Disney、ストリーミング会員数急増

Disneyは、同社が提供するストリーミングサービス(ESPN+、Disney+、Hulu)の会員数が過去3か月で著しく増加したことを報告した。

ESPN+の会員数は前年同期比75%増の1490万人。

Disney+の会員数は1億1600万人に到達(7月3日現在)。これは前年から2倍以上の増加だ。

これにHuluの会員を合わせると、Disneyのストリーミングサービス総会員数は1億7400万人となる。

会員数2億900万人のNetflixとの差は依然として大きいが、それでもDisneyの勢いは特筆に値する。

Disneyのメディア部門の売上は約127億ドルで、これは同社の売上全体(約170億ドル)の約75%を占める。

同社CEOのボブ・チャペック氏は「第3四半期を好調に終え、パンデミックの中で事業を成長させていますし、当社の見通しに満足しています」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/disney-q3-2021-dtc-revenue-espn-subscribers-streaming-income-bob-chapek

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中