「ジェネレーションZ」とは何者か②

前回の投稿で説明したように、ジェネレーションZは「貴重でユニークな体験をしたい」という欲求が強く、これはスポーツと親和性が高いと考えられる。

ところが、DynataがジェネレーションZを対象に行った調査によると、「スポーツ観戦は楽しい」と答えたのは全体の35%であった。

ここから、スポーツ組織がジェネレーションZのニーズを完全に満たせてはいないという現状が理解できる。

さて、ここで考えるべきは、ジェネレーションZが求める「貴重でユニークな体験」が何を意味しているのかという問題である。

数十年前、スポーツイベントと言えば、スポーツの試合だけを見せるイベントであった。

その後「観戦経験」や「経験価値」といった言葉が生まれ、「試合以外の側面も充実させることが重要である」という考えが浸透した。

今日、スポーツ観戦に行けば、様々な参加型イベントが用意され、観客は試合以外にも楽しみを見つけられるようになっている。

ところが、ジェネレーションZは、物心ついた頃からスポーツ観戦とはそういうものであった。ボールを投げたりくじ引きをしたりしてもそれが「貴重でユニークな体験」とは感じないのである。

Sports Business Journalが行った調査の結果

実際、Sports Business Journalが行ったアンケート調査によれば、「スポーツ観戦において最も重要なものは?」という質問に「会場での参加型イベント」と答えたのはわずか1.78%であった。

また、「スポーツ観戦において『また来たい』と思わせる最も重要な要素は?」という質問に対して「会場付近での経験」と答えたのもわずか8%であった。

ジェネレーションZが欲する「貴重でユニークな体験」を提供するためには、従来のアイデアをテンプレートのように使うのではなく、全く新しいアイデアを生むことが必要になるだろう。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/01/In-Depth/Gen-Z.aspx
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/01/In-Depth/Research.aspx

「ジェネレーションZ」とは何者か①

現在、アメリカで存在感を強めているマーケットが「ジェネレーションZ(Generation Z)」だ。

ジェネレーションZは1990年代後半から2000年代半ばに生まれた人々を指す言葉で、省略して「Gen Z」とも呼ばれる。

この世代の多くはすでに大学を卒業し、働き始めている。現在、より大きな購買力を持ちつつあるのだ。

加えて、ジェネレーションZは、物心ついたころから携帯電話やインターネットに触れており、その消費行動は他の消費者とは異なる。従来のマーケティング手法に頼っていては振り向いてもらえない。

では、ジェネレーションZの顧客を獲得するためにはどうすればいいのか?

Sports Business Journalは、ジェネレーションZに関する特集を組み、その特徴をまとめている。今日と明日の投稿では、その一部を紹介したい。

まず、Dynata社はジェネレーションZを対象にアンケート調査を行った。この調査によれば、回答者の77%が「お金を使うならモノよりも体験できるものがいい」と答え、同じく77%が「特別な体験をするためなら出費は二の次」と回答した。

また、83%が「企業は、すべての顧客を一律に扱うのではなく、その顧客のためにカスタマイズした体験を提供することが重要」と言い、78%が「企業は、顧客との間に感情的なつながりを築くことが必要」と答えた。

ここから、ジェネレーションZが「貴重でユニークな経験」を欲していることがわかる。この特性はスポーツと親和性が高い。

では、ジェネレーションZはどのようにスポーツを楽しんでいるのか。それはまた明日。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/01/In-Depth/Gen-Z.aspx