ジョセフ・ツァイ氏、NLL新チームのオーナーに

Photo Credit: National Lacrosse League

アリババの共同創設者であるジョセフ・ツァイ氏が、National Lacrosse League(NLL)新チームのオーナーに就任することが明らかになった。

NLLは、1986年創設のプロラクロスリーグで、現在14チーム(カナダ5チーム、アメリカ9チーム)が所属している。

元々ラクロスはカナダおよびアメリカ北東部での人気が高く、NLLのチームもこのエリアに集中していたが、現在はより広範囲にチームが散らばっている。

たとえば、2015年にはジョージア・スワーム(ジョージア州)、2018年にはサンディエゴ・シールズ(カリフォルニア州)、そして2021年にはパンサーシティ・ラクロス・クラブ(テキサス州)がNLLに参入している。

そしてNLLは現在、15チーム目となる新チームをラスベガスに新設する予定で、この新チームのオーナーにツァイ氏が名乗りを上げたのである。

イェール大学でラクロスをプレーしたツァイ氏は、すでにサンディエゴ・シールズのオーナーでもあり、もう一つのプロラクロスリーグPremier Lacrosse Leagueの出資者でもある。

また、ラクロス以外にも、ブルックリン・ネッツ(NBA)とニューヨーク・リバティ(WNBA)を所有している。

メディアに対して、ツァイ氏は以下のようにコメントしている。

「NLLのオーナーたちは、リーグの5~10年後に関して非常に良い見通しを持っています。リーグは現在大きな放映権契約を狙っています。我々は、スポンサーシップに関して、リーグをもう一段階上のレベルに持って行くことができます。そして、スポーツ賭博に関しても、リーグが拡大できるビジネスチャンスがたくさんあります」

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/joe-tsai-national-lacrosse-league-las-vegas-expansion-team

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中