WNBA、試合数・チーム数の増加を計画中

Getty Images

WNBAのコミッショナーであるキャシー・エンゲルバート氏は、同リーグの試合数を2023年シーズンから40試合に拡大することを発表した。

エンゲルバート氏は「視聴率からも明らかなように、WNBAには大きな関心が集まっています。それに対して我々は成長を続けることで答えなくてはいけません」とコメントした。

実際、WNBAのテレビ視聴率はここ数年成長している。

2021年のレギュラーシーズンでは、ESPNの視聴率が2019年比で24%増を記録。同年のWNBAファイナルはESPNとABCが4試合を中継し、平均54万8000人の視聴を記録した。

さらに、WNBAの労使協定では、1シーズンで最大44試合まで開催することが合意されており、エンゲルバート氏は今後も試合数を40~44試合開催する予定だと説明した。

また、エンゲルバート氏は、WNBAのチーム数拡大に関しても言及。

同氏は「遅くとも2025年までに、可能であれば2024年までに、2チーム増やしたい」と語り、候補都市としてフィラデルフィアが検討されていることも明らかにした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-commissioner-cathy-engelbert-2023-regular-season-40-games/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中