NFL、メディア事業一部の売却を検討中

Photo by Paul Spinelli/SpinPhotos.com

NFLが所有するメディアの一部を売却する可能性を検討していることが明らかになった。

NFLが保有するメディア事業は、年間7試合の公式戦を放送する「NFL Network」、有料チャンネル「NFL RedZone」、そしてウェブサイト「NFL.com」など。

その売却を検討する理由としては、これらのメディアが単独で事業を継続するよりも、より大きなメディア・テクノロジー企業と提携するほうが有益だと判断したからだと考えられる。

この件に関してはゴールドマン・サックスが業務委託を受け、NFLの所有するメディア資産の少数株式の売却を含む様々な選択肢を検討することになっている。

この計画は未だ初期段階で、買収の意欲を公表する者はまだいない。

大手放送局に加え、AmazonやFacebookのようなスポーツへの関与を強める企業、そして米国で急成長しているスポーツ賭博関連の企業(DraftKingsなど)が有力候補として考えられる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-media-business-minority-sale-goldman-sachs-nfl-network-redzone

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中