-sponsorship/

NHL初のユニフォームスポンサー契約

Photo Source: NHL.com

ワシントン・キャピタルズは、Caesars Entertainmentと複数年のユニフォームスポンサー契約を結んだ。

2022/23年シーズンから、本拠地で着用されるユニフォームに「Caesars Sportsbook」のロゴがつけられる。

NHLにおけるユニフォームスポンサーは先月解禁されたばかりで、これが第一号の契約となる。

ラスベガスに本社を置くCaesars Entertainmentは全米に50以上のカジノ、ホテル、ゴルフコースを保有し、近年はスポーツベッティング関連のサービスにも力を入れている。

今年5月には、キャピタルズの本拠地のなかにもスポーツベッティングスペースを新設している。

また、スポーツスポンサーシップにも積極的で、今年7月にはニューオーリンズ・セインツの本拠地のネーミングライツを購入した。契約は20年1億3800万ドル(約154億円)とも言われている。

Photo Source: Neworleanssaints.com

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/washington-capitals-caesars-sportsbook-jersey-patch-sponsorship/
https://www.reviewjournal.com/business/casinos-gaming/caesars-saints-set-to-ink-138m-deal-for-superdome-naming-rights-2404665/

座席に飲食デリバリー

AP Photo/Susan Walsh

ワシントン・フットボール・チームは、フードデリバリーのGrubhubと業務提携を結び、飲食のデリバリーサービスを始めた。

試合観戦に訪れた観客は、座席から飲食を注文し、それを座席で受け取ることができるようになる。

なお、飲食の注文には、Grubhubのアプリか、座席裏にあるQRコードが活用される。

このサービスを導入したことで、同スタジアムにおける飲食の待ち時間が半減したという。

Grubhubは、サッカーのCONCACAFゴールドカップでも同様のサービスを提供しており、スポーツ組織との業務提携は、これが2つ目となる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/washington-football-team-nfl-grubhub-fedex-field-denver-broncos-mattress-firm/?blocktaxonomy=news

レイカーズ、Bibigoとユニフォームスポンサー契約

Photo Source: Los Angeles Lakers

ロサンゼルス・レイカーズは、韓国の食品会社であるBibigoと、ユニフォームスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

NBAのユニフォームスポンサーのうち、Bibigoは唯一の食品会社、そして唯一の韓国企業となる。

ロサンゼルスタイムズ紙によると、契約は5年総額1億ドル(年間2000万ドル)以上になると見られる。

ちなみに、昨年までレイカーズがWish社と結んでいたユニフォームスポンサー契約は年間1200~1400万ドルと言われているので、レイカーズは年間600万ドル以上の収入増が見込める計算になる。

Bibigoは、ユニフォームスポンサーに加えて、レイカーズの公式グローバルスポンサーにも指名された。

今回の契約に基づき、レイカーズは、アリーナ内やウェブサイト上でBibigoの宣伝を行う。また、Bibigoとレイカーズと共同で独自のコンテンツ制作やファンサービスの拡充を図る。

今回の契約についてレイカーズの担当者は以下のようにコメントしている。

「彼らは世界的なブランドであり、韓国の食と文化を先導しています」

「食品を介して世界中のファンとのつながりを作ろうとしている企業と提携できるのは、非常に良いことだと思いますし、Bibigoと素晴らしい関係を築くことを楽しみにしています」

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la-lakers-bibigo-jersey-patch-sponsor-global-marketing-rights/

マンチェスター・シティ、WeWorkと業務提携

Photo Source: https://www.mancity.com/news/club/wework-partnership-launch-63767212

WeWork社は、マンチェスター・シティと業務提携を結び、同クラブのオフィシャルワークプレイスパートナーとなることを発表した。

WeWork社は世界中に800を超えるオフィススペースを保有しており、それを利用者に貸し出すサービスを提供している。

今回の契約に基づき、マンチェスター・シティの従業員は、イギリスおよびシンガポールでWeWork社が管理するすべてのオフィススペースを利用することが許される(その他の国においても、一部のWeWork社のオフィススペースが利用可能になる)。

リモートワークが浸透するなかで、WeWorkのように個人にワークスペースを貸し出すビジネスが拡大していること、そして人気スポーツクラブが海外にクライアントやファンを増やしていることなどを考えれば、このような契約が今後増えていくことも考えられる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/manchester-city-wework-office-space-partnership-deal-premier-league/

NFL、ロンドン興行のメインスポンサーを追加

https://www.nfl.com/uk/london-games

NFLは、ネット自動車販売のCinchと業務提携を結んだ。同社は来月10日と17日に開催されるNFLロンドン興行のメインスポンサーとなる。

ちなみに、この役目はこれまでファーストフードチェーンのSubwayが務めてきた。

この契約に基づき、Cinchのブランドロゴはロンドン興行の会場で表示され、Sky Sportsによるイギリス国内のNFL中継やNFL専門チャンネルなどでも同社の広告が流れる。

またCinchは、イギリス在住のNFLファンを対象に、来年2月に開催されるスーパーボウルの観戦チケットを懸けたキャンペーンも展開する予定だ。

Cinchの親会社会長であるアヴリル・パーマー・バウナック氏は「これはCinch にとって意義深く非常に喜ばしい契約です。NFLはイギリスとヨーロッパにおいて非常に人気があり、年々素晴らしい成長を遂げています」とコメント。

Cinchは10ヶ月前に設立されたばかりの企業だが、すでに10億ポンド(約1520億円)の投資を集め、スポーツにも積極的に関与している。

たとえば、同社は、イングランド・ウェールズ・クリケット協会、トッテナム・ホットスパー、スコットランド・プロフェッショナル・フットボールリーグ、ローンテニス協会、ノーサンプトン・セインツなどとスポンサー契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-london-games-cinch-presenting-sponsor/

NFL、ロンドン興行のメインスポンサーを追加

NFLは、ネット自動車販売のCinchと業務提携を結んだ。同社は来月10日と17日に開催されるNFLロンドン興行のメインスポンサーとなる。

ちなみに、この役目はこれまでファーストフードチェーンのSubwayが務めてきた。

この契約に基づき、Cinchのブランドロゴはロンドン興行の会場で表示され、Sky Sportsによるイギリス国内のNFL中継やNFL専門チャンネルなどでも同社の広告が流れる。

またCinchは、イギリス在住のNFLファンを対象に、来年2月に開催されるスーパーボウルの観戦チケットを懸けたキャンペーンも展開する予定だ。

Cinchの親会社会長であるアヴリル・パーマー・バウナック氏は「これはCinch にとって意義深く非常に喜ばしい契約です。NFLはイギリスとヨーロッパにおいて非常に人気があり、年々素晴らしい成長を遂げています」とコメント。

Cinchは10ヶ月前に設立されたばかりの企業だが、すでに10億ポンド(約1520億円)の投資を集め、スポーツにも積極的に関与している。

たとえば、同社は、イングランド・ウェールズ・クリケット協会、トッテナム・ホットスパー、スコットランド・プロフェッショナル・フットボールリーグ、ローンテニス協会、ノーサンプトン・セインツなどとスポンサー契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-london-games-cinch-presenting-sponsor/

ブレーブス、学生アスリートと業務提携

ATLANTA, GEORGIA – MARCH 26: A general view of The Battery Atlanta connected to Truist Park, home of the Atlanta Braves, on March 26, 2020 in Atlanta, Georgia. Major League Baseball has postponed the start of its season indefinitely due to the coronavirus (COVID-19) outbreak. (Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

アトランタ・ブレーブスは、レイチェル・バウマン(ジョージア大学、体操部)とジョーダン・イェーツ(ジョージア工科大学、アメフト部)と業務提携を結んだ。

今後、両選手は、ブレーブスの試合を観戦する様子をSNSに投稿する等の広報活動を行う。

先月7日にNCAAがNIL規則を変更し、学生アスリートのエンドースメント契約が解禁されると、ブレーブスはInstagramで学生アスリートに提携を呼びかけた。

応募条件は、地元の大学に通う学生アスリートであること、ブレーブスのファンであること、そしてSNSをよく使っていること。

この投稿には2000件以上のコメントが寄せられ、約500人の応募者の中から最終的にバウマン選手とイェーツ選手が選ばれた。

MLBチームがこのような契約を学生アスリートと結ぶのはこれが初。

今月初めには、フロリダ・パンサーズ(NHL)が、マイアミ大学アメフト部のデリック・キング選手との業務提携を発表している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/atlanta-braves-mlb-ncaa-nil-deals-rachel-baumann-jordan-yates-georgia-tech