アメリカ女子サッカー代表選手、連盟に6700万ドル支払いを要求

昨年、アメリカ女子サッカー代表選手は、アメリカサッカー連盟を相手に訴訟を起こした。不当な賃金や労働環境がその理由だ。

この件に関して、先週20日、連盟側と選手側がそれぞれ新たな動きを見せた。

まず連盟側は、選手の訴えを直ちに棄却し、裁判を終了するよう裁判長に要求。

一方、選手側も略式判決による早期解決を要求。しかしこちらはその条件として「連盟から選手側に総額約6700万ドル(約75億円)の給与および賠償金を支払うこと」を要求した。

これは、賃金問題に関する両者の認識が依然として大きく食い違っていることを表す出来事となった。

今後の動きとしては、3月30日、ゲイリー・クラウスナー裁判長が両者の意見を検討する。どちらかの要求を受け入れることも可能だが、どちらの要求も拒否しこれまで通り裁判を継続することもできる。

クラウスナー裁判官はこれまで選手たちの意見に一定の理解を示しているが、この件に関しては、どちらの要求にも応じず裁判を継続するのではないかと見られている。

参考文献:
https://www.nytimes.com/2020/02/21/sports/soccer/uswnt-equal-pay-lawsuit.html
https://www.si.com/soccer/2020/02/21/uswnt-us-soccer-lawsuit-filings-strike-analysis-damages

スペイン女子サッカー、ストライキへ

先週火曜日、スペイン女子サッカーリーグの選手たちがストライキを行うことを発表した。200人近い選手が投票し、90%以上がこの決定を支持した。

選手たちはクラブ側との交渉のために、昨年から20回近くのミーティングを重ねてきたが、労働時間、最低賃金、産休などに関して合意ができず、今回の決定に至った。

「女子サッカー」と「労働条件」と言えば、今年のスポーツ界におけるキーワードの一つだ。

3月にはアメリカ代表選手が労働条件の男女差を理由に、サッカー連盟を訴えている

7月に開催されたワールドカップの際も、労働条件における男女差に関して多くの選手がコメントし、それが大きな議論を呼んだ。

今回の決定に関してアイノア・ティラプー選手は「これは単なるお金の問題ではありません。これは権利の問題です」と話す。「どこかで合意に至ることを望んでいましたが、やはり私たちはもっと劇的な変化が必要なのです。そして女子サッカーがそれをやるには今がベストなタイミングです。これは私たちだけの問題ではなく、未来の選手のためでもあるのです」。

先述したように、現在、世界的に、女子サッカー選手の労働条件改善の機運が高まっている。加えて、スペインではここ数年、女子サッカー人気が急上昇している

ティラプ―選手が「今がベストのタイミング」と言うのは、こういった要素が背景にある。

参考文献:
https://www.usnews.com/news/sports/articles/2019-10-23/players-to-go-on-strike-in-spanish-womens-soccer-league

サッカーワールドカップにおける男女の差③

先週11日、サッカー女子アメリカ代表のAlex Morgan選手は、最優秀女性アスリート賞を受賞した。

そこで彼女は「ワールドカップが終わった今、私たちは国内リーグを成長・拡大させていかなくてはなりません」と語った。

現在、アメリカのプロリーグNational Women’s Soccer League(NWSL)は、人々の興味を集めているとは言いづらい状況にある。

今シーズンの平均観客数は6,069人。9チーム中7チームは観客数を前年から落とした。

「ワールドカップの盛り上がりを国内リーグに生かさなければならない」という意見は日本でもよく聞くが、それと同じことをNWSLの各チームも考えている。

たとえば、ポートランド・ソーンズFCは、各国の代表メンバーに選ばれた同チームの選手に注目した限定グッズを販売した。

ソーンズFCにKatie Simons氏によれば、新発売のスカーフとTシャツは最も人気のグッズで、その売上はMLSのポートランド・ティンバーズの人気グッズよりも大きいという。

ワシントン・スピリッツは、今回のワールドカップだけでなく来年の東京オリンピックでの活躍も見越した戦略を立てており、同チームの目標はシーズン・チケットの売上、スポンサーシップ、そして観客動員を現在の3倍にすることだという。

その手始めとして、スピリッツは、同じワシントンDCに拠点を置くNFL、WNBA、MLSのチームとのクロス・プロモーションを企画している。
また、スポンサー企業のソーシャルメディアを用いたチケット販売なども行い、潜在的なファンにアプローチしている。

ノースカロライナ・カレッジは、7月21日のホームゲームを「ワールドカップおかえり試合」と名付け、チケットの値下げを含むプロモーションを行う。

参考文献:
https://www.usatoday.com/story/sports/ftw/2019/07/11/alex-morgan-joke-espys-female-athlete/39673407/
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/07/15/Leagues-and-Governing-Bodies/NWSL.aspx

サッカーワールドカップにおける男女の差②

アメリカ対オランダの決勝戦から遡ること4か月、「国際女性デー」の3月8日、アメリカ女子サッカー代表の28名はアメリカサッカー連盟を相手に訴訟を起こした。

選手たちは「連盟は女子選手を不当に扱っている。連盟は女子選手に対して男子選手と同等の賃金、遠征費、その他の労働環境(ピッチの芝など)を提供するべきだ」と主張した。

この主張に対して連盟側は「男女の代表チームでは選手に求められているものが異なり、生まれる収益にも差がある」と反論した。

加えて、労使協定の違いについても言及した。男子選手と女子選手は別々に連盟と労使協定を結んでおり、連盟はそれに則って給与を決定している。男子が歩合制で出場試合数などに応じた給与が支払われる一方、女子はパフォーマンスに拘わらず給与が保証されている。

これらの違いによって給与が決められるため額に差はあるが、それをもって「連盟が女子選手を不当に扱っている」とは言えないと連盟側は主張した。

両者それぞれに言い分はあるが、男子チームと女子チームがアメリカサッカー界にもたらす貢献度に関しては興味深いデータがある。

まず、女子代表はこれまで4回のワールドカップ優勝、6回のオリンピック優勝を果たしている一方、男子代表はどちらの大会でも優勝経験はない。前回のワールドカップに関しては出場することもできなかった。

ビジネス面においても女子代表チームの貢献は大きい。Nikeによれば、女子代表チームのユニフォームは、男子代表チームのものよりも人気で、サッカーのユニフォーム部門で最も売れている商品だという。また、Wall Street Journalの調査によれば、女子チームが生む収益は男子チームのそれよりも大きいという。

これらのデータに基づいて「男子が生み出す収益が女子よりも大きいから給与も男子のほうが多くて当然だ」という主張に異議を唱えるジャーナリストも少なくない。

ちなみに、ワールドカップ終了後、訴訟を起こした選手と連盟は、示談によって問題を解決する意思を示した。示談の結果がどのようなものになるか、注目である。

参考文献:
https://abcnews.go.com/Sports/world-cup-us-women-gender-discrimination-fight/story?id=64109603
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-us-womens-soccer-team-has-more-than-earned-equal-pay/2019/07/08/7a5bcd04-a19e-11e9-bd56-eac6bb02d01d_story.html?noredirect=on&utm_term=.9a38eca40743
https://www.nytimes.com/2019/03/08/sports/womens-soccer-team-lawsuit-gender-discrimination.html
https://www.cbsnews.com/news/60-minutes-women-soccer-team-usa-gender-discrimination-equal-pay-2019-07-10/
https://www.forbes.com/sites/niallmccarthy/2019/06/11/the-gender-pay-gap-at-the-fifa-world-cup-is-370-million-infographic
https://www.theguardian.com/football/ng-interactive/2019/jun/28/revealed-the-731003-gender-pay-gap-in-us-world-cup-bonuses

サッカーワールドカップにおける男女の差①

7月8日に行われた女子ワールドカップの決勝戦は、アメリカ代表がオランダ代表を退け、4度目の優勝を果たした。

試合後のセレモニーでアメリカ代表が優勝のメダルを受け取っているとき、スタンドからは「Equal pay(同一賃金)」という声が上がった。

「女子選手も男子選手と同等の給与を受け取るべきだ」という意味である。

今回の女子ワールドカップの賞金総額は3000万ドル。 一方、昨年開催された男子ワールドカップにおける賞金総額は3億7000万ドルであった。

これはFIFAが選手に支払う賞金である。次に各国の連盟・協会が自国の選手に支払う給与について、アメリカ代表を例に見てみよう。

まず、ワールドカップ予選で勝つごとに支払われるボーナスは、女子が3000ドル、男子が1万2500ドル。

ワールドカップ本選では、男子チームは予選リーグで勝つごとに6875ドル、予選リーグを突破すると追加で8万5599ドルのボーナスが与えられるが、このようなボーナスは女子チームには一切ない。

このような給与の差はサッカーに限らずスポーツ界に広く見られ、その是正を求める声が選手やファンから上がっている。

そして、今回のワールドカップ開催前、アメリカ女子代表チームの選手たちは、アメリカサッカー連盟を相手に訴訟を起こした。その詳細はまた次回。

参考文献:
https://abcnews.go.com/Sports/world-cup-us-women-gender-discrimination-fight/story?id=64109603
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-us-womens-soccer-team-has-more-than-earned-equal-pay/2019/07/08/7a5bcd04-a19e-11e9-bd56-eac6bb02d01d_story.html?noredirect=on&utm_term=.9a38eca40743
https://www.nytimes.com/2019/03/08/sports/womens-soccer-team-lawsuit-gender-discrimination.html
https://www.cbsnews.com/news/60-minutes-women-soccer-team-usa-gender-discrimination-equal-pay-2019-07-10/
https://www.forbes.com/sites/niallmccarthy/2019/06/11/the-gender-pay-gap-at-the-fifa-world-cup-is-370-million-infographic
https://www.theguardian.com/football/ng-interactive/2019/jun/28/revealed-the-731003-gender-pay-gap-in-us-world-cup-bonuses

女子サッカー代表チーム応援キャンペーン

2019年6月、フランスでFIFA女子ワールドカップが開催される。これに向け、アメリカサッカー協会は、「WNT Everywhere」というマーケティングキャンペーンを展開する。WNTは「Women’s National Team(女子代表チーム) 」の頭文字である。

このキャンペーンでは、まず、代表選手の出身地もしく縁のある11都市が選ばれる。そして、各都市において、地元の女性アーティストがその選手の壁画を描く。

壁画は多くの人の目を引き、人々の会話を生む広告としての役割を果たす。

また、アメリカサッカー協会は、同協会の携帯アプリを刷新しており、このアプリを使って壁画を見ると、その壁画に描かれている選手の映像が流れる仕組みとなっている。

壁画を広告として活用するアイデアはこれまでもあったが、「地元の女性アーティストが描く」「アプリを使うと選手映像が流れる」という2点は非常にユニークである。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/06/Leagues-and-Governing-Bodies/USSoccer.aspx

女子サッカー、スペインで人気拡大中

2019年1月30日、アスレティック・ビルバオはクラブ新記録となる4万81121人の観客動員を記録した。これはスペイン女子サッカーの歴史でも最多の数字であり、さらには、今年男子チームが同スタジアムで記録した最多観客数(4万6884人)も超える数字である。

ビルバオが特に人気のあるクラブであることは確かだが、リーグ全体で見ても観客動員数は増加傾向にある。昨シーズンは、アトレティコ・デ・マドリード対マドリードCFFの試合が2万2202人を動員し、今シーズンは、レバンテUD対バレンシアCFの試合が2万198人を動員した。

スペインで女子サッカーの人気が拡大している背景には、男子リーグのラ・リーガの存在がある。

ラ・リーガは、2015年10月に「女子サッカー部門」を新設し、女子サッカーの人気を拡大するためのプロジェクトを始動した。同リーグの女子部門を担当するPedro Malabia氏は以下のように話す。
「スペインの女子サッカーは3~4年前まで完全に死んでいました。まったく戦略もなく、メディアにも表れず、テレビにも映りませんでした。その後、いくつかの男子クラブからの投資を取り付けたんです」。

投資を受けたリーグはいくつかのマーケティングキャンペーンを展開した。
たとえば「#WeSpeakTheSameGame」というキャンペーンでは、男子のトップ選手と女子のトップ選手が2人で動画に登場し、サッカーについて語る。

ラ・リーガは、FCバルセロナを初め、12のクラブが女子チームも運営している。動画のなかでは、同じホームタウンを代表する男子選手と女子選手が同じユニフォームを着て意見を交わす。

たとえば、レアル・ソシエダのMiguel Angel Moya選手は「これは『男子サッカー』でも『女子サッカー』でもなく『サッカー』なんです。プレーしているのは男子や女子ですが、このスポーツはサッカーなんです」と語る。こういったメッセージを送ることで、スペインの伝統的なサッカーファンに女子チームの魅力を伝えているのである。

前出のMalabia氏は「女子選手のメディア露出が増えれば、より多くのサッカーファンが『彼女たちもまた私のチームを代表しているんだ』と理解してくれるでしょう」と言う。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/03/04/Opinion/Springer.aspx

アメリカ人のスポーツ参加、傾向と問題点

Sports and Fitness Industry Association(SFIA)はアメリカ人のスポーツ参加に関する調査を行っている。同団体が2019年に発表した報告書の一部を下表にまとめた。なお、ここでの「参加者」は、昨年1年間に1回でもプレーした人を指す。

この表からいくつかの傾向が見えてくる。

まず、伝統的に人気のあるチームスポーツの参加者数が増加傾向にある。たとえば、野球は前年から1.5%増の1590万人、バスケットボールは3.5%増の2420万人がプレーしたという。

この増加の背景についてSFIA会長のTom Cove氏は、MLBによる草の根運動「Play Ball」やNBAが主催する「Jr. NBA」が貢献していると分析する。

一方で、タックルフットボール(タックルありのアメリカンフットボール。フラッグフットボールはタックルなし)の参加者は依然減少傾向にある。2018年の参加者数は510万人。これは前年から1.3%減、2年前と比べると6.0%減だ。脳震とうを初めとするケガへの不安が人々の間に広まっていることが関係していると考えられる。

前出のCove氏は、SFIAが考える2つの問題点についても言及した。

まずは、子どもたちが早い段階からプレーするスポーツを絞る、いわゆる「専門化」の傾向が強まっているという。

もう一つは、世帯年収とスポーツ参加の相関が強まっていること。平たく言えば、「金持ちほどよくスポーツをする」という傾向が強まっているということである。

この問題に関しては、他のスポーツ関係者も意見を述べている。たとえば、女子サッカー元アメリカ代表のホープ・ソロ氏は以下のように話している。
「もし私が今の子どもだったら、サッカーはお金がかかりすぎてやらせてもらえていない。サッカーをプレーするためにかかる費用の増大は、ヒスパニック系や黒人系、その他様々なマイノリティからサッカーをプレーする機会を奪っている。サッカーは今、裕福な白人の子どもがするスポーツになってしまっている」。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/02/18/Sports-and-Society/SFIA.aspx
https://www.usatoday.com/story/sports/soccer/2018/06/28/hope-solo-youth-soccer-united-states-cost/741378002/

サッカーメキシコ代表、AT&Tスタジアムを「本拠地」に

サッカーメキシコ代表は、1966年以来、メキシコシティにあるEstadio Aztecaを本拠地と位置付けてきたが、同チームの本拠地が新たに加わるようだ。

Soccer United Marketing(SUM)は、テキサス州アーリントンにあるAT&Tスタジアム(NFLのダラス・カウボーイズの本拠地)をメキシコ代表チームの「アメリカにおける本拠地」とする戦略を明らかにした。
※SUMはメキシコサッカー協会のアメリカにおけるビジネスの代理店

今回SUMは、ダラス・カウボーイズ、FCダラス、そしてダラス・スポーツコミッションと4年契約を結んだ。主な合意内容は以下の通り。

・メキシコ代表チームがAT&Tスタジアムで毎年親善試合を開催する。
・親善試合の前には、ダラスのダウンタウンで「Fan Fest」というフェスティバルを開催する。
・地元の小学校で行う教育プログラム等の様々な草の根活動にメキシコ代表の選手たちが参加する。それらの活動をダラス・スポーツコミッションがサポートする。
・カウボーイズはメキシコサッカー協会と協力し、お互いの選手を用いたクロス・プロモーションを展開する。
・FCダラスは、メキシコ代表の選手たちと共同で、サッカークリニックを開催する。

2002年以降メキシコ代表は、80以上の親善試合をアメリカのスタジアムで開催してきた。これは、同チームが同時期にメキシコで開催した試合数のおよそ4倍である。

たとえば2017年は親善試合を5試合、それぞれ別のスタジアムで行い、その平均観客数は6万人であった。特に、3月27日にAT&Tスタジアムで行われたクロアチアとの試合は7万9182人が観戦に訪れた。SUMの調査によれば、メキシコ代表のファンは全米に4000万人いるという。

なお、今回の契約は、ダラス・スポーツコミッションがメキシコサッカー協会に持ち掛けたという。

SUMのCamilo Durana氏は「メキシコにおけるAztecaのような代表チームの本拠地をつくることが目的だ。メキシコ代表がここに長く腰を据えられるようにしたい」と語る。

参考文献:
https://sportsday.dallasnews.com/other-sports/moresports/2018/11/28/mexican-national-team-play-att-stadium-year-2022
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/12/03/Events-and-Attractions/Mexico.aspx

USLのグッズビジネス

アメリカサッカー二部リーグのUnited Soccer League(USL)は収益拡大とブランディング戦略の一環として、リーグ主導のグッズ制作・販売を始める。

これまでUSLでは、各クラブが独自にグッズビジネスを展開してきた。しかし、人材や予算の限られているUSLでは、ユニフォームやTシャツ、帽子といった基本的なグッズが、試合のときにのみ販売されるというケースが多かった。

USL社長のJake Edwards氏は「今回始めるリーグ主導のグッズビジネスでは、空港、スーパー、オンラインといったところまでグッズの流通を拡大します。また、各クラブと協同し、グッズの改良にも取り組みます。すごい可能性が広がっているはずです」と語る。

USLは早速、一部リーグのMLSのライセンシングパートナーであるThe Crystal Agencyと提携し、Select社とレプリカボール・ミニボールに関するライセンシング契約を結んだ。

USLは33クラブで構成されるが、そのうち14クラブが独立したクラブで、残りの19クラブはMLSクラブの下部クラブという位置づけである。今回のグッズビジネスに参加するのは14の独立クラブのみである。

参考文献:https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/09/10/Leagues-and-Governing-Bodies/USL.aspx