UEFA、ロシア・ウクライナ紛争に関して「状況を注視する」

Photo Source: https://www.palco23.com/competiciones/la-uefa-renueva-su-alianza-con-gazprom-hasta-2024

UEFAチャンピオンズリーグの主要スポンサーの一つにGazpromがある。

同社はロシアのエネルギー会社で1シーズンあたり4000万ユーロ(約51億円)をUEFAに支払っている。

現在ロシアはウクライナで軍事行動を展開しているが、UEFAチャンピオンズリーグの中継ではGazpromの広告が放送される契約になっている。

同大会のイギリスでの放映権を保有するBT Sportは以前、Gazpromの広告を流すことに対する懸念を表明していたが、今回改めて「UEFAとの契約上、UEFAから提供されたUEFAチャンピオンズリーグの広告を放送に含めることが義務付けられている」と発表した。

同様に、ドイツ、オーストリア、カナダでUEFAチャンピオンズリーグの放映権を持つDAZNも、試合中継で流れる広告はコントロールできないと説明した。

一方で、UEFAの広報担当者は「引き続き状況を注意深く監視していく」と述べている。

これはGazpromの広告に限った問題ではない。

それというのも、今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝はロシア西部に位置するサンクトペテルブルクのGazprom Arenaで開催される予定だからだ。

今週初め、イギリスのトラス外務大臣は、イングランドのクラブがロシアで行われるチャンピオンズリーグ決勝に進出した場合、ボイコットするべきだと発言。

また、ジョンソン首相も「主権国家を侵略するロシアでサッカートーナメントを開催することはあり得ない」と発言した。

一部報道によれば、UEFAは決勝戦の開催地変更をすでに決定しているという。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/uefa-champions-league-gazprom-sponsorship-russia-ukraine-bt-sport-dazn/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中