MLB、ユニフォーム(およびヘルメット)スポンサーシップを導入へ

Justin Setterfield/Getty Images

MLBが2022年のポストシーズンからヘルメットスポンサーシップを、2023年からユニフォームスポンサーシップを解禁する予定を発表した。

MLBでは、2019年にすでにユニフォームスポンサーシップの導入が噂されていた

今回の発表では、導入の時期以外にも以下のような詳細が明らかにされた。

・ユニフォームに付けられるスポンサーロゴは4×4インチ(約10×10センチ)以内。場所は右もしくは左袖。
・使用できるスポンサーロゴは1種類のみ。
・契約は1年以上。
・球場で販売されるユニフォームにもスポンサーロゴが付けられる(レプリカユニフォームは対象外)。
・ユニフォームスポンサーは各チームが自由に企業の選定と契約交渉を行えるが、ヘルメットスポンサーはリーグレベルでの契約になる。
・アルコール、ギャンブル、メディア関連企業は対象外。

大きな成功を収めたNBAのユニフォームスポンサーシップは、契約金の平均が年間700~1000万ドルと言われているが、MLBのユニフォームスポンサー契約はそれよりもさらに大きくなると予想されている。

その理由としては、MLBの試合数がNBAのほぼ2倍であること、試合中にロゴが映される場面が多いこと、ロゴのサイズが大きいこと(NBAは2.5×2.5インチ)などが挙げられる。

参考文献:
https://www.forbes.com/sites/maurybrown/2022/04/01/mlb-releases-final-details-of-sponsor-patches-helmet-decals-possible-for-2022-postseason/?sh=2e9925cd6ead

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中