Apple、MLSと巨大放映権契約

AppleがMLSと10年間の放映権契約を結び、サッカー中継に参入することが明らかになった。

今回の契約では、MLSの全試合が対象となり、一部報道によれば、契約金は年間2億5000万ドルに及ぶという。

Appleはこれらの試合を同社のストリーミングサービスApple TVを通じて全世界に向けて中継する予定で、試合中継の他にもハイライトや分析、その他の関連コンテンツも放送するという。

Appleは最近MLBとも放映権契約を結んでおり、主要スポーツリーグとの放映権契約はこれが二例目となる。

Appleのサービス担当上級副社長エディ・キュー氏は、2026年FIFAワールドカップがアメリカ、カナダ、メキシコで共催されることにも言及し、「MLSとAppleが共に素晴らしいことを成し遂げるために、非常に大きな契約です」とコメント。

さらに同氏は「主要スポーツリーグの全試合が一つのところで視聴できるというのは異例でしょう。ブラックアウト(地元チームのホームゲームをネット観戦できないこと)なし。一切の制約なし。これはとてもいいことでしょう」と付け加えた。

昨今、各スポーツリーグが様々なストリーミングサービスを通じて試合中継を行っているが、それぞれに複雑な制約があり、ファンの混乱や反発を招いている。

その最たる例がMLBで、自前のストリーミングサービスMLB.TVを初め、ESPN+、Peacock、YouTube、そしてApple TV+で試合中継をしている。

キュー氏の発言は、「ややこしいこと抜きで、すべての試合を見られるところを一つにまとめてほしい」というファンの声をAppleが契約に反映されたというアピールなのである。

参考文献:
https://theathletic.com/news/mls-tv-deal-espn-apple-univision/cbC0ubEBpHsb/
https://www.sportspromedia.com/news/apple-mls-broadcast-rights-deal-global-streaming/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中