コロンバス・ブルージャケッツがユニフォームスポンサー契約締結、NHLで2チーム目

Photo Source: Columbus Blue Jackets

コロンバス・ブルージャケッツは、自動車窓ガラス修理会社のSafelite社とユニフォームスポンサー契約を結んだ。

同社は2010年からブルージャケッツの公式パートナーであり「Get Out and Learn」という地域貢献活動の冠スポンサーでもある。

契約金の詳細は明らかにされていないが、一部報道によると、3年数百万ドル(数億円)規模の契約とみられる。

NHLでは2022/23年シーズンからユニフォームスポンサーシップが解禁となるが、契約交渉はすでに始まっている。

2021年9月にはワシントン・キャピタルズがCaesars Entertainmentとの契約を発表しており、今回の契約はそれに続く二例目となる。

キャピタルズの契約では、ホームユニフォームと第三ユニフォームが対象になっていたが、ブルージャケッツの契約は、ホームユニフォーム、第三ユニフォーム、そしてアウェイユニフォームが含まれるという点でNHL初となる。

ブルージャケッツの最高執行責任者であるキャメロン・ショルビン氏曰く、ユニフォームスポンサーの選定においては、「コロンバスとの結びつきが強いこと」、「地域に貢献していること」、「最高のサービスを提供するという価値観を共有していること」、「ユニフォームと企業ロゴの見た目の相性」などが考慮されたという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/columbus-blue-jackets-nhl-safelite-jersey-sponsorship/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中