レアル・マドリード、ストリーミングに拡張現実導入

レアル・マドリードは、自前のストリーミングサービス「Real Madrid TV」を運営しているが、これに新たに拡張現実視聴オプションを追加した。

視聴者はNrealが販売する特殊なメガネをかけ、それをAndroidスマートフォンに接続し、コントローラとして使用する。これによって通常よりも没入感のある視聴体験を楽しむことができる。

消費者向けのストリーミングサービスに拡張現実が統合されるのはこれが初である。

Research & Marketsの調査によると、世界の各超現実産業は770億ドルの市場価値があり、2025年まで毎年38%以上の成長が見込まれている。

レアル・マドリードが提携しているNrealに加え、Apple、Meta、Microsoftなどがこの分野で事業を展開している。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/real-madrid-tv-augmented-reality-ar-cinedigm-nreal/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中