マーキュリー、「女子スポーツチーム史上最大級」のスポンサー契約

Photo Source: igamingbrazil.com

WNBAのフェニックス・マーキュリーは、Bally’s Corporationと15年間のスポンサー契約を締結した。

一部報道によれば契約金は推定6600万ドル(約73億円)で、これが事実であれば、女子スポーツチームが結んだスポンサー契約のなかでも史上最大級の契約金である。

Bally’s Corporationはスポーツ賭博を運営する企業で、全米10州で14のカジノを所有・運営している。

同社はNBA、MLB、NHLなどとも業務提携を結んでいるが、女子プロスポーツチームと契約を結ぶのは今回が初めてとなる。

今回の契約に基づき、Bally’s Corporationは、アリゾナ州内でオンライン・モバイルのスポーツ賭博サービスを運営するとともに、マーキュリーの本拠地近くに店を構え、マーキュリーの試合に関連したビジネスを推進する予定だ。

マーキュリーのジェイソン・ロウリー社長は「このような画期的なパートナーシップは、女性スポーツを取り巻く勢いを加速させ、マーキュリーにとってより大きなプラットフォームを構築し、そして女性スポーツにおいて前例のない規模でファンを惹きつけると強く信じています」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/phoenix-mercury-ballys-sports-betting-sponsorship-wnba

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中