ヤンキース、ユニフォームスポンサーシップで巨大契約狙う

New York Yankees’ Aaron Judge, right, celebrates with Kyle Higashioka (66) as he returns to the dugout after hitting a grand slam off Pittsburgh Pirates relief pitcher Manny Banurelos during the eighth inning of a baseball game in Pittsburgh, Wednesday, July 6, 2022. (AP Photo/Gene J. Puskar) COPYRIGHT 2022 THE ASSOCIATED PRESS. ALL RIGHTS RESERVED

ニューヨーク・ヤンキースは、ユニフォームスポンサー獲得のために、代理店であるLegends Global Partnershipsに支援を依頼した。

MLBの各チームは2023年シーズンからユニフォーム袖にスポンサーロゴを掲出することが認められており、すでにサンディエゴ・パドレスがMotorola社と契約を結んでいる

MLBはこのスポンサーシップを通して、リーグ全体で年間最大4億ドル(チーム平均1300万ドル以上)の収益を見込んでいるが、ヤンキースはその平均をはるかに上回る契約を目指しているという。

具体的には、「最上級のスタジアムネーミングライツ契約並み」の複数年契約を目指していると報道されており、その場合、契約金は年間2000万ドルを超えることになりそうだ。

Legends社は2008年にヤンキースとダラス・カウボーイズのオーナーが共同で設立した代理店で、ヤンキースは現在も少数株主である。

同社は2020年にGlobal Partnerships 部門を立ち上げ、スポンサーシップ販売、不動産開発、ホスピタリティといった分野での代理業務を展開している。

同社は他のMLBチームからもユニフォームスポンサー契約の支援を依頼されたようだが、それらを全て断り、ヤンキースの契約に集中しているという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/new-york-yankees-patsch-sponsor-legends-mlb/
https://www.forbes.com/sites/timcasey/2022/07/14/new-york-yankees-working-with-legends-in-search-for-inaugural-jersey-patch-sponsor/?sh=2352aae257b5

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中