UCLA とUSC、Pac-12を脱退しBig Tenに加入へ

ESPN

先週木曜日、「UCLAとUSCが2024年にPac-12を脱退しBig Tenに加入する」という衝撃的なニュースが飛び込んできた。

両校はPac-12を代表する名門校で、同カンファレンスの収益やブランド力への貢献度も大きい。この脱退はPac-12にとって大きな痛手となる。

このニュースに関して、Pac-12は「非常に驚き、失望した」という声明を発表している。

ここ数年、カレッジスポーツ(特に人気カンファレンス周辺)で動きが慌ただしくなっている。

2021年、テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12を脱退し、SECに加入することを発表(実際の脱退・加入は2025年頃を予定)。関係者に衝撃を与えた。

人気校の脱退は、カンファレンス全体の収益減(特に放映権・スポンサーシップ)やブランド力低下を招き、それがひいては所属する各大学の収益にも負の影響を及ぼす。

「人気カンファレンスに所属すれば安泰」という考えはもはや通用しない。そういった危機感が急速に広がった。

今回のUCLA・USCによる決断の裏にも将来の不透明さがある。

ESPNの取材に応じた関係者は「UCLAとUSCは、長期的な視点に立って最適な立ち位置を確保するための決断をしなければなりません。将来は非常に不透明であり、強い立場に立ってビジネスを展開することが求められるのです」と語った。

Pac-12からの脱退は、これまで築いてきたもの(カンファレンス内のライバル関係など)を失うことを意味するが、これまでなかった機会を得ることにもつながる。

Big Tenはここ数年、Pac-12の2倍近くの収益を上げており、UCLA・USCの加入はそれをさらに押し上げることになるだろう。

このニュースが他の人気校・カンファレンスにどのような影響を与えるのか注目である。

参考文献:
https://www.espn.com/college-sports/story/_/id/34173688/source-usc-ucla-considering-move-pac-12-big-ten

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中