アメリカ、ラグビーW杯招致へ

写真:AFP/アフロ

米国ラグビー協会は、2027年または2031年に開催されるラグビーワールドカップの招致活動を正式に開始した。

実現すれば、アメリカ大陸(北米・南米)で初めての開催となる。

現時点でロサンゼルス、ラスベガス、シカゴ、ニューヨークなどの都市が開催に関心を示しており、試合の一部はNFLのスタジアムで行われる予定だ。

招致委員長のジム・ブラウン氏は次のようにコメントしている。

「アメリカの地でワールドカップを開催するという私たちのビジョンを紹介する、誇らしい瞬間です」

「私たちは、この招致活動に自信を持っています。関係者のサポート、開催に関心を示す都市、メガスポーツイベントを開催できる世界トップクラスのインフラ、そしてアメリカのスポーツファン人口。ラグビーをアメリカ国内そして世界中でより大きくする絶好の機会です」。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/categories/major-events-sustainability/usa-launches-official-bid-host-2027-2031-rugby-world-cup/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中