チーフス、ドイツでのマーケティング活動を強化

Getty Images

カンザスシティ・チーフスは、ドイツでのマーケティング活動を強化するため、スポーツマーケティング会社Sportfiveと業務提携を結んだことを明らかにした。

以前の投稿で説明した通り、NFLは今年から「国際ホームマーケティングエリアプログラム」という国際ビジネスプログラムを開始した。

このプログラムは、NFLチームに特定の国が「ホーム」として割り当てられ、そこでマーケティング活動(スポンサーシップ、グッズ販売等)をする権利が与えられるというもので、チーフスにはドイツが割り当てられた。

今回のSportfiveとの提携は、同チームがドイツでマーケティング活動を本格化するための動きと捉えることができる。

Sportfiveは、ドイツ国内に3つの地域オフィスを持ち、マーケティング、メディア、ブランドコンサルティング、そしてスポンサーシップセールスの専門家が働いている。

チーフスは今後、それらのドイツオフィスおよびSportfiveのアメリカオフィスと連携を取りながらドイツでのビジネス機会を探ることになる。

ちなみに、ドイツでのマーケティング活動が認められているNFLチームはチーフスの他に3つあり(タンパベイ・バッカニアーズ、カロライナ・パンサーズ、ニューイングランド・ペイトリオッツ)、バッカニアーズはすでに2022年11月にドイツで公式戦を行うことが決定している。

バッカニアーズに後れを取らないよう、チーフスがどのようなマーケティング活動を展開していくのか注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-chiefs-sportfive-marketing-partnership-germany-nfl/

チーフス、アローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化

Photo by David Eulitt/Getty Images

昨シーズンのNFLチャンピオン、カンザスシティ・チーフスが本拠地のアローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化することがわかった。

チーフスは、NFLとも業務提携を結んでいるTappit社のモバイル支払い技術を導入し、スタジアム内のコンセッションやグッズの購買をすべてスマートフォンでできるようにする。

キャッシュレス化には、混雑解消や顧客データの獲得といったメリットがある。さらに、顧客とスタッフとの接触を減らすことで、コロナウイルスの感染リスクを減らす効果も期待される。

チーフス副社長のタイラー・エップ氏は「新シーズンに向けた準備をする上で、私たちは選手、スタッフ、そしてファンの健康と安全を保障します。Tappit社のシステムを用いたキャッシュレス化によって、我々は人と人との接触を最小限に抑え、ファンを安全にアローヘッド・スタジアムに迎えることができます」と語る。

Tappit社はNFLおよびチーフスの他に、プレミアリーグのマンチェスターシティやフォーミュラワンとも業務提携を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-chiefs-arrowhead-stadium-cashless-payments-tappit