NHL、新シーズン中に大幅収入増見込む

Image Source: NHL.com

NHLの2021/22年シーズンが今週12日に開幕する。

NHLは、今シーズンから新チーム「シアトル・クラーケン」が加わり、32チーム体制となる。

コミッショナーのゲイリー・ベットマン氏によれば、同リーグは今シーズン大きな収入増を見込んでいるという。その根拠は以下の通り。

まず、今年3月、NHLはESPNと7年間の放映権契約を結んだ。これにより、年間4億ドル以上の収入が確保された。

その一か月後の4月、NHLはTurner Sportsとも7年間の放映権契約を締結。こちらは年間2億2500万ドルの収入となる。

スポンサーシップでは、昨年に解禁されたヘルメットスポンサーシップに加え、ユニフォームスポンサーシップも導入された。

早速ワシントン・キャピタルズがCaesars Entertainmentと年間600万ドルのユニフォームスポンサー契約を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-gary-bettman-revenue-2020-21-season/

MLB.TVの視聴分数、過去最高を記録

Image Source: https://www.mlb.com/news/mlb-tv-free-game-of-the-day-indians-angels

2021年のMLBレギュラーシーズンが終了した。

MLBによれば、レギュラーシーズン中に、リーグが運営するストリーミングサービス「MLB.TV」の視聴分数の総計が105億分となり、過去最高を記録したという。

MLB.TVは2002年にサービスが開始され、これまでの総視聴分数の記録は2019年に記録された73.8億分であった。

さらに、MLB.TV史上最も視聴された上位10試合のうち9試合が2021シーズンの試合となったという。

この記録に関してMLBは、歴史的なシーズンを送った大谷翔平選手を初め、多くのスター選手が注目を集めたことが要因であると説明している。

Conviva社のデータによれば、今シーズン、SNS上で最も多くの新規フォロワーを獲得したのはロサンゼルス・エンゼルスであったという。

一方で、MLB.TVは、地域外のファンを対象にしたサービスで、地元チームの試合は視聴不可となっている(テレビ中継の視聴者数を減らさないための措置で「ブラックアウト」と呼ばれる)。

テレビからストリーミングに切り替える人が増えていくなかで、ブラックアウトに対する批判の声も上がっており、これがMLB.TVの今後の課題となるだろう。

参考文献:
https://www.mlb.com/press-release/press-release-mlb-tv-surpasses-10-billion-minutes-viewed-for-first-time-ever-and
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-tv-streaming-records-2021-regular-season/?blocktaxonomy=news

「女子スポーツのファン」と「男子スポーツのファン」、どう違う?

Photo Credit: MATT SLOCUM | AP

スポーツマーケティング代理店のThe Space Between社は、興味深い調査結果を発表した。

このなかで同社は、女子スポーツと男子スポーツのファンを比較している。
*なお、「女子スポーツ」「男子スポーツ」はアスリートの性別を示しており、ファンの性別は関係ない。

主な調査結果は以下の通り。

・女子スポーツのファンは、スポンサー企業を正しく記憶している割合が、男子スポーツのファンよりも2倍高い。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンに比べて、スポンサー製品を購入する傾向が25%高い。
・「スポンサー企業は社会をよりよくするために取り組むべきだ」という文言に対して、女子スポーツのファンは50%が「強い同意」を示した一方、男子スポーツのファンで「強い同意」を示したのは20%であった。
・女子スポーツのファンの40%は、スポンサー企業が自分の価値観を反映していることが非常に重要であると考えているのに対し、男子スポーツのファンは20%がそのように考えていた。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンよりもテクノロジーに精通している。
・女子スポーツのファンは、男子スポーツのファンよりも環境問題に関心が高い。

これらの結果を踏まえ、The Space Betweenのアダム・レインコック氏は「ファンがそのスポーツとどのように接するのかということに関して、女子スポーツと男子スポーツで根本的な違いがあります」と説明した。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/womens-sport-study-space-between-audience-fans-sponsorship/

「アイスホッケー版3 on 3」五輪種目入りを目指す

Getty Images

国際アイスホッケー連盟の新会長に選出されたリュック・タルディフ氏は、2030年の冬季オリンピックを視野に入れ、3対3の新フォーマットを試すことを明らかにした。

タルディフ氏は以下のようにコメントした。

「これは、ジェネレーションZ(1990年代中盤~2000年代終盤に生まれた世代)に受けると思います。我々は新しい形を探る必要があるのです。3 on 3は、2020年のユースゲームですでに試しています」。

「我々はオリンピックのために膨大な仕事をしています。しかし、我々が授与できるメダルは、男子3個、女子3個のわずか6個なのです」

「我々は1500万ドル(約16.6億円)を投じて、審判を招集し、予選を開催しているのです。しかしそれに見合った評価を受けていないと思います。アイスホッケーの持つ影響力はもっと価値があるはずなのです」

「だから私は言うのです。『3 on 3を推し進めるぞ。もっと存在感を出していくために』と」

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/iihf-ice-hockey-three-on-three-winter-olympics-president-luc-tardif/

「アイスホッケー版3 on 3」五輪種目入りを目指す

国際アイスホッケー連盟の新会長に選出されたリュック・タルディフ氏は、2030年の冬季オリンピックを視野に入れ、3対3の新フォーマットを試すことを明らかにした。

タルディフ氏は以下のようにコメントした。

「これは、ジェネレーションZ(1990年代中盤~2000年代終盤に生まれた世代)に受けると思います。我々は新しい形を探る必要があるのです。3 on 3は、2020年のユースゲームですでに試しています」。

「我々はオリンピックのために膨大な仕事をしています。しかし、我々が授与できるメダルは、男子3個、女子3個のわずか6個なのです」

「我々は1500万ドル(約16.6億円)を投じて、審判を招集し、予選を開催しているのです。しかしそれに見合った評価を受けていないと思います。アイスホッケーの持つ影響力はもっと価値があるはずなのです」

「だから私は言うのです。『3 on 3を推し進めるぞ。もっと存在感を出していくために』と」

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/iihf-ice-hockey-three-on-three-winter-olympics-president-luc-tardif/

NHL初のユニフォームスポンサー契約

Photo Source: NHL.com

ワシントン・キャピタルズは、Caesars Entertainmentと複数年のユニフォームスポンサー契約を結んだ。

2022/23年シーズンから、本拠地で着用されるユニフォームに「Caesars Sportsbook」のロゴがつけられる。

NHLにおけるユニフォームスポンサーは先月解禁されたばかりで、これが第一号の契約となる。

ラスベガスに本社を置くCaesars Entertainmentは全米に50以上のカジノ、ホテル、ゴルフコースを保有し、近年はスポーツベッティング関連のサービスにも力を入れている。

今年5月には、キャピタルズの本拠地のなかにもスポーツベッティングスペースを新設している。

また、スポーツスポンサーシップにも積極的で、今年7月にはニューオーリンズ・セインツの本拠地のネーミングライツを購入した。契約は20年1億3800万ドル(約154億円)とも言われている。

Photo Source: Neworleanssaints.com

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/washington-capitals-caesars-sportsbook-jersey-patch-sponsorship/
https://www.reviewjournal.com/business/casinos-gaming/caesars-saints-set-to-ink-138m-deal-for-superdome-naming-rights-2404665/

座席に飲食デリバリー

AP Photo/Susan Walsh

ワシントン・フットボール・チームは、フードデリバリーのGrubhubと業務提携を結び、飲食のデリバリーサービスを始めた。

試合観戦に訪れた観客は、座席から飲食を注文し、それを座席で受け取ることができるようになる。

なお、飲食の注文には、Grubhubのアプリか、座席裏にあるQRコードが活用される。

このサービスを導入したことで、同スタジアムにおける飲食の待ち時間が半減したという。

Grubhubは、サッカーのCONCACAFゴールドカップでも同様のサービスを提供しており、スポーツ組織との業務提携は、これが2つ目となる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/washington-football-team-nfl-grubhub-fedex-field-denver-broncos-mattress-firm/?blocktaxonomy=news

レイカーズ、Bibigoとユニフォームスポンサー契約

Photo Source: Los Angeles Lakers

ロサンゼルス・レイカーズは、韓国の食品会社であるBibigoと、ユニフォームスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

NBAのユニフォームスポンサーのうち、Bibigoは唯一の食品会社、そして唯一の韓国企業となる。

ロサンゼルスタイムズ紙によると、契約は5年総額1億ドル(年間2000万ドル)以上になると見られる。

ちなみに、昨年までレイカーズがWish社と結んでいたユニフォームスポンサー契約は年間1200~1400万ドルと言われているので、レイカーズは年間600万ドル以上の収入増が見込める計算になる。

Bibigoは、ユニフォームスポンサーに加えて、レイカーズの公式グローバルスポンサーにも指名された。

今回の契約に基づき、レイカーズは、アリーナ内やウェブサイト上でBibigoの宣伝を行う。また、Bibigoとレイカーズと共同で独自のコンテンツ制作やファンサービスの拡充を図る。

今回の契約についてレイカーズの担当者は以下のようにコメントしている。

「彼らは世界的なブランドであり、韓国の食と文化を先導しています」

「食品を介して世界中のファンとのつながりを作ろうとしている企業と提携できるのは、非常に良いことだと思いますし、Bibigoと素晴らしい関係を築くことを楽しみにしています」

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/la-lakers-bibigo-jersey-patch-sponsor-global-marketing-rights/

Fanatics、スポーツ賭博会社を買収か

Getty Images

一部報道によると、Fanaticsがスポーツブックメーカーの買収に動いているという。

現在Fanaticsが買収の協議を進めているのは、Rush Street Interactive(RSI)とBetssonの二社。

RSIは現在、イリノイ州、ペンシルバニア州、ニュージャージー州など10州で事業を展開している。オンライン事業も好調で、総収入は業界トップ5に入る。同社の企業価値は36億1000万ドルと見積もられている。

一方、Betssonはスウェーデンに本社を構え、現在アメリカでは事業を行っていないが、かつて企業価値13億ドルの評価を受けている。

Fanaticsは昨今スポーツ賭博への進出を模索してきた。

今年6月には、スポーツ賭博関連ビジネスも展開しているFanDuel社の元最高経営責任者を雇っている。

さらに、8月には、スポーツ賭博を含む新事業開拓のために、3億2500万ドルの資金調達を行っている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fanatics-sports-betting-sportsbook-rush-street-interactive-betsson/

マンチェスター・シティ、WeWorkと業務提携

Photo Source: https://www.mancity.com/news/club/wework-partnership-launch-63767212

WeWork社は、マンチェスター・シティと業務提携を結び、同クラブのオフィシャルワークプレイスパートナーとなることを発表した。

WeWork社は世界中に800を超えるオフィススペースを保有しており、それを利用者に貸し出すサービスを提供している。

今回の契約に基づき、マンチェスター・シティの従業員は、イギリスおよびシンガポールでWeWork社が管理するすべてのオフィススペースを利用することが許される(その他の国においても、一部のWeWork社のオフィススペースが利用可能になる)。

リモートワークが浸透するなかで、WeWorkのように個人にワークスペースを貸し出すビジネスが拡大していること、そして人気スポーツクラブが海外にクライアントやファンを増やしていることなどを考えれば、このような契約が今後増えていくことも考えられる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/manchester-city-wework-office-space-partnership-deal-premier-league/

ニュージーランド初のプロ女子サッカーチーム誕生

Getty Images

ウェリントン・フェニックスは、ニュージーランドで初めての女子プロサッカークラブとなった。

フェニックスは、オーストラリアを拠点とするW-Leagueに10番目のクラブとして参入する。同リーグの2021/22シーズンは11月13日に開幕する。

ニュージーランドは、2023年のFIFA女子ワールドカップ開催を控えており(オーストラリアと共催)、今回のプロクラブ設立は、ニュージーランド選手に国内でプロキャリアを積むという選択肢をもたらす。

ニュージーランドサッカー協会の最高責任者であるアンドリュー・プラグネル氏は、以下のように語る。

「これは、ニュージーランド代表選手がW-Leagueに参加できるようにするために、ニュージーランドサッカー協会、ウェリントン・フェニックス、オーストラリアサッカー連盟、そしてオーストラリアのプロリーグが、何年にもわたって行ってきた作業の集大成であり、この実現に向けて役割を果たしたすべての人々に拍手を送りたいと思います」

「これは、2023年のFIFA女子ワールドカップの共同開催に向けた真のコラボレーションです」

また、フェニックスのGMであるデビッド・ドーム氏は「ニュージーランドの女子サッカーに新たな歴史を作ることをとても楽しみにしています」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wellington-phoenix-womens-team-w-league-new-zealand-2021/