ACC、Big Ten、Pac-12が「歴史的な提携」

先日テキサス大とオクラホマ大のSEC加入を解説したが、カレッジスポーツ界に新たな動きがあった。

カレッジスポーツ有数の人気カンファレンスであるACC、Big Ten、そしてPac-12が「歴史的な提携」を結んだことを発表したのだ。

具体的には、カンファレンスの壁を越えた交流戦の導入やポストシーズンのフォーマットなどについて言及。他にも、学生アスリートの学業サポート、男女平等、多様性などの分野での協力を確認した。

ただしこれは3カンファレンスの将来的な統合を示唆するものではない。

それぞれのカンファレンスが存続しつつ、様々な分野で密接に協力していくという合意である。

3カンファレンスには全41校が所属するが、そのなかにはクレムゾン大(ACC)、オハイオ州立大(Big Ten)、オレゴン大(Pac-12)などのアメフト名門校が多数含まれる。

それらがレギュラーシーズンで戦うとなれば、チケット、放映権、そしてスポンサーシップといった分野での収入増が期待できる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/acc-big-ten-pac-12-ncaa-conference-alliance-college-sports

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中