テキサス大とオクラホマ大、SEC加入を交渉中①

先週末、カレッジスポーツ界にとって衝撃的なニュースが飛び込んできた。

「テキサス大学とオクラホマ大学がBig 12を抜けてSECに加入するために動いている」というニュースである。

アメリカのカレッジスポーツに詳しくない方にとってはわかりにくい点も多いニュースかもしれないので、数回に渡って解説していこうと思う。

まず、アメリカの各大学スポーツチームはNCAA、NAIA、NJCAAといった統括団体に所属している。なかでもNCAAはパフォーマンスのレベルもビジネス規模もトップである。

そのNCAAに所属する大学は、さらに競技レベルやスポーツに割り当てられる予算規模に応じて「ディビジョン1」、「ディビジョン2」、「ディビジョン3」の3段階に分かれる。

そして各ディビジョンに複数の「カンファレンス」がある。

たとえば、我がテキサス工科大学は、NCAAディビジョン1のBig 12カンファレンスに所属している。

このBig 12を含む5つの人気カンファレンス(ACC、Big Ten、Big 12、Pac-12、SEC)をまとめて「Power Fiveカンファレンス」と呼ぶ。

今回大きな話題を呼んでいるのは、Big 12の名門校であるテキサス大とオクラホマ大がSECに移ろうとしているというニュースである。

誤解を恐れず例えれば、ソフトバンク・ホークスと西武ライオンズがセ・リーグに入ろうと交渉しているようなイメージである。

そもそもそのような移動は可能なのか、どのような動機があるのか、そして今後Big 12はどうなっていくのか。

そういった問題は次回以降説明していきます。

参考文献:
https://www.espn.com/college-football/story/_/id/31868545/source-oklahoma-sooners-texas-longhorns-verge-making-sec-move

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“テキサス大とオクラホマ大、SEC加入を交渉中①” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中