NHL、TikTokと業務提携

NHL

NHLはTikTokと新たな業務提携を結んだことを発表した。両社は今後様々なコラボレーションを行う。

たとえば、先週末にナッシュビルで開催された「スタジアム・シリーズ」(2014年から恒例になっている屋外での試合。アメフトか野球のスタジアムが使用される)では、「TikTok テイルゲート ステージ(TikTok Tailgate Stage)」という音楽イベントが試合前に開催された。

カントリーミュージックの聖地ナッシュビルでの開催に因んで、カントリーミュージックの人気歌手が出演。その様子はNHLのTikTokアカウントを通じて全世界に配信された。

NHLは、今月13日に開催されるもう一つの屋外試合「ヘリテージ・クラシック」やプレーオフの前後にも同様のイベントを開催する予定だ。

TikTokは若い世代(特にZ世代)にアプローチするために有効なSNSで、その活用(さらにはTikTokとの共同企画)に昨今多くのスポーツ組織が注力している。

NHLはリーグはこれまでにも「Hockey at Home」や「Fan Skills」といったシリーズを立ち上げ、TikTokでフォロワーを拡大してきた。

NHLのハイディ・ブラウニング氏は以下のように語っている。

「TikTokは、パンデミックの間に大きく成長しました。このプラットフォームのリアルでありのままという特徴をとても気に入っており、また若年層や女性のユーザーが多い傾向にあります。私たちの成長目標のひとつは、より若い、より多様な、より多くの女性の視聴者とつながることであり、そのために、TikTokは本当に重要なカギとなるのです」

「試合ハイライトは最も魅力的なコンテンツの一つですが、このパートナーシップを通じて、より幅広いTikTiokユーザーの皆さんとつながりたいと思っています。そのために、ファンの体験に焦点を当てた独占コンテンツ、選手のライフスタイル映像、コンサートの配信といったものも届けたいと考えています」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-tiktok-content-partnership-tailgate-parties-social-media/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中