アンダーアーマー、6750万ドルでUCLAと和解

Getty Images

2016年、アンダーアーマーはUCLAと15年総額2億8000万ドルのスポンサー契約を締結した。これは当時アメリカのカレッジスポーツ史上最大のスポンサー契約であった。

しかし2020年6月、アンダーアーマーはこの契約を破棄することをUCLAに通知。

コロナ禍で多くのカレッジスポーツイベントが中止になり、約束されていたベネフィットが得られないことが理由だと説明した。

UCLA側は、アンダーアーマーが一方的に契約を破棄したと主張。2020年8月、同社を相手取った訴訟を起こし、2億ドルの損害賠償を求めていた

ESPNによれば、アンダーアーマーがUCLAに和解金6750万ドル(約90億円)を支払うことで両者が和解したという。

ちなみに、UCLAはアンダーアーマーによる契約破棄を受けて、新たにナイキのジョーダンブランドと6年間のスポンサー契約を締結している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/under-armour-ucla-legal-settlement-nike/

アンダーアーマー、「カリーブランド」を創設

NBAのスター選手ステフィン・カリーとアンダーアーマーは、「カリーブランド(Curry Brand)」という新ブランドを立ち上げることを発表した。

カリーは2013年からアンダーアーマーの広告塔として活躍しており、両者の契約は年間2000万ドルで2024年まで有効となっている。

今回発表された新ブランドは、バスケットボールのシューズやアパレルだけでなく、ゴルフ用品やランニングシューズなども取り扱う予定だという。

ターゲットとなるのは若年層で、ちょうどナイキがジョーダンブランドを立ち上げて若者を惹きつけたように、カリーブランドにも同様の効果が期待されている。

その第一歩として、カリーブランドはPositive Coaching Allianceと業務提携を結び、ユーススポーツに100万ドルを投資することを発表した。

Positive Coaching Allianceは、主に低所得者層を対象に、少年少女のスポーツ参加促進や指導者育成などを行う非営利団体である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/steph-curry-under-armour-curry-brand-nba-apparel-shoes

アンダーアーマー、シンシナティ大学との契約を破棄

Getty Images

アンダーアーマーがシンシナティ大学と結んでいた10年総額5000万ドル(約52億円)のスポンサー契約を破棄することが明らかになった。

この契約は2015年に締結されたもので、アンダーアーマーはシンシナティ大学に毎年100万ドルのスポンサー料と300万ドル相当の用具を提供することになっていた。

近年アンダーアーマーの財務状態は厳しく、様々なコストカットを試みている。

たとえば、今年6月にはUCLAとのスポンサー契約も破棄し、これに対してはUCLAが訴訟を起こしている

Baltimore Business Journalによれば、アンダーアーマーとシンシナティ大学は契約破棄に関して対立はしておらず、元々の契約に含まれていた契約破棄に関する合意に従うことになるという。

具体的には、「2021年末まで365万ドル相当の用具を提供し続ける」、「解約手数料として975万ドルを2022年4月まで支払うこと」という2点がアンダーアーマーに義務づけられるという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/under-armour-university-of-cincinnati-college-sport-sponsorship

UCLA、アンダーアーマーを提訴

Daily Bruin

UCLAは、スポンサー契約を一方的に破棄したとしてアンダーアーマーを提訴した。

問題となっている契約は2016年に締結されたもので、15年総額2億8000万ドル(約300億円)。これは当時アメリカのカレッジスポーツの歴史で最大のスポンサー契約であった。

しかし今年6月、アンダーアーマーは契約の破棄を通知。

コロナウイルスの影響で、多くのカレッジスポーツイベントが中止になり、約束されていたベネフィットが得られないことが理由だと説明した。

これに対してUCLAのマリー・オサコ氏は「アンダーアーマーが、2016年に結んだ契約から逃れるために世界的なパンデミックを利用していることを残念に思う。契約には予定通りに試合を行う義務などは記されておらず、UCLA側は責任を果たしている」と反論。

さらに、アンダーアーマーが契約を破棄した本当の理由は、同社に支払い能力がないからだと主張した。

実は、アンダーアーマーがスポンサー契約を破棄するのはこれが初めてではない。2016年にMLBと10年のスポンサー契約を結んだが、2020年の開始前に契約を破棄している。

今回の訴訟で、UCLAはアンダーアーマーに対し、2億ドルの支払いを要求している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/ucla-under-armour-contract-termination-lawsuit
https://bleacherreport.com/articles/2897938-under-armour-reportedly-trying-to-terminate-record-280m-contract-with-ucla