ニュージーランド初のプロ女子サッカーチーム誕生

Getty Images

ウェリントン・フェニックスは、ニュージーランドで初めての女子プロサッカークラブとなった。

フェニックスは、オーストラリアを拠点とするW-Leagueに10番目のクラブとして参入する。同リーグの2021/22シーズンは11月13日に開幕する。

ニュージーランドは、2023年のFIFA女子ワールドカップ開催を控えており(オーストラリアと共催)、今回のプロクラブ設立は、ニュージーランド選手に国内でプロキャリアを積むという選択肢をもたらす。

ニュージーランドサッカー協会の最高責任者であるアンドリュー・プラグネル氏は、以下のように語る。

「これは、ニュージーランド代表選手がW-Leagueに参加できるようにするために、ニュージーランドサッカー協会、ウェリントン・フェニックス、オーストラリアサッカー連盟、そしてオーストラリアのプロリーグが、何年にもわたって行ってきた作業の集大成であり、この実現に向けて役割を果たしたすべての人々に拍手を送りたいと思います」

「これは、2023年のFIFA女子ワールドカップの共同開催に向けた真のコラボレーションです」

また、フェニックスのGMであるデビッド・ドーム氏は「ニュージーランドの女子サッカーに新たな歴史を作ることをとても楽しみにしています」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wellington-phoenix-womens-team-w-league-new-zealand-2021/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中