スポーツ庁委託事業のご報告

いつも本ブログの投稿をご覧いただきありがとうございます。今日は皆様に一つご報告です。

昨年から今年にかけて、スポーツ庁の委託事業に参加させていただきました。

この事業の目的は「スポーツマーケティングに関するケース教材を作成すること」で、全10ケースが現在スポーツ庁のHPからダウンロード可能です。

スポーツ庁HP:https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop09/list/detail/jsa_00043.html

私が担当したのは「千葉ロッテマリーンズ:熱狂的ファンがもたらす影響とファンベース拡大戦略」というケースで、スポーツチームが新規ファンを獲得するために効果的なブランディング・プロモーション戦略について検討しています。

このケースの作成には、マリーンズ球団職員の方々から多大なご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

なお、公開されているケースとは別に、ケースの理論的分析や授業の構成案などをまとめた「ティーチングノート」もございます。こちらもご興味ございましたら、コメント等からお気軽にお問い合わせください。

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中