MLB、マイナーリーグ選手に和解金1億8500万ドル支払いへ

LAS VEGAS, NV – MARCH 08: The American flag waves in the breeze along with the Nevada state flag and a Minor League Baseball flag during Big League Weekend featuring the Chicago Cubs and Cincinnati Reds on March 8, 2020 at Las Vegas Ballpark in Las Vegas, Nevada. (Photo by Jeff Speer/Icon Sportswire via Getty Images)

2014年2月、元マイナーリーガー3名がMLBを相手に訴訟を起こした。原告側は、MLBの各球団が最低賃金や時間外労働に関する法律に違反していると主張。

MLB側は訴えの棄却を試みたが、2020年10月、最高裁がこれを退けた。

実際に裁判が行われて莫大な損害賠償を命じられる可能性もあったが、MLBはそうなる前に原告と和解に達した(和解は現在裁判官の承認待ち)。

とはいえ、この和解が正式に成立すれば、MLBはマイナーリーグの選手たちに対して1億8500万ドル(約255億円)を支払うことになる。

そして、そこから弁護士費用などを差し引いた約1億2019万ドルが、数千人の選手に配分されるという。

加えて、MLBは、春季キャンプや教育リーグの期間中にマイナーリーグの選手に給与を支払うことを各球団に認めた(従来、そのような行為を禁じられていた)。

現在、マイナーリーグの選手は5000人以上おり、その大半は年間4800ドル(約66万円)から1万4700ドル(約202万円)の収入を得ている(給与はシーズン中にのみ支払われる)。一部の選手は貧困ライン以下の給与を受け取っているのが現状だ。

訴訟を主導したギャレット・ブロシュース弁護士は以下のようにコメントしている。

「メジャーリーグの夢を追い求める選手たちが、貧困レベルの賃金、あるいは全く賃金を得られず、経済的に苦しい状況にあることを目の当たりにしてきました」

「今回の和解は、マイナーリーグの選手にとって、公平で公正な補償制度に向けた記念すべき一歩です」

マイナーリーグの選手たちは、さらなる労働環境改善のためにリーグへの働きかけを続けていくという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-minor-league-baseball-players-pay-lawsuit-settlement/

「アスリート版の株式市場」

元MLB選手のアレックス・ロドリゲス氏とウォルマートの元幹部マーク・ロア氏は、ビジネスパートナーとして様々な企業に投資している。

2021年4月には、ミネソタ・ティンバーウルブズとミネソタ・リンクスのオーナーの一員となり、大きな話題となった。

Photo Source: SI.com

その二人がMojoという新会社に出資することが明らかになったのだが、この会社が非常に興味深い。

Mojoが目指すのは「アスリート版の株式市場」を創造すること。アスリートが「株式」を発行し、ユーザーがそれを売買する。

実際の株式市場では企業の業績によって株価が上下するが、「アスリート版の株式市場」ではフィールド上のパフォーマンスによって株価が上下する。

「株式」の売買はRobinhoodやCoinbaseのような取引アプリで簡単に行えるように調整しているという。

Mojoはすでに7500万ドル(約88.6億円)を調達しており、2022年末までに運営を開始する予定。まずはアメリカンフットボール選手が対象になるという。

現在Mojoの経営陣は組織づくりと並行して、スポーツリーグおよびスポーツベッティング関係の各種団体と議論を重ねている。

それと言うのも、Mojoのビジネスは「株式市場」とは呼んでいるが、アスリートのパフォーマンスを対象に賭けをしているようなもので、同社に適用され得る規則を事前に検証する必要があるのだ。

参考文献:
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-03-09/a-rod-backs-new-app-that-s-a-stock-market-for-fans-of-athletes
https://www.si.com/fannation/nba/fastbreak/news/ben-stinar-of-fastbreak-on-fannation-interviewed-new-minnesota-timberwolves-owner-marc-lore-about-his-life-relationship-with-alex-rodriguez-career-and-the-purchase-of-the-team

NFL選手、NFL対象の賭けで出場停止

Photo source: CNN.com

今月7日、NFLはアトランタ・ファルコンズのカルビン・リドリーを少なくとも2022年いっぱい出場停止にすると発表した。

同選手は2021年11月、一身上の都合によりチームから離れていたが、その間にNFLの試合(ファルコンズの試合を含む)を対象にした賭けに参加しており、これがリーグ規則違反となった。

同時期にリドリーはNBA対象の賭けにも参加していたが、NFLは選手の他リーグへの賭けは認めており、こちらは処分の対象外であった。

なお、NFLによれば、リドリーが今回の賭けのためにチーム内の情報を活用したり、八百長を働きかけたりした形跡はなく、チームメイトやコーチも今回の賭けを認識していなかったという。

ちなみにNFLでは、2019年にも当時アリゾナ・カージナルスに所属していたジョシュ・ショーがNFL対象の賭けに参加して同様の処分を受けている。

参考文献:
https://www.espn.com/nfl/story/_/id/33446869/nfl-suspends-atlanta-falcons-wr-calvin-ridley-least-2022-season-betting-games
https://edition.cnn.com/2022/03/07/sport/calvin-ridley-suspended-gambling-spt/index.html

「A Fair Shot」:NIL分野における男女格差是正のための取り組み

H&R Block

今月1日、税務準備会社のH&R Blockは、女子バスケットボールの学生アスリート2名とエンドースメント契約を結んだことを明らかにした。

この契約は同社が立ち上げた「A Fair Shot」という新たな取り組みの一部として発表された。

この取り組みは、学生アスリートのNIL(名前、イメージ、肖像権)活用における男女間の格差を是正することを目的としている。

NCAAは最近規則を改訂し、学生アスリートに自らのNILを活用したビジネス(グッズ販売やエンドースメント契約など)を認めたが、H&R Blockの調査によれば、これまで学生アスリートがNIL活用によって得た報酬の67.4%が男子学生に支払われていたという。

女子学生アスリートの報酬を拡大するべく、「A Fair Shot」では、女子学生に対して総額100万ドル(約1億1500万円)のエンドースメント契約を結ぶ予定だ。

それに加えて、H&R Blockの専門である納税準備サービス(確定申告など)も契約を結んだ女子学生に提供するという。

同社のジェフ・ジョーンズ社長は「大学のNIL契約ですでに格差が広がっているのを見たとき、私たちは女子学生アスリートが公平にチャンスを得られるよう支援しなければならないと思いました」とコメント。

今回エンドースメント契約を結んだジア・クック(サウスカロライナ大)は「アスリートたちは、大学でスポーツをすることを考えるとき、財政やNILについて考え始める必要があります。H&R Blockが私に教えてくれたことは、私たちは自分たちを中小企業のように考え始める必要があるということです」と語った。

参考文献:
https://www.espn.com/womens-college-basketball/story/_/id/33399888/caitlin-clark-zia-cooke-headline-1-million-nil-initiative-targeting-inequities-women-college-athletes
https://www.hrblock.com/womens-equity-in-college-sports/

プーマ、チェス選手と初のエンドースメント契約

Puma

プーマは、チェス選手であるマグナス・カールセンとエンドースメント契約を結んだ。

カールセンは、ノルウェー出身の31歳。

2004年、当時13歳でチェス界における最高の称号である「グランドマスター」になると、2013年には史上二番目の若さで世界チェス選手権を制している。

今回の契約に基づき、カールセンはプーマが展開する様々な宣伝活動に参加することになる。

その第一弾として、カールセンは「Only See Great」キャンペーンに参加。

このキャンペーンでは、プーマとエンドースメント契約を持つアスリートたちが、それぞれのフィールドで高みを目指していく姿勢や道のりについて語っている。

今回の契約について、プーマCEOのビヨン・グルデン氏は、「スポーツは肉体的なものと思われがちですが、精神的な強さも必要です。史上最高のチェスプレイヤーとして広く知られているマグナスのように、その精神を体現している人はほとんどいません。私たちは、彼がプーマファミリーの一員となったことを誇りに思います」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/puma-magnus-carlsen-champions-chess-tour-sponsorship/

NFLドラ1、早速Fanaticsと契約

Photo Source: ESPN.com

今年のNFLドラフトで全体1位の指名を受けたトレバー・ローレンス(クレムゾン大)が、早速Fanaticsと複数年のライセンシング契約を結んだことが明らかになった。

この契約に基づき、Fanaticsはローレンスのグッズ(ユニフォーム、ヘルメット、サイン入りボールなど)を独占的に生産することになる。

ローレンスは大学時代から大きな注目を集めてきた選手で、Fanatics以外にもアディダスやゲータレードなどとエンドースメント契約を結んでいる。

また、彼を指名したジャクソンビル・ジャガーズとFanaticsの本社はともにフロリダ州ジャクソンビルにあり、そういった意味でもローレンスはFanaticsにとって魅力的なアスリートである。

契約に際してローレンスは「Fanaticsファミリーに加わることを楽しみにしております。ジャクソンビルの会社ですしね。Fanaticsは業界で最も信頼のある会社です。グッズなどを通して、ファンにもっとアメリカンフットボールを身近に感じてもらえるように協力していきます」とコメント。

なお、Fanaticsは、トム・ブレイディ(NFL)、ザイオン・ウィリアムソン(NBA)、サブリナ・イオネスク(WNBA)、アーロン・ジャッジ(MLB)といった各リーグのスター選手とも同様の契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/trevor-lawrence-fanatics-memorabilia-collectibles-jerseys

マスターズ、アメリカでの視聴率

Getty Images

松山英樹選手の優勝で幕を閉じた2021年マスターズ・トーナメント。日本では大きな話題を呼んだが、アメリカでの視聴率はどうだったのだろうか。

CBSが中継を担当したトーナメント最終日の平均視聴率は5.5%。約945万人が視聴したという。

これは2020年大会の3.4%(559万人)よりも高く、また、今シーズン中継されたどのゴルフイベントよりも高い数字であった。

さらに、Sports Media Watch社によれば、松山選手が優勝を決めた瞬間の視聴率は、コロナ禍に開催されたスポーツイベントのなかで6番目に高い数字だったという(ただし、アメリカンフットボールの試合は除く)。

一方で、マスターズの歴史を振り返れば高い数字というわけでもない。

コロナ禍の影響で開催時期が不規則であった2020年大会を除けば、今回は最も視聴者が少なかった大会に分類される。

たとえば、タイガー・ウッズが優勝した2019年大会の平均視聴者数は1080万人、最高視聴者数は1830万人であった。

とはいえ、1000万人近くの視聴者を惹きつけたというのはマスターズという大会のブランド力の賜物であり、松山選手にとっては、アメリカにおける知名度を一気に押し上げるこれ以上ない機会となったと言えるだろう。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/the-masters-2021-cbs-espn-tv-ratings-final-round-hideki-matsuyama

アレックス・ロドリゲス氏、ティンバーウルブスを買収へ

Photo Source: USA TODAY Sports

元MLB選手のアレックス・ロドリゲス氏が、元ウォルマート幹部のマーク・ローリー氏と共同でミネソタ・ティンバーウルブスの買収に動いていることが明らかになった。

The Athleticの報道によれば、今回の買収はティンバーウルブス(NBA)とリンクス(WNBA)の両チームが対象となり、買収額は15億ドルほどになる見通しだという。

現オーナーのグレン・テイラー氏は1994年に8800万ドルでティンバーウルブスを買収しており、ロドリゲス氏への売却が成立すれば、大きな利益を手にすることになる。

ロドリゲス氏とローリー氏は、現在30日間の最終交渉に臨んでおり、近く最終的な決定が発表される。

ロドリゲス氏と言えば、昨年ニューヨーク・メッツの買収に動いたが最終的には諦めている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/minnesota-timberwolves-sale-alex-rodriguez-marc-lore-glen-taylor

NBA、中国にトレーニングセンターをオープン

NBAは、中国の海南省にトレーニングセンターをオープンした。

中国における男子・女子バスケットボール選手の育成が目的で、対象は広くジュニアからプロまで。

屋内バスケットボールコート5面に加え、ジム、リハビリセンター、屋内プール、レストラン、選手の居住スペースも設置されている。

NBAに資格を与えられたコーチがトレーニングプログラムの作成および選手育成を担当する。

NBAの現役選手および元選手が指導にあたることもあるという。

ちなみに、このプロジェクトは2017年に故コービー・ブライアント氏が発案したものである。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nba-training-centre-china-mission-hills-hainan
https://www.sportspromedia.com/news/nba-to-launch-first-basketball-school-in-china

デレク・ジーター氏インタビュー②「世界中の人々にアスリートの声を届ける」

Source: The Players’ Tribune

Q. The Players’ Tribune(TPT)は日本でも受け入れられると思いますか?

A. 私は、現役時代、ロッカールームや遠征先で話をするたび、アスリートがいかに素晴らしい語り手であるかを知りました。これが2014年にTPTを始めた理由です。

しかし、「語り手としてのアスリート」を見る機会はあまりありません。そういった場がそもそもなかったんですね。

アスリートのパフォーマンスや言動を淡々と伝えるのではなく、まるでそのアスリートの人生を覗き見るかのような体験を読み手に提供する。それが、我々のやりたいことであり、それをこれまで達成してきたと自負しています。

これまで頂いたフィードバックからも、アスリートの物語があらゆる読み手の心に響いていることがわかります。日本でも同様の反響が得られるといいですね。

Q. 日本以外に、今後進出を考えている国はありますか?

A. 世界中の人々にアスリートの声を届けることがTPTの目的ですので、新しい市場に進出するということは常に念頭に置いています。

たとえば、ポルトガル語、イタリア語、中国語などの記事を定期的に発表しています。


なお、TPTはすでに角田裕樹選手(F1)の記事を発表しており、今後は岩渕真奈選手(サッカー)や渡邊雄太選手(バスケットボール)などを取り上げる予定だという。

参考文献:
https://www.theplayerstribune.com/jp/posts/yuki-tsunoda-formula-one-racing
https://www.sportspromedia.com/interviews/derek-jeter-the-players-tribune-japan-2021-launch