Crypto.com、カタールW杯のスポンサーに

Getty Images

FIFAは、2022年11-12月にカタールで開催されるワールドカップの公式スポンサーとして、Crypto.comと契約を結んだ。

FIFAのスポンサーにはいくつかランクがあり、Crypto.comは上から2つ目のランク(バドワイザーやマクドナルドと同じ)に加わることになる。ちなみに、最上位にはアディダス、コカ・コーラ、Visaといった企業が属する。

仮想通貨の取引所を管理・運営するCrypto.comは、全世界で1000万人以上の顧客を持つ。

同社は昨今スポーツスポンサーシップに積極的に投資しており、その最たる例は2021年末に締結された20年総額7億ドル(約850億円)のアリーナ命名権契約。

それまで20年以上に渡って「Staples Center」として知られていたロサンゼルス・レイカーズの本拠地を「Crypto.com Arena」に変更した。

Crypto.comは他にも、F1、UFC、AFL、PSG、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、Fnatic などと業務提携を結んでいる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/fifa-crypto-com-2022-world-cup-qatar-sponsor/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中