UCLA・USC脱退の余波

Aug 31, 2018; Madison, WI, USA; Big Ten logo on yardage markers during warmups prior to the game betwee the Western Kentucky Hilltoppers and Wisconsin Badgers at Camp Randall Stadium. Mandatory Credit: Jeff Hanisch-USA TODAY Sports

前回の投稿で説明した通り、UCLAとUSCが2024年にPac-12から脱退し、Big Tenに加入することが明らかになった。

これが関係各所に影響を与えている。

一部報道によれば、名門2校の脱退を受けて、Pac-12に所属する他の大学も他カンファレンスへの移籍を検討しているという。さらに、近い将来、Pac-12自体が解散する可能性まで指摘されている。

一方のBig Tenは所属校が16校に増え、地理的な範囲も大きく広がった。これは同カンファレンスのビジネスに好影響を及ぼす。

たとえば、現在Big Tenは、2023年以降の放映権契約を交渉している。

最終的には3社との契約になる見通しで、FoxとCBSはほぼ確定、残り一枠をESPN、Amazon、NBCが争っているという。

これらすべての契約金を合わせた放映権収入は年間10億ドルに達すると見られている(現行の契約はFoxとESPNとの契約で、年間4.4億ドル)。

さらに、UCLA・USCの加入を受けて、AppleがBig Tenのストリーミング放映権に興味を示していると報じられている。

現在、収益面では、Big TenとSECが二大カンファレンスであり、Pac-12、ACC、Big 12がそれを追う形になっているが、その差はさらに拡大していく可能性が高い。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/big-ten-conference-usc-ucla-apple-broadcast-rights-pac-12-college-sports/

Apple、MLSと巨大放映権契約

AppleがMLSと10年間の放映権契約を結び、サッカー中継に参入することが明らかになった。

今回の契約では、MLSの全試合が対象となり、一部報道によれば、契約金は年間2億5000万ドルに及ぶという。

Appleはこれらの試合を同社のストリーミングサービスApple TVを通じて全世界に向けて中継する予定で、試合中継の他にもハイライトや分析、その他の関連コンテンツも放送するという。

Appleは最近MLBとも放映権契約を結んでおり、主要スポーツリーグとの放映権契約はこれが二例目となる。

Appleのサービス担当上級副社長エディ・キュー氏は、2026年FIFAワールドカップがアメリカ、カナダ、メキシコで共催されることにも言及し、「MLSとAppleが共に素晴らしいことを成し遂げるために、非常に大きな契約です」とコメント。

さらに同氏は「主要スポーツリーグの全試合が一つのところで視聴できるというのは異例でしょう。ブラックアウト(地元チームのホームゲームをネット観戦できないこと)なし。一切の制約なし。これはとてもいいことでしょう」と付け加えた。

昨今、各スポーツリーグが様々なストリーミングサービスを通じて試合中継を行っているが、それぞれに複雑な制約があり、ファンの混乱や反発を招いている。

その最たる例がMLBで、自前のストリーミングサービスMLB.TVを初め、ESPN+、Peacock、YouTube、そしてApple TV+で試合中継をしている。

キュー氏の発言は、「ややこしいこと抜きで、すべての試合を見られるところを一つにまとめてほしい」というファンの声をAppleが契約に反映されたというアピールなのである。

参考文献:
https://theathletic.com/news/mls-tv-deal-espn-apple-univision/cbC0ubEBpHsb/
https://www.sportspromedia.com/news/apple-mls-broadcast-rights-deal-global-streaming/

XFL、ESPNと放映権契約

アメリカンフットボールのプロリーグXFLは、Disneyと5年間の放映権契約を締結したことを発表した。

同リーグは、2001年に発足したが、1シーズンで活動休止

2020年にブランドイメージやルールを刷新して再始動したが、コロナ禍の影響をもろに受けてわずか5週間で活動休止、のちに破産を申請した

その後、元プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソン氏がリーグを買収し、2023年の再始動に向けて準備を進めている。

今回のDisneyとの契約に基づき、XFLの2023年シーズン全43試合が、Disney傘下のESPN、FX、ABCといったテレビ局とESPN+を初めとするストリーミングチャンネルで放送されることになる。

この契約に関してジョンソン氏は「これはXFLにとって決定的な瞬間で、リーグにとって素晴らしい長期的なパートナーシップの始まりです。この関係は、私が長年キャリアを通じて築いてきたDisneyとの非常に友好な関係の上に積み上げられるものです」とコメントしている。

なお、新シーズンの開幕戦は2月18日に予定されている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/xfl-espn-disney-broadcast-tv-rights-dwayne-johnson-2023-relaunch/

Fox SportsとTwitter、W杯中継で連携

Fox Sports

Fox SportsとTwitterは、2022年(男子、カタール開催)と2023年(女子、オーストラリア・ニュージーランド共催)のFIFAワールドカップの試合中継で連携する計画を明らかにした。

試合自体はFox Sportsが持つテレビチャンネルやストリーミングサービスで中継し、試合の前後にはTwitter上でハイライト動画やインタビュー、視聴者とのQ&Aなどを配信するという。

Twitter上での無料配信によってより多くの人々の注目を集め、その人たちをFox Sportsの試合中継に誘導する。同時に、試合前後の配信を通して、新たなスポンサーシップや広告の機会を創造する。これらがFox Sportsの主な狙いである。

Twitterとしても、より多くのユーザーがより長い時間Twitterを利用するというのは大きな利益である。

実際、Twitterは近年、NFLやMLBといったスポーツリーグとストリーミング契約を結んだり、ESPNなどの放送局と提携したりして、スポーツ中継への関与を強めている。

今月4日には、WNBAとのストリーミング契約も更新。シーズンを通じて、ファンがWNBAのチーム・選手と親密になれるような双方向性の高いサービスを提供していく計画である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fox-sports-twitter-world-cup/
https://www.wnba.com/news/wnba-and-twitter-expand-partnership-to-include-twitter-spaces-and-streaming-of-regular-season-games-through-new-multiyear-deal/

Netflix、スポーツ中継ビジネス参入には否定的

Getty Images

Netflixの顧客数が2022年の第1四半期に20万人減少したことが明らかになった。さらに同社は、第2四半期中にも200万人の顧客を失うと見られている。

この減少の背景には、Netflixがロシアからの撤退を決定した(それによりロシア国内の顧客を失った)ことや、競合サービスの台頭などがある。

たとえば、Amazon Prime VideoやApple+などは、映画やドラマに加え、スポーツ中継の分野にも参入し、コンテンツと顧客基盤の多様化を図っている。

当のNetflixも、F1のドキュメンタリー番組「Drive to Survive」が成功を収めており、コンテンツとしてのスポーツの魅力は認識している。

しかしNetflixのCEOであるテッド・サランドス氏は、同社がスポーツ中継に参入する計画はないと明言した。

同氏は「スポーツ中継を追加することで、大きな利益の流れができるのかどうか、確信が持てないのです」とその理由を説明。

一方でサランドス氏は、会社の見方が変われば、将来的にスポーツ中継を始める可能性を否定しなかった。

「我々には成長を続けるスポーツドキュメンタリーという素晴らしいビジネスがあります。ですので、『スポーツ中継には絶対に手を出さない』とは言いません。ただ、それによって大きな収入・利益につながるという道筋が明確に見えなくてはいけないのです」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/netflix-live-sports-broadcast-rights-ted-sarandos-subscribers/?blocktaxonomy=news

NFLが自前のストリーミングサービス「NFL+」を開発中

Yahoo Sports

NFLが自前のストリーミングサービスを開発中であることが明らかになった。

新サービス「NFL+」では、モバイル等での試合観戦に加え、ラジオ・ポッドキャストや各チームの独自コンテンツも視聴できるサービスになる予定。現時点での価格設定は月額5ドル程度だという。

リーグ担当者は「ここでのテーマは、今後数年間で、NFLがより大規模に消費者と直接つながる形をつくるということです」とコメントした。

これまでNFLは、Yahoo SportsやTwitterなどと短期的に業務提携を結び、モバイル上(携帯電話・タブレットなど)で試合配信を行ってきたが、現在はそういったパートナーがいない。

より持続的・安定的にモバイルでの試合配信サービスを提供する手段として、リーグ自らがプラットフォームを立ち上げるという結論に至ったようだ。

一方で、NFLは、モバイル上での試合配信を行うパートナーを探し、そこで良い契約を結ぶための手段としてNFL+開発を発表したと推測する関係者もいる。

いずれにしても、NFL+は未だ開発の初期段階で、オーナーからの承認を得るのは早くても5月以降になる見込み。今後の動向に注目が集まる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-plus-ott-streaming-service-ticketmaster-westwood-one/

Apple、MLBの放映権獲得:スポーツ中継に本格参入か

Apple

Appleは、アメリカとカナダを含む9つの地域におけるMLBの放映権を獲得したことを発表した。

この契約に基づき、2022年シーズンから「Friday Night Baseball」(週に一度行われる金曜夜のダブルヘッダー)は、Apple TV+で独占的に放映されることになる(なお、番組制作はMLBが担当する)。

アメリカ国内におけるネット中継権は元々DAZNが保有していたが、同社はコロナ禍における支出削減のために2020年にこれを手放していた。

AppleにとってMLBとの契約はApple TV+のユーザーを拡大するための施策であり、これを足掛かりに、今後さらなるスポーツ放映権獲得に動く可能性がある。

実際、一部報道によれば、AppleはNFLの放映権にも興味を示しているという。

昨今、テクノロジー企業(Amazonなど)や放送局(ESPNなど)が自前のストリーミングサービスを普及させるために人気コンテンツの放映権を獲得する動きがよく見られる。

この競争のなかで今後Appleがどのような役割を果たしていくのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/apple-tv-mlb-rights-streaming-big-inning/
https://www.apple.com/newsroom/2022/03/apple-and-major-league-baseball-to-offer-friday-night-baseball/

レアル・マドリード、ストリーミングに拡張現実導入

レアル・マドリードは、自前のストリーミングサービス「Real Madrid TV」を運営しているが、これに新たに拡張現実視聴オプションを追加した。

視聴者はNrealが販売する特殊なメガネをかけ、それをAndroidスマートフォンに接続し、コントローラとして使用する。これによって通常よりも没入感のある視聴体験を楽しむことができる。

消費者向けのストリーミングサービスに拡張現実が統合されるのはこれが初である。

Research & Marketsの調査によると、世界の各超現実産業は770億ドルの市場価値があり、2025年まで毎年38%以上の成長が見込まれている。

レアル・マドリードが提携しているNrealに加え、Apple、Meta、Microsoftなどがこの分野で事業を展開している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/real-madrid-tv-augmented-reality-ar-cinedigm-nreal/

Apple、スポーツの放映権獲得に大規模投資か:アナリストの見解

投資会社Wedbushは、Appleが今後4年間でスポーツの放映権獲得に「数十億ドル(1100億円以上)を費やす準備をしている」という分析を発表した。

同社は2017年にNFLの「Thursday Night Football」の放映権を獲得し、Amazon PrimeやTwitchといったプラットフォームで試合中継を行ってきた。

2019年には、ニューヨーク・ヤンキースの地方中継を担当するテレビ局YES Networkのオーナーグループに加わり、ヤンキースの試合のストリーミングを開始。

2021年にはWNBAの放映権も獲得しており、また最近の報道によれば、MLBとも2022年レギュラーシーズンの平日開催試合の放映権を巡って交渉中だという。

Wedbushのアナリストであるダン・アイヴズ氏は、Appleによるスポーツ放映権への投資は今後さらに拡大すると見ている。同氏は以下のように語る。

「現在Appleはオリジナルコンテンツに年間70億ドルを費やしており、またバランスシートを見ると、およそ2000億ドルの現金を保有していることがわかります。我々はAppleが今後数年間で多くのスポーツコンテンツの放映権獲得に向けて動くと考えています」

具体的には、NFLの「Sunday Ticket」、NCAAの人気カンファレンス(Big Ten、Pac-12、Big 12など)、NASCAR、NBAなどがターゲットになる可能性があるという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/movers-and-shakers/dazn-shay-segev-ceo-ott-james-rushton/
https://www.macrumors.com/2022/01/14/apple-to-spend-billions-live-sports-content/

ファン・コントロールド・フットボール、45億円超の資金調達

2021年にスタートしたファン・コントロールド・フットボール(Fan Controlled Football:FCF)は、第2シーズンを前に4000万ドル(約45.7億円)の資金調達を行った。

FCFは、室内で行われる7対7のプロフットボールリーグである。

その名の通り、ファンが様々な決定(チーム名、リーグのルール、フィールドでの個々のプレーなど)をコントロールできる。

たとえば、「クォーターバックはパスかランのどちらを選択するべきか」、「パスであればレシーバーはどのように動くべきか」といったファン投票が毎プレー前に行われ、そのt投票結果がすぐさまフィールド上に反映される。

この相互性が話題となり、昨シーズンの開幕戦では、ファンの投票が25万回を超え、ストリーミングサイトTwitchで1000万回以上の視聴回数を確保した。

4月に始まる2022年シーズンは、チーム数が4から8に倍増し、DAZNでの試合中継も始まる。

レギュラーシーズンおよびプレーオフの全試合が200以上の国と地域で配信される予定だ。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fcf-series-a-funding-nft-bored-ape-gutter-cat-gang-delphi-animoca/
https://www.fcf.io/how-it-works