マスターズ、アメリカでの視聴率

Getty Images

松山英樹選手の優勝で幕を閉じた2021年マスターズ・トーナメント。日本では大きな話題を呼んだが、アメリカでの視聴率はどうだったのだろうか。

CBSが中継を担当したトーナメント最終日の平均視聴率は5.5%。約945万人が視聴したという。

これは2020年大会の3.4%(559万人)よりも高く、また、今シーズン中継されたどのゴルフイベントよりも高い数字であった。

さらに、Sports Media Watch社によれば、松山選手が優勝を決めた瞬間の視聴率は、コロナ禍に開催されたスポーツイベントのなかで6番目に高い数字だったという(ただし、アメリカンフットボールの試合は除く)。

一方で、マスターズの歴史を振り返れば高い数字というわけでもない。

コロナ禍の影響で開催時期が不規則であった2020年大会を除けば、今回は最も視聴者が少なかった大会に分類される。

たとえば、タイガー・ウッズが優勝した2019年大会の平均視聴者数は1080万人、最高視聴者数は1830万人であった。

とはいえ、1000万人近くの視聴者を惹きつけたというのはマスターズという大会のブランド力の賜物であり、松山選手にとっては、アメリカにおける知名度を一気に押し上げるこれ以上ない機会となったと言えるだろう。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/the-masters-2021-cbs-espn-tv-ratings-final-round-hideki-matsuyama

アレックス・ロドリゲス氏、ティンバーウルブスを買収へ

Photo Source: USA TODAY Sports

元MLB選手のアレックス・ロドリゲス氏が、元ウォルマート幹部のマーク・ローリー氏と共同でミネソタ・ティンバーウルブスの買収に動いていることが明らかになった。

The Athleticの報道によれば、今回の買収はティンバーウルブス(NBA)とリンクス(WNBA)の両チームが対象となり、買収額は15億ドルほどになる見通しだという。

現オーナーのグレン・テイラー氏は1994年に8800万ドルでティンバーウルブスを買収しており、ロドリゲス氏への売却が成立すれば、大きな利益を手にすることになる。

ロドリゲス氏とローリー氏は、現在30日間の最終交渉に臨んでおり、近く最終的な決定が発表される。

ロドリゲス氏と言えば、昨年ニューヨーク・メッツの買収に動いたが最終的には諦めている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/minnesota-timberwolves-sale-alex-rodriguez-marc-lore-glen-taylor

NBA、中国にトレーニングセンターをオープン

NBAは、中国の海南省にトレーニングセンターをオープンした。

中国における男子・女子バスケットボール選手の育成が目的で、対象は広くジュニアからプロまで。

屋内バスケットボールコート5面に加え、ジム、リハビリセンター、屋内プール、レストラン、選手の居住スペースも設置されている。

NBAに資格を与えられたコーチがトレーニングプログラムの作成および選手育成を担当する。

NBAの現役選手および元選手が指導にあたることもあるという。

ちなみに、このプロジェクトは2017年に故コービー・ブライアント氏が発案したものである。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nba-training-centre-china-mission-hills-hainan
https://www.sportspromedia.com/news/nba-to-launch-first-basketball-school-in-china

デレク・ジーター氏インタビュー②「世界中の人々にアスリートの声を届ける」

Source: The Players’ Tribune

Q. The Players’ Tribune(TPT)は日本でも受け入れられると思いますか?

A. 私は、現役時代、ロッカールームや遠征先で話をするたび、アスリートがいかに素晴らしい語り手であるかを知りました。これが2014年にTPTを始めた理由です。

しかし、「語り手としてのアスリート」を見る機会はあまりありません。そういった場がそもそもなかったんですね。

アスリートのパフォーマンスや言動を淡々と伝えるのではなく、まるでそのアスリートの人生を覗き見るかのような体験を読み手に提供する。それが、我々のやりたいことであり、それをこれまで達成してきたと自負しています。

これまで頂いたフィードバックからも、アスリートの物語があらゆる読み手の心に響いていることがわかります。日本でも同様の反響が得られるといいですね。

Q. 日本以外に、今後進出を考えている国はありますか?

A. 世界中の人々にアスリートの声を届けることがTPTの目的ですので、新しい市場に進出するということは常に念頭に置いています。

たとえば、ポルトガル語、イタリア語、中国語などの記事を定期的に発表しています。


なお、TPTはすでに角田裕樹選手(F1)の記事を発表しており、今後は岩渕真奈選手(サッカー)や渡邊雄太選手(バスケットボール)などを取り上げる予定だという。

参考文献:
https://www.theplayerstribune.com/jp/posts/yuki-tsunoda-formula-one-racing
https://www.sportspromedia.com/interviews/derek-jeter-the-players-tribune-japan-2021-launch

デレク・ジーター氏インタビュー①「日本は世界で3番目に大きなスポーツ市場」

Source: The Players’ Tribune

ニューヨーク・ヤンキースで20年間プレーし、現在はマイアミ・マーリンズのオーナーでもあるデレク・ジーター氏がSportsPro Mediaのインタビューに応じた。

インタビューの中でジーター氏は、自身が運営するメディア「The Players’ Tribune(TPT)」の日本進出について語った。

本ページでは、その内容を数回に分けて紹介する。

Q. TPTの日本進出の経緯について教えてください。

A. 日本は世界で三番目に大きなスポーツ市場です。スポーツコンテンツに対する需要も大きいはずです。

加えて、日本は世界でもトップクラスのアスリートを輩出しています。しかし、日本のトップアスリートがファンに直接、自由に、そして正直に話す場というのがないように見えました。

TPTというメディアを世界的に展開していくというのは、設立当初からの目標でもありました。

Q. TPTは日本のメディア界においてどのような立ち位置につくと思いますか?

A. TPTは、「アスリートが自らストーリーを語る」というメディアとして今までに類を見ないものになります。

ジャーナリストやリポーターがスポーツ業界に欠かせない存在であることは承知していますし、私自身、大きな敬意を持っています。

一方で、我々は日本のメディア界に新たな風を吹き込み、日本のアスリートに彼ら彼女らの持つユニークな物語を共有する場・ファンとより強くつながる場を提供できると信じています。

つづく。

The Players’ Tribuneはこちらから:https://www.theplayerstribune.com/jp/posts/derek-jeter-baseball-dear-japan

参考文献:
https://www.espn.com/new-york/mlb/story/_/id/11621489/derek-jeter-launches-website-connect-athletes-fans
https://www.sportspromedia.com/interviews/derek-jeter-the-players-tribune-japan-2021-launch

アンダーアーマー、「カリーブランド」を創設

NBAのスター選手ステフィン・カリーとアンダーアーマーは、「カリーブランド(Curry Brand)」という新ブランドを立ち上げることを発表した。

カリーは2013年からアンダーアーマーの広告塔として活躍しており、両者の契約は年間2000万ドルで2024年まで有効となっている。

今回発表された新ブランドは、バスケットボールのシューズやアパレルだけでなく、ゴルフ用品やランニングシューズなども取り扱う予定だという。

ターゲットとなるのは若年層で、ちょうどナイキがジョーダンブランドを立ち上げて若者を惹きつけたように、カリーブランドにも同様の効果が期待されている。

その第一歩として、カリーブランドはPositive Coaching Allianceと業務提携を結び、ユーススポーツに100万ドルを投資することを発表した。

Positive Coaching Allianceは、主に低所得者層を対象に、少年少女のスポーツ参加促進や指導者育成などを行う非営利団体である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/steph-curry-under-armour-curry-brand-nba-apparel-shoes

学生アスリートの肖像権ビジネス、契約管理、そして新会社

以前の投稿で解説した通り、NCAAは学生アスリートが自らの名前や肖像権(俗にNILと呼ぶ)を活用して収益を上げることを許可した。

禁止事項を含む細かなNIL規約はNCAAが現在作成しているが、正式に解禁された暁には、各大学に何かしらの報告義務が生まれる。

つまり「A選手がB社と〇年××ドルのエンドースメント契約を結びました」といった報告が大学側からNCAAにされるということである。

仮に大学が報告を怠ればそれは罰則の対象となりかねない。しかし、全学生アスリートの契約管理は骨が折れる作業になる。

そこでUber幹部のライル・アダムス氏は、今年4月Spryという企業を立ち上げ、学生アスリートの契約を簡単に管理できるシステムを開発した。

このシステムは、各学生の契約を整理するだけでなく、NCAAの規則違反が疑われる契約を特定したり、契約内容がアスリートの価値に見合っているかを判定したり、確定申告に役立つ情報を提供したりもできるという。

アメリカには約46万人の学生アスリートがおり、アダム氏はその50~60%がなんらかのビジネス契約を結ぶだろうと予測している。これは大きなビジネスチャンスである。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/10/12/Colleges/Spry.aspx

カネロ、DAZNとGolden Boy Promotionsを提訴

今週火曜日、サウル・アルバレス選手(通称カネロ)がDAZNとGolden Boy Promotions(およびオスカー・デラホーヤ会長)を提訴した。

カネロは「現役最強ボクサー」との呼び声高い世界4階級チャンピオンで、Golden Boy Promotionsが彼のプロモーター(マッチメイクや放映権契約などを行う興行主)を務めている。

またカネロは、2018年にDAZNと5年11試合3億6500万ドルの独占契約を結んでおり、現在彼の試合はDAZNが独占中継することになっている。

しかしカネロは2019年11月を最後に試合をしていない。5月に予定されていた試合もコロナウイルスの影響で流れていた。

カネロによれば、DAZNは次戦が決まるまでのひと先ずの支払いとして契約金の一部(4000万ドル)と同社の株式を提示したが、これには納得がいかず、プロモーターであるGolden Boy Promotionsに別の可能性を探るように要求したが、こちらも納得のいく回答は得られなかったという。

今回の訴訟で、カネロはDAZNとGolden Boy Promotionsに対して2億8000万ドルの損害賠償を要求した。

参考文献:
https://www.espn.com/boxing/story/_/id/29842347/canelo-alvarez-files-suit-vs-golden-boy-oscar-de-la-hoya-dazn-record-deal

レアル・ソルトレイク、オーナーがクラブ売却へ

ここ数日間、レアル・ソルトレイクは難局に立たされている。

先週27日、オーナーのデル・ロイ・ハンセン氏が人種差別的な発言をしたという前職員の告発が報道された。

翌28日には、MLSとNWSLが調査を開始。

そして30日、ハンセン氏は声明を発表し、差別的な発言をしたことについて深く謝罪した。

さらに「レアル・ソルトレイクが先に進んでいく上で最善なのは、新しいオーナーを迎えること」として同クラブの売却に向けて準備を進めていることを認めた。

なお、ハンセン氏が売却しようとしているのは、「ユタ・サッカー・ホールディングス」というレアル・ソルトレイクの親会社で、同社はユタ・ロイヤル(NWSL)とレアル・モナークス(USL)という2クラブも所有している。

この報道を受けて、すでに複数の人物が買収に名乗りを上げている。

元アメリカ代表選手で、現在はトロントFCでプレーするジョジー・アルティドール氏。

NFLのスター選手JJ・ワット氏。

Qaultricsというソフトウェア会社の創設者であるライアン・スミス氏。

そして、ユタ・ジャズを所有しているLarry H Miller Sports Group。

バラエティーに富んだ候補者が並ぶが、果たして、新オーナーは誰になるのだろうか。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/dell-loy-hansen-real-salt-lake-sale-racism-allegations-mls-nwsl
https://theathletic.com/2027796/2020/08/27/dell-loy-hansen-has-history-of-racist-comments-as-rsl-owner/

ジョコビッチ、男子プロテニス選手会の新設を発表

先週、プロテニス選手のノバク・ジョコビッチは「Professional Tennis Players Association(PTPA;プロテニス選手会)」の設立を発表した。

男子のプロテニス選手を代表し、大会のルール、賞金、年金、そして健康保険などに関する意見を発信することを目的とする。

他のメジャースポーツと異なり、テニスには労働組合が存在しない。選手個々が「個人事業主」として大会に参加し、その他ビジネスを展開する。

結果として、選手が一つの集団として意見を形成し、大会運営等に変化をもたらすことが難しかった。

Association of Tennis Professionals(ATP)がそういった役割を担ってきたはずだったが、ATPは自ら大会も主催しており、純粋な選手会とは異なる性質を持っている。

実際、ATP選手評議会のメンバーであったバセク・ポシュピシルは「現在のATPの組織構造では、選手が大会運営に重要な影響を与えることは極めて難しいことを痛感した」と話している。

選手会の新設にあたり、ジョコビッチは「これは労働組合ではなく、あくまで選手会です。ボイコットを呼びかけるようなことはしません。独自の大会を始めることもありません」と説明し、また、ATP選手評議会との共存も明言している。

しかし、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、そしてアンディ・マリーといったトップ選手を初め、この動きに反対する選手も少なくない。

ナダルは「テニス界が一つになることで、大きなことを達成できます。選手、大会運営、そして競技団体が協調しなくてはいけません」とコメント。またマリーは、新選手会に女子選手が関わっていないことも大きな懸念材料だとした。

果たして、新団体の設立はテニス界にどのような変化を生むのだろうか。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/novak-djokovic-mens-player-association-ptpa-nadal-federer-murray-us-open
https://www.washingtonpost.com/sports/2020/08/30/novak-djokovics-new-players-association-proposal-divides-tennis-difficult-time/