Amazon、WNBAと「独占グローバルストリーミング契約」締結

Photo by Julio Aguilar/Getty Images

AmazonはWNBAと複数年の放映権契約を結んだことを発表した。

今シーズンより、同リーグの公式戦16試合およびコミッショナー・カップ(2021年シーズンから始まるシーズン中のトーナメント)の決勝をPrime Video上で中継する。

AmazonはこれまでGリーグ(NBAの下部リーグ)の試合をTwitch上で中継したことはあったが、プロバスケットボールリーグの試合がPrime Videoで中継されるのはWNBAが初となる。

また今回の契約は「独占グローバルストリーミング契約」(つまり、対象となるWNBA試合をアメリカ国外の視聴者が見るには、Prime Videoを利用するしかない)で、Amazonが女子プロスポーツリーグとこのような契約を結ぶのは初めてである。

WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバート氏は「Prime Videoでネット中継される初のプロバスケットボールリーグとなったことを光栄に思います」とコメント。

一方Amazonのマリー・ドノヒュー氏は、WNBAについて「世界最高峰のスポーツリーグで、あらゆる場所で何百万という子どもやアスリートに夢を与えている」と語った。

なお今回の契約は「グローバル契約」を銘打ってはいるが、対象外の地域も多い(中国、日本、イギリス、イタリア、スペイン、フィンランド、ドイツ)。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-amazon-prime-video-streaming-rights

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中