プーマ、チェス選手と初のエンドースメント契約

Puma

プーマは、チェス選手であるマグナス・カールセンとエンドースメント契約を結んだ。

カールセンは、ノルウェー出身の31歳。

2004年、当時13歳でチェス界における最高の称号である「グランドマスター」になると、2013年には史上二番目の若さで世界チェス選手権を制している。

今回の契約に基づき、カールセンはプーマが展開する様々な宣伝活動に参加することになる。

その第一弾として、カールセンは「Only See Great」キャンペーンに参加。

このキャンペーンでは、プーマとエンドースメント契約を持つアスリートたちが、それぞれのフィールドで高みを目指していく姿勢や道のりについて語っている。

今回の契約について、プーマCEOのビヨン・グルデン氏は、「スポーツは肉体的なものと思われがちですが、精神的な強さも必要です。史上最高のチェスプレイヤーとして広く知られているマグナスのように、その精神を体現している人はほとんどいません。私たちは、彼がプーマファミリーの一員となったことを誇りに思います」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/puma-magnus-carlsen-champions-chess-tour-sponsorship/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中