新チーム「カンザスシティ・カレント」②

カンザスシティ・カレントは、クラブ名・ロゴの発表とともに、同クラブ専用のスタジアムを建設する計画も発表した。

アメリカの女子サッカークラブが専用スタジアムを持てば、史上初である。

カレントは、すでにスタジアム建設地のリース(50年契約)を確保し、設計・施工の担当企業も決定している。

新スタジアムは11,000席、建設費用は約7000万ドル(約80億円)になる予定で、オーナーグループが全額を出資するという。

建設スケジュールに関して公式な発表はなかったが、報道によれば2022年春か夏に着工し、2024年の完成を目指しているという。

共同オーナーであるアンジー・ロング氏は、「ワールドクラスの施設は、プロスポーツが変革するための『触媒』となります」とコメント。

「特に、女子スポーツは今、凄まじい勢いを持っています。このような大規模スタジアムを建設することによって、女子サッカーおよび地元地域が恩恵を受けられるよう、主要な役割を果たせることをとても誇りに思います」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-nwsl-new-stadium-womens-football/

座席に飲食デリバリー

AP Photo/Susan Walsh

ワシントン・フットボール・チームは、フードデリバリーのGrubhubと業務提携を結び、飲食のデリバリーサービスを始めた。

試合観戦に訪れた観客は、座席から飲食を注文し、それを座席で受け取ることができるようになる。

なお、飲食の注文には、Grubhubのアプリか、座席裏にあるQRコードが活用される。

このサービスを導入したことで、同スタジアムにおける飲食の待ち時間が半減したという。

Grubhubは、サッカーのCONCACAFゴールドカップでも同様のサービスを提供しており、スポーツ組織との業務提携は、これが2つ目となる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/washington-football-team-nfl-grubhub-fedex-field-denver-broncos-mattress-firm/?blocktaxonomy=news

ベアーズ、競馬場を買収か

シカゴ・ベアーズは、本拠地ソルジャー・フィールドから1時間弱の距離にあるアーリントン国際競馬場の買収に動いた。新スタジアム建設のための土地確保との見方が強い。

ソルジャー・フィールドは、NFLの本拠地としては最古(1924年オープン)で最小(収容人数:6万1500人)。

ベアーズは1980年代にもシカゴ郊外にスタジアムを建設する可能性を探ったことがあったが、結局ソルジャー・フィールドを改修することで落ち着いた。

ベアーズ会長のテッド・フィリップス氏は「私たちは先日、アーリントン国際競馬場の敷地を購入するための入札を行いました。ベアーズの将来にとって何が最善なのか。あらゆる可能性、選択肢を検討することが我々の義務です」とコメント。土地の用途に関する明言は避けた。

仮にベアーズが本当に新スタジアム計画を持っていたとしても、クリアすべき課題はある。

まず、競馬場の買収を確定させること。

会長のコメントにあるように、現状はまだ入札が済んだ段階。報道によれば、ベアーズの他に10弱の入札があったとのこと。まずはこの競争に勝たなくてはならない。

次に、ソルジャー・フィールドとの契約問題を解決すること。

現行のリース契約は2033年まで有効で、この契約の満了を待たずに本拠地を変えることは難しい。実際、シカゴ市長のローリ・ライトフット氏は「NFLはクラブがリース契約を破棄することを認めない」と発言している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/chicago-bears-arlington-racecourse-offer-new-stadium-soldier-field-nfl
https://chicago.cbslocal.com/2021/06/17/chicago-bears-bid-arlington-racecourse/

オークランド・アスレチックス、移転を検討

Photo Source: MLB.com

先週月曜日、MLBはオークランド・アスレチックスに本拠地の移転を検討するよう通知した。

その理由は以下の通りである。

アスレチックスは本拠地であるRingCentral コロシアム(通称「コロシアム」)とのリース契約が2024年に失効する。

しかし、アスレチックスは同スタジアムとの契約を更新する意思はなく、代わりに新スタジアム建設を望んでいた。

ちなみに、コロシアムとの契約更新を望まない理由として、以下のような点を挙げている。
・スタジアムが古く(1966年オープン)、試合中に照明が消えるトラブルなどが発生している。
・アクセスが悪い。スタジアムは住民が徒歩や自転車などで簡単に来られる場所が望ましい。

これらの問題点を解消するため、アスレチックスはオークランドのダウンタウン近くに新スタジアムを建設する計画をオークランド市に提出した。

しかし、その後、市からの決定がなかなか出ず、ついにMLBが「MLBは、アスレチックスの新スタジアム計画に関するオークランド市および関係者との決定が遅いことを憂慮しています」とコメントするに至ったわけである。

ちなみに、これは公式発表ではないが、一部報道によれば、アスレチックスの移転先として最も有力なのはラスベガス(ネバダ州)で、ポートランド(オレゴン州)、ナッシュビル(テネシー州)、あるいはカナダの大都市(バンクーバーやモントリオールなど)もあり得るという。

参考文献:
https://www.mlb.com/news/oakland-a-s-to-explore-relocation
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-oakland-athletics-relocate-coliseum-las-vegas

メルセデスベンツ・スタジアム、洗浄・除菌のためにドローンを導入

Mercedes-Benz Stadium

メルセデスベンツ・スタジアムは、現在、アトランタ・ファルコンズ(NFL)とアトランタ・ユナイテッドFC(MLS)の試合を開催している。

10月11日の試合からは観客の来場も再開する予定で、コロナウイルスの感染対策が課題となる。

そこでメルセデスベンツ・スタジアムはLucid Drone Technologies社と提携し、ドローンを活用した座席の洗浄・除菌を始めた。

公式発表によれば、これによって座席の洗浄・除菌にかかる時間が95%削減できるという。また、手作業では届きにくいエリアの洗浄・除菌も効率よく行える。

メルセデスベンツ・スタジアムは、他にも、600個の手指消毒剤を用意するなど、感染対策を徹底している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/atlanta-falcons-mercedes-benz-stadium-drones-cleaning-fans-return

Google、SoFiスタジアムのスポンサーに

Source: SoFi Stadium

先週金曜日、Googleは、今年オープンしたばかりのSoFiスタジアムと同スタジアムを使用するNFLの2チーム(ロサンゼルス・ラムズとロサンゼルス・チャージャーズ)とそれぞれスポンサー契約を結んだことを発表した。

今後、SoFiスタジアムで行われる取引や消費経験に関するデータを収集・管理するためにGoogleが持つ様々な技術が活用される。

たとえば「パーソナル・コンシェルジュ」というアプリは、消費者がSoFiスタジアムで開催されるイベントを検索し、チケットを購入し、来場時に飲食を注文するために活用される。そして、そういったアプリ上の行動が全て顧客情報として回収される。

また、Googleが所有するYouTubeはラムズ、チャージャーズ、SoFiスタジアムの「オフィシャル・ビデオ・ストリーミング・スポンサー」となった。今後ラムズおよびチャージャーズの試合やその他SoFiスタジアムで開催されるイベントがストリーミングされる際にはYouTubeが活用される。

その他にも、映像技術やネット環境を整えることで、来場者が試合のリプレイや様々なカメラアングルからの映像などを携帯電話で楽しめるようにすることなどが発表された。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/google-youtube-la-rams-chargers-sofi-stadium-nfl-sponsorship

チーフス、アローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化

Photo by David Eulitt/Getty Images

昨シーズンのNFLチャンピオン、カンザスシティ・チーフスが本拠地のアローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化することがわかった。

チーフスは、NFLとも業務提携を結んでいるTappit社のモバイル支払い技術を導入し、スタジアム内のコンセッションやグッズの購買をすべてスマートフォンでできるようにする。

キャッシュレス化には、混雑解消や顧客データの獲得といったメリットがある。さらに、顧客とスタッフとの接触を減らすことで、コロナウイルスの感染リスクを減らす効果も期待される。

チーフス副社長のタイラー・エップ氏は「新シーズンに向けた準備をする上で、私たちは選手、スタッフ、そしてファンの健康と安全を保障します。Tappit社のシステムを用いたキャッシュレス化によって、我々は人と人との接触を最小限に抑え、ファンを安全にアローヘッド・スタジアムに迎えることができます」と語る。

Tappit社はNFLおよびチーフスの他に、プレミアリーグのマンチェスターシティやフォーミュラワンとも業務提携を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-chiefs-arrowhead-stadium-cashless-payments-tappit

空席マネジメント:SeatGeekの新サービス

アメリカでは一部スポーツイベントが再開したが、観客の入場はまだ解禁されていない。今後それが解禁された場合も、入場規制がかかることが予想される。

そこで重要になるのが、「どの席を空席にするのか」という問題である。

コロナウイルス感染のリスクを最小限に抑えつつ、観戦価値や収益を最大化するためにはどの席を開放するべきか。

この課題解決を手助けするべく、SeatGeekが新たなサービスを始めた。

チケットの二次市場を運営するSeatGeekは、各座席におけるファンの入場時間や飲食・グッズ購入履歴といったデータを何年にも渡って収集してきた。

今回、その膨大なデータを基にプラットフォームを作成。空席のパターンを変えることで、ファンの感情や購買行動にどのような影響があるかをシミュレーションしてくれる。

また、このプラットフォームは、各リーグおよび自治体が設定するソーシャルディスタンスに関する規則が反映させているため、空席のパターンがその規則を守っているかを確認することもできる。

SeatGeekのラス・デスーザ氏は「リーグ、チーム、そして地域によって規則や目的が異なります」と言う。「そのクライアントにどのような制約があって、どのような意思決定をしたいのか、それらを踏まえた上で、最適の方法を見つけることができます」

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/06/22/Facilities/SeatGeek.aspx

コロナ禍のスタジアム活用法②カナポリス・キャノンボーラーズの例

シカゴ・ホワイトソックス傘下のマイナーリーグ球団カナポリス・キャノンボーラーズも、コロナ禍にスタジアムを有効活用しているチームの一つだ。

キャノンボーラーズの本拠地「アトリアムヘルス・ボールパーク(Atrium Health Ballpark)」は、市が所有する公共施設である。したがって、試合のない日は住民に無料で開放されることになっている。

スタジアムの解放感や楽し気な雰囲気は、それ自体がアトラクションとなる。外出自粛によるストレスが溜まった状況ではなおさらだ。

実際、同スタジアムには毎週末1000人あまりの住民が訪れ、ランチを食べたり施設を見て回ったりしている。

キャノンボーラーズは、この機会を生かすために、コンセッションとチームストアを開き、飲食やグッズを販売している。

同チームによれば、来場者一人当たり約16ドルを消費していくそうだ。

キャノンボーラーズGMのマット・ミルワード氏は「この反応は我々の予想をはるかに超えています」と言う。

「我々は業務提携を結んでいるAppetize社とともに、接触の一切ないセルフサービスのコンセッションを運営しています。ファンは食べたいものを入力し、クレジットカードで決済し、注文した飲食をピックアップしています」

またミルワード氏曰く、同スタジアムは地元高校の卒業式や教会のイベントにも利用されるほか、キャノンボーラーズと地元映画館のコラボ企画で、巨大スクリーンを用いた映画鑑賞イベントも開催予定だという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/06/08/Facilities/New-ballparks.aspx
https://www.salisburypost.com/2020/05/15/photos-kannapolis-baseball-park-opens-to-public/

コロナ禍のスタジアム活用法①テキサス・レンジャーズの例

テキサス・レンジャーズは、新スタジアム「グローブライフ・フィールド(Globe Life Field)」をオープンする予定であったが、シーズン開幕戦は先延ばしになっている。

そんな中、同スタジアムは、この時期だからこそできる企画のために活用されている。

たとえば、6月4~7日、「Concert in Your Car」というイベントが開催された。

このイベントでは、屋外の特設ステージでアーティストがコンサートを行うのだが、観客はこれを駐車した車の中から楽しむルールになっている。同スタジアムの広大な駐車場を有効活用した企画だ。

コンサートの様子は巨大スクリーンに映し出され、音声はFMラジオを通じて聞くことができる。

チケットは、車一台あたり40ドル。80ドルのVIPチケットもあり、これを購入すると最前列を確保できる。また、差額40ドルの一部はレンジャーズが運営する基金に寄付され、コロナウイルスの影響を受けた人々の救援に使われるという。

チケットは、レンジャーズがイベント開催を発表した5月15日に即日完売した。

レンジャーズのショーン・デッカー氏は「私たちは、この未曾有の事態でも、ファンを受け入れ、安全にエンターテインメントを提供したいと考えています。そのためにこの施設を有効活用でき、大変嬉しく思っています」と言う。

また、今月から来月にかけて、49校もの高校の卒業式がグローブライフ・フィールドで開催される予定である。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/06/08/Facilities/New-ballparks.aspx