ゲータレード、スポンサーシップ戦略の方向転換

Getty Images

ゲータレードは、2006年から続いてきたNHLとの業務提携を解消することを発表した。

ゲータレード担当者のジェフ・カーニー氏によれば、これはNHLとの関係性が変化した結果というよりも、同社のスポンサーシップ戦略が大きく方向転換したことによるものだという。

カーニー氏曰く、「我々としては、一つの分野に巨大な投資をするのではなく、できるだけ多くのアスリートとの関わりを持つことが重要になってきているのです」とのこと。

この方向転換は、他のスポンサー契約にも影響を与えている。

たとえば、ゲータレードの親会社であるPepsiCoは、最近NFLとのスポンサー契約を更新したが、その際スーパーボウルのハーフタイムショーに関する権利を取り除いた。

スーパーボウルのハーフタイムショーは2013年からPepsiの名前が冠されてきたが、今回の契約変更によって、冠スポンサーが変わることになる。

カーニー氏によれば、ゲータレードは今後カレッジスポーツ、女性スポーツ、そしてメタバースといった分野に注力していくという。

実際、同社はすでに数人の学生アスリートとエンドースメント契約を結んでいる他、エンジェルシティFCやOvertime Elite(バスケットボールの育成リーグ)を設立パートナーとして協賛している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-gatorade-sponsorship-ends-pepsico-marketing-strategy/
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-pepsi-sponsorship-extension-super-bowl-halftime-show/

コカ・コーラ、BodyArmorを買収

今月1日、コカ・コーラ社は、スポーツドリンクメーカーのBodyArmor社を買収したと発表した。

2011年設立のBodyArmor社は、コービー・ブライアントやクレイ・トンプソンなどの著名人から出資を受けるなど、新興スポーツドリンクとして注目を集めた。

プロモーション面でも、大坂なおみ、マイク・トラウト、ジェームズ・ハーデンなどとエンドースメント契約を結び、存在感を強めた。

2018年、コカ・コーラ社はBodyArmor社に対して一回目の投資を行い、株式15%を獲得。

今回改めて56億ドル(約6362億円)の投資を行い、同社の完全所有権を獲得した。

なお56億ドルという金額は、コカ・コーラ社がこれまでブランド買収のために投じた最高の金額である(それまでの最高額は2019年にCosta Coffeeに支払った51億ドル)。

今回の買収によって、コカ・コーラ社はスポーツ飲料市場でのマーケットシェアを拡大することになる。

この市場で約70%のシェアを誇るゲータレード(ペプシコ社)との差は依然として大きいが、コカ・コーラ社とBodyArmor社の相乗効果によってこの差がどれほど埋まるのか、注目である。

参考文献:
https://www.cnbc.com/2021/11/01/coca-cola-buys-full-control-of-bodyarmor-for-5point6-billion-.html

ゲータレードの広告戦略

1965年に誕生したゲータレードは、1990年代にマイケル・ジョーダンを起用したCMをきっかけに全米に浸透し、当時のスポーツドリンク業界においてマーケットシェア90%を誇った。

そのCMのキャッチフレーズ「Be Like Mike(マイケルのようになれ)」は当時の流行語にもなった。

それ以来、NBAの下部リーグのネーミングライツを買い取るなど(それまでDリーグであった同リーグの名称をGリーグに変更させた)、多くのアスリート、チーム、リーグと関係を築き、その地位を揺るがぬものとした。

一方で、BodyArmorという競合ブランドも、大坂なおみ、マイク・トラウト、ジェームズ・ハーデン、メーガン・ラピーノといったトップアスリートとエンドースメント契約を結び、存在感を強めている。

そんな中、先週、ゲータレードはスポーツ界の注目を集める契約を発表した。それが、ザイオン・ウィリアムソンとのエンドースメント契約だ。

ザイオンは昨年カレッジ・バスケットボール界を席巻したスーパースターで、NBAドラフトの全体一位でニューオーリンズ・ペリカンズに指名された。

ゲータレードはザイオンが所属していたデューク大学、NBA、そしてペリカンズのスポンサーであり、彼との縁は深い。

契約の詳細は明らかになっていないが、契約金は年間100万ドルを超えると見られている。

すでにゲータレードの開発チームはザイオンの元を訪れ、彼の発汗や脱水のパターンを調査。彼のNBA一年目のシーズンを栄養面からサポートする。

ザイオンは「わざわざ私のところにきて『我々はただあなたによりよい選手になってほしいんです』と言ってくれる。これは私にとって非常に大きいことです」と話す。

「マイケル・ジョーダン以来の逸材」との呼び声も高いザイオン。近い将来、彼を起用した「Be Like Zion」というゲータレードの広告が流れるかもしれない。

参考文献:
https://www.forbes.com/sites/kurtbadenhausen/2019/09/26/exclusive-gatorade-signs-zion-williamson-to-its-endorsement-roster/#67fa4cec4d5f