Basketball Africa League①アフリカで強まるNBAの存在感

アフリカのプロバスケットボールリーグである「Basketball Africa League(BAL)」の記念すべき初シーズンが来月に迫っている。

当初は2020年に初シーズンを迎える予定だったが、コロナ禍の影響で先延ばしになっていた。

BALの立ち上げにはNBAとFIBAが関わっており、世界的に話題を集めている。今週リーグ立ち上げの背景を解説していく。

NBAはここ20年ほど、アフリカへの関与を強めてきた。

まず2003年、「国境なきバスケットボール(Basketball Without Borders)」という草の根活動を初めてアフリカで実施。以来10年以上連続で開催した。

2010年、南アフリカ(ヨハネスブルク)にアフリカ支社を設立。

2015、2017、2018年、現役NBA選手が世界選抜とアフリカ選抜に分かれて戦う「NBAアフリカ・ゲームス」という興行を開催。3度の興行すべてでチケットは完売した。

2017年には、セネガルにNBAアカデミーを設立。アフリカ中から有望な選手を集め、将来のスター選手の育成に励んでいる。

このように、NBAのアフリカでの取り組みは多岐に渡っている。今回のBAL立ち上げは、これまでのそれらの取り組みの集大成とも言えるだろう。

つづく。

参考文献:
http://global.nba.com/basketball-without-borders/
https://nbaacademy.nba.com/location/africa/
https://www.sportsbusinessjournal.com/Journal/Issues/2019/09/30/Leagues-and-Governing-Bodies/NBA-Africa.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中