新チーム「カンザスシティ・カレント」②

カンザスシティ・カレントは、クラブ名・ロゴの発表とともに、同クラブ専用のスタジアムを建設する計画も発表した。

アメリカの女子サッカークラブが専用スタジアムを持てば、史上初である。

カレントは、すでにスタジアム建設地のリース(50年契約)を確保し、設計・施工の担当企業も決定している。

新スタジアムは11,000席、建設費用は約7000万ドル(約80億円)になる予定で、オーナーグループが全額を出資するという。

建設スケジュールに関して公式な発表はなかったが、報道によれば2022年春か夏に着工し、2024年の完成を目指しているという。

共同オーナーであるアンジー・ロング氏は、「ワールドクラスの施設は、プロスポーツが変革するための『触媒』となります」とコメント。

「特に、女子スポーツは今、凄まじい勢いを持っています。このような大規模スタジアムを建設することによって、女子サッカーおよび地元地域が恩恵を受けられるよう、主要な役割を果たせることをとても誇りに思います」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/kansas-city-nwsl-new-stadium-womens-football/

新チーム「カンザスシティ・カレント」①

女子サッカーのプロリーグNWSLは、現在クラブ数を拡大中である。今年2クラブが新規参入を果たし、来年にも新たに2クラブが加わる予定だ。

新規参入クラブの一つであるカンザスシティは、今年5月からすでにリーグ戦を戦っているが、つい数週間前まで正式なクラブ名が存在しなかった。

リーグ戦も終盤に差し掛かった10月30日、同クラブはついに「カンザスシティ・カレント(Kansas City Current)」という正式名称を発表した。

クラブオーナー曰く、この「カレント(Current)」という名前は、水やエネルギー、動きの力強い「流れ」をイメージしたものだという。

「ファンや選手、住民の方々の意見に耳を傾けたところ、様々な方々から『野心的』『激しい』『力強い』『先見性がある』『インクルーシブ』といった言葉を聞きました。その瞬間、スタッフ全員が水面下でうごめく止められない力のビジョンを思い浮かべたんです。ミズーリ川沿いにトレーニング施設とスタジアムの建設地が決まったとき、クラブ名は『カンザスシティ・カレント』でなければならない、と全員が確信しました」(クリス・ロング共同オーナー)

この「流れ」のイメージはクラブのロゴにも描かれている。カンザスシティを意味する「KC」の後ろの三本線がそれだ。

また「KC」の右横にある二つの星は、カンザスシティが二つの州(カンザス州とミズーリ州)にまたがる都市であることを表している。

今回のクラブ名・ロゴ発表に合わせて、同クラブは史上初となるある計画を発表したのだが、それはまた次回。

参考文献:
https://equalizersoccer.com/2021/10/30/kansas-city-current-nwsl-team-permanent-name-brand-unveiled/
https://www.kansascity.com/sports/mls/fc-kansas-city/article255355636.html

コカ・コーラ、BodyArmorを買収

今月1日、コカ・コーラ社は、スポーツドリンクメーカーのBodyArmor社を買収したと発表した。

2011年設立のBodyArmor社は、コービー・ブライアントやクレイ・トンプソンなどの著名人から出資を受けるなど、新興スポーツドリンクとして注目を集めた。

プロモーション面でも、大坂なおみ、マイク・トラウト、ジェームズ・ハーデンなどとエンドースメント契約を結び、存在感を強めた。

2018年、コカ・コーラ社はBodyArmor社に対して一回目の投資を行い、株式15%を獲得。

今回改めて56億ドル(約6362億円)の投資を行い、同社の完全所有権を獲得した。

なお56億ドルという金額は、コカ・コーラ社がこれまでブランド買収のために投じた最高の金額である(それまでの最高額は2019年にCosta Coffeeに支払った51億ドル)。

今回の買収によって、コカ・コーラ社はスポーツ飲料市場でのマーケットシェアを拡大することになる。

この市場で約70%のシェアを誇るゲータレード(ペプシコ社)との差は依然として大きいが、コカ・コーラ社とBodyArmor社の相乗効果によってこの差がどれほど埋まるのか、注目である。

参考文献:
https://www.cnbc.com/2021/11/01/coca-cola-buys-full-control-of-bodyarmor-for-5point6-billion-.html

FanaticsがIOCと業務提携、「常設オンラインストア」の設立を目指す

Photo Source: https://www.sportico.com/business/commerce/2021/fanatics-olympics-shop-1234645099/

IOCはFanaticsと業務提携を結び、オリンピック関連グッズを販売する常設オンラインストアの設立を目指すと発表した。

従来、オリンピックの公式オンラインストアは、各オリンピック組織委員会によって設立され、大会終了とともに閉鎖されてきた。

しかしこのような一時的なグッズ販売では、利用者層に限りがあり、知識の共有もなく、顧客データの活用も限定的にならざるを得なかった。

今回初めてIOCが責任者となり、Fanaticsとともに常設のオンラインストアを設立することでこれらの課題解決を目指す。

その第一段階としてFanaticsは、2024年パリ大会、2026年ミラノ・コルティナ大会、2028年ロサンゼルス大会のネット販売の統合に取り組むという。

なお、今回の契約に伴い、Fanaticsは上記の3大会および過去のオリンピック大会の関連グッズを制作する権利も獲得している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fanatics-ioc-paris-2024-olympics-ecommerce-platform-merchandise/

シアトル・クラーケン、本拠地を披露

Getty Images

今シーズンからNHLに新規参入したシアトル・クラーケンは、本拠地「クライメイト・プレッジ・アリーナ(Climate Pledge Arena)」での初戦を行った。

同アリーナのネーミングライツ(命名権)はAmazonが購入したが、同社は、社名や製品名ではなく「クライメイト・プレッジ(Climate Pledge)」という名を冠した。

これはAmazonが2019年に始めた環境問題に対する取り組みで、「2040年までに温室効果化ガスの実質ゼロ」を掲げている。

通常は企業の認知度やイメージ向上のために利用される施設命名権を、気候変動への関心を高めるために利用したのである。

これに従い、同アリーナに関する様々な取り決めも持続可能性が念頭に置かれている。

たとえば、2024年までにアリーナでの廃棄物をゼロにすること、食料を地元で調達すること、使い捨てのプラスチックをすべて排除すること、アイスリンクに雨水を再利用すること、会場の電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことなどが言及されている。

このアリーナのもう一つの特徴が、各所に応用されているAmazonの新技術である。

たとえば、「Just Walk Out」という技術が使われたショップでは、顧客は会計なしで買い物を済ませることができる。

顧客は、店舗の入り口でクレジットカードを入力し、あとは欲しいもの(グッズや食べ物・飲み物)を持って店を出るだけで取引が自動的に完了するようになっている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/seattle-kraken-nhl-tech-amazon-climate-pledge-arena-tech/?blocktaxonomy=technology

エンジェルシティFC、チケット売上の一部を選手に直接還元

The Angel City Football Club’s stadium | CREDIT: ANGEL CITY FOOTBALL CLUB

女子プロサッカーのNWSLに新規参入するエンジェルシティFCは、チケット売上の一部を直接選手に還元する計画を明らかにした。

この新基金への参加を希望する選手には、ホームゲームのチケット総売上の1%が均等に配分される。

その代わりに、参加選手には、SNSを活用してチケット情報を宣伝する義務が生まれる。

ちなみに、エンジェルシティFCはすでに1万1000枚以上のシーズンチケットを販売している。したがって、現時点ですでに数千ドルの還元が確定している。

エンジェルシティFCのジュリー・アーマン社長は、同クラブの目指すものの一つとして、「女子スポーツおよび女子選手の報酬に対する貢献」を上げ、以下のように語った。

「この基金は、ファンの皆さんに、私たちと一緒に真の変革をもたらす力を与えるものです。エンジェルシティは、ファンのために素晴らしい雰囲気を作り、エキサイティングで多様性に富んだチームを作るだけでなく、選手一人ひとりに直接利益をもたらすつもりです。私たちは、あらゆるスポーツ(特に女子スポーツ)のチームが、このモデルの採用を検討することを期待しています」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/angel-city-nwsl-ticketing-revenue-percentage-nil/

アメリカ、ラグビーW杯招致へ

写真:AFP/アフロ

米国ラグビー協会は、2027年または2031年に開催されるラグビーワールドカップの招致活動を正式に開始した。

実現すれば、アメリカ大陸(北米・南米)で初めての開催となる。

現時点でロサンゼルス、ラスベガス、シカゴ、ニューヨークなどの都市が開催に関心を示しており、試合の一部はNFLのスタジアムで行われる予定だ。

招致委員長のジム・ブラウン氏は次のようにコメントしている。

「アメリカの地でワールドカップを開催するという私たちのビジョンを紹介する、誇らしい瞬間です」

「私たちは、この招致活動に自信を持っています。関係者のサポート、開催に関心を示す都市、メガスポーツイベントを開催できる世界トップクラスのインフラ、そしてアメリカのスポーツファン人口。ラグビーをアメリカ国内そして世界中でより大きくする絶好の機会です」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/major-events-sustainability/usa-launches-official-bid-host-2027-2031-rugby-world-cup/

MLB、新しいストリーミングサービスを検討中

SOPA Images/LightRocket via Getty Images

先日の投稿でMLB.TVについて解説した際、今後の課題としてブラックアウト(地元チームのホームゲームをネット観戦できないこと)を挙げたが、これが近いうちに解決するかもしれない。

一部報道によると、MLBは、地元チームのホームゲームを観戦できる新しいストリーミングサービスの開始に向けて協議しており、早ければ2023年シーズンにもこのサービスが開始されるという。

ちなみに、放送される内容は地元テレビ局が放送するものと同じになる予定。新サービス導入後もMLB.TVは地域外のファンを対象にしたサービスとして存続するという。

そもそも従来MLBがブラックアウトを適用してきたのは、テレビ中継の視聴者数を減らさないためであった。

新サービスはケーブルテレビと契約していない若年層をターゲットにしているため影響は限られている、というのがMLB側の主張のようだが、これにテレビ局側が納得しなければ、今後MLBとテレビ局との放映権契約はこれまでのような巨大契約にはならないかもしれない。

そこで、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は、ケーブルテレビ加入者が実際に減少した際には、新しいストリーミングサービスの収益の一部をテレビ局に提供する可能性を検討しているという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/mlb-streaming-service-ott-cable-tv-rob-manfred/
https://nypost.com/2021/10/17/mlb-in-talks-to-launch-nationwide-streaming-service-for-home-games/

デビルズとプルデンシャル社による前例のない取り組み

Getty Images

ニュージャージー・デビルズと保険大手のプルデンシャル・ファイナンシャル社は、他に類を見ないユニークな取り組みを始める。

両者は2020年12月にヘルメットスポンサー契約を結び、それ以来、デビルズのヘルメットにはプルデンシャル社のロゴがついている。

今週プルデンシャル社は、そのロゴスペースを黒人が経営する地元企業に寄付すると発表した。

現在申請を募っており、見事採用された企業は、2021/22年シーズンの13試合において、デビルズのヘルメットに無料でロゴを掲載することができる。

これに加えて、プルデンシャル社による財務状況のカウンセリング、マーケティングやビジネスに関するコンサルティング、広告の露出、人脈を広げる機会なども約束された。

この取り組みは、ニュージャージー州の黒人起業家を支援し、ビジネスチャンスを拡大することを目的とした「Buy Black」というプログラムの一環として行われる。

デビルズのジェイク・レイノルズ社長は「プルデンシャル・ファイナンシャル社とのパートナーシップは、スポーツとエンターテイメントの力を増幅させ、私たちのコミュニティに意味のある変化をもたらすものです」と語った。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/new-jersey-devils-prudential-helmet-sponsorship-black-businesses-nhl/

NFL、ドイツ興行の開催地候補3都市を発表

Photo Source: https://topbroadcasting.com/nfl-germany-dusseldorf-frankfurt-and-munich-named-as-three-finalist-cities-in-seek-for-host-accomplice/#

NFLは、2022年からドイツで開催される「インターナショナル・シリーズ」の候補都市をミュンヘン、フランクフルト、デュッセルドルフの3都市に絞ったことを明らかにした。

NFLによれば、ドイツには1900万人のNFLファンが存在し、その数は年々拡大している。

しかし、ドイツではこれまでNFLのレギュラーシーズンが開催されたことはなく、1994年にプレシーズンが開催されたのが最後となっている。

NFLのヨーロッパ・イギリス担当責任者であるブレット・ゴスパー氏は「ドイツのファンベースを拡大するためには、レギュラーシーズンの試合を開催することが非常に重要です。アメリカンフットボールへの盛り上がりを高め、ファンや地域社会とのつながりを深めることができるからです」とコメントしている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-germany-international-series-games-munich-frankfurt-dusseldorf-hosting/