チーフス、アローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化

Photo by David Eulitt/Getty Images

昨シーズンのNFLチャンピオン、カンザスシティ・チーフスが本拠地のアローヘッド・スタジアムをキャッシュレス化することがわかった。

チーフスは、NFLとも業務提携を結んでいるTappit社のモバイル支払い技術を導入し、スタジアム内のコンセッションやグッズの購買をすべてスマートフォンでできるようにする。

キャッシュレス化には、混雑解消や顧客データの獲得といったメリットがある。さらに、顧客とスタッフとの接触を減らすことで、コロナウイルスの感染リスクを減らす効果も期待される。

チーフス副社長のタイラー・エップ氏は「新シーズンに向けた準備をする上で、私たちは選手、スタッフ、そしてファンの健康と安全を保障します。Tappit社のシステムを用いたキャッシュレス化によって、我々は人と人との接触を最小限に抑え、ファンを安全にアローヘッド・スタジアムに迎えることができます」と語る。

Tappit社はNFLおよびチーフスの他に、プレミアリーグのマンチェスターシティやフォーミュラワンとも業務提携を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-chiefs-arrowhead-stadium-cashless-payments-tappit