NHL、ユニフォームスポンサーシップ解禁へ

Rich Graessle/Icon Sportswire via Getty Images

NHLが2022年からユニフォームスポンサーシップを導入することがわかった。

ユニフォームスポンサーシップは、公式戦ユニフォームにスポンサーのロゴを掲載する契約で、北米四大スポーツリーグでは長らくタブーとなっていた。

しかし2017年にNBAがこの契約を取り入れて大きな成功を収めると、NHLやMLBも導入を検討し始めていた(なお、MLBはまだ解禁には至っていない)。

NHLは、昨シーズン、ヘルメットにスポンサーロゴを掲載することを許可した

このヘルメットスポンサーシップは、コロナ禍の影響で収入が激減したNHLクラブに新たな収入源をもたらした。

今回解禁されたユニフォームスポンサーシップは、それよりも大きな収入源となるだろう。

ちなみに、CNBCによれば、NBAは昨年ユニフォームスポンサーシップから約1億5000万ドル(約165億円)の収益を上げている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nhl-jersey-patch-sponsors-approved-2022-23-season

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中