「アスリート版の株式市場」

元MLB選手のアレックス・ロドリゲス氏とウォルマートの元幹部マーク・ロア氏は、ビジネスパートナーとして様々な企業に投資している。

2021年4月には、ミネソタ・ティンバーウルブズとミネソタ・リンクスのオーナーの一員となり、大きな話題となった。

Photo Source: SI.com

その二人がMojoという新会社に出資することが明らかになったのだが、この会社が非常に興味深い。

Mojoが目指すのは「アスリート版の株式市場」を創造すること。アスリートが「株式」を発行し、ユーザーがそれを売買する。

実際の株式市場では企業の業績によって株価が上下するが、「アスリート版の株式市場」ではフィールド上のパフォーマンスによって株価が上下する。

「株式」の売買はRobinhoodやCoinbaseのような取引アプリで簡単に行えるように調整しているという。

Mojoはすでに7500万ドル(約88.6億円)を調達しており、2022年末までに運営を開始する予定。まずはアメリカンフットボール選手が対象になるという。

現在Mojoの経営陣は組織づくりと並行して、スポーツリーグおよびスポーツベッティング関係の各種団体と議論を重ねている。

それと言うのも、Mojoのビジネスは「株式市場」とは呼んでいるが、アスリートのパフォーマンスを対象に賭けをしているようなもので、同社に適用され得る規則を事前に検証する必要があるのだ。

参考文献:
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-03-09/a-rod-backs-new-app-that-s-a-stock-market-for-fans-of-athletes
https://www.si.com/fannation/nba/fastbreak/news/ben-stinar-of-fastbreak-on-fannation-interviewed-new-minnesota-timberwolves-owner-marc-lore-about-his-life-relationship-with-alex-rodriguez-career-and-the-purchase-of-the-team

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中